20代で知っておくべき海外生活での英語の上達具合

私は海外生活を始めるまで英語はまったくしゃべれませんでした。

そして海外で暮らしたら英語なんて自然とぺらぺらになっちゃうんだろうな~と思っていました。

だがしかし!

…今回は私が海外生活5年で実際どのくらいしゃべれるようになったのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

海外に出る直前の1ヶ月

いきなり海外に出ることが決まり残された期間2ヶ月中の1ヶ月間だけ焦って英会話教室に通っています。

何をしたか詳しくはこちら。

英語がまったく出来なかった私が国際結婚するまでに!英語のお勧め勉強法5選
私が日本を出たのは29歳のとき。それまでは留学をすることも外国人の友達がいたこともなく、まったく外国に縁がありませんでした。それがほとんど英...

そして海外に旅立ったのでした…。

いきなり日本を飛び出してからの半年

中東に行ったので英語が第一言語ではなかったのですが、英語とアラビア語両方をほぼみんな話すのでアラビア語を勉強する必要はなかったです。

よかったです。英語スキップしていきなりアラビア語とか難易度高すぎです。

仕事をしながら(一応中東には働きに行ったので。)学校に通い、英語初級を習う生活です。

内容はわかるんですが、なんせ「言葉が出てこない、わかるのにしゃべれない」というのが悩みでした。

実感としては最初の1ヶ月なんて何がなんだかわからないまま過ぎていき、3~6ヶ月でやっと耳に少し馴染んで英語の生活に慣れてきたなってくらいでした。

英語で夢を見始めたのも3ヶ月過ぎくらいからでしたね。

住むなら最低半年がおすすめ

よく留学とかホームステイを3ヶ月しました!とか場合によっては1ヶ月とかありますけど、半年住んでみてやっとなんとなく周りが見えるようになってきたかな~ってくらいですよ。

短すぎるとちょっと旅行に行って帰ったのとあんまり変わらないかなと。行くなら最低半年以上行くことをおすすめします。

中東で過ごした1年半

その後、旅券を自分で取って一人旅にも行けるようになるくらいには成長しました。

英語が苦手でも自力で海外旅行に行ける!私がいつも使うお勧めサイト
英語が出来なかった時は旅行会社のツアーに申し込んでました。 ツアーは安心な部分は多いですが、いつも団体行動で現地の人との交流もありません。...

公共機関も1人で行けるしコミュニケーションも取れるようになりました。

でもまだ言いたいことを全部言うにはちょっとスムーズでない感じ。

そんなこんなで次は英語が第一言語の国へ!ネイティブだらけの世界へ移住したのでした。

北米に来てから

1年半海外生活してもまだまだだった英語力を伸ばすべく、心機一転学校に通いました。

が、2ヶ月で辞めました。

もう一応話せるし、あとは生活の中で覚えていけばいいじゃんお金もったいなくない?と言われたのが理由です。

たしかに中東よりもみんな良い英語を話してくれるのですべてがお手本のようでした。

そんなこんなでしばらくするとみんなから最初の頃よりうまくなったね~って言われるようになりました。

海外生活5年経った今

仕事も出来るし、みんなが言ってることもわかるし、自分でも言いたいことがほぼ言えるようになりました。

でも私の英語力はまだ中級です。決して上級ではありません。

途切れ途切れで学校に行き、他は普通に暮らしていただけで勉強しなかった私。

5年経ってみて、思った以上に英語が出来ていません。

イメージはネイティブ並みのキレイな発音でぺらっぺら!だったはずなのに…。勉強しないのが悪いんですけどね。

何をもって出来るようになったと言えるかは人それぞれですが、私はまだまだだと思っています。

まとめ

もう日常生活で英語で困ることはあまりないので怠けています。

次のレベルに行きたいけど、どうすればうまくなるのかわかりません…。

たぶんたくさん語彙力を増やさないといけないのかな~と自分では思っています。

年齢のせいにしちゃいけないと思うけど、30歳直前のスタートだったのはやっぱり少し遅かったなと。。

20代前半であれば同じことしてても発音も吸収力も違ったと思います。

周りを見てても30代から海外に来た人はだいたい私と同じくらいのレベルで止まっています。

すごいうまいなと思う人は20代前半からいる人で発音もネイティブに近いような…。

だから30代でも遅すぎることはないけど、もし20代の方が見てるならなるべく早く行ったほうが良いよ!と言いたいです。

そして勉強しないでただ暮らしていてもそれなりにしかならないというのが私の5年の海外生活での結論です。