最近気付いた赤ちゃんがズレてると思う○○のこと

子供って観察してると本当に面白いですね。

今日は最近気付いた乳児独特のあるズレについてです。

スポンサーリンク

乳児の笑い

最近は良くにっこりするし、機嫌が良いときはケラケラとかわいい声で笑ってくれます。たまにぐへへへなんて「おまえはオヤジか」と突っ込みたくなるような笑いも。

夫が仕事から帰ってきて子のところに行くと、パパが帰ってきたのが分かるようになったみたいでパーッと笑顔になるんですが…

笑顔が遅れてやってくる

乳児って人を認識するまでにタイムラグがあるんですかね?

必ず夫の顔を見て、5秒くらい真顔で凝視。その後でやっとニヤ~となって手足をバタバタさせながらお帰りなさいを表現する我が子。

夫はこの5秒の間じっと顔を見せつつ笑顔を待つのが好きみたいです。

一日私と2人きりでいて、突然違う顔が現れたときにまず脳で情報処理して笑顔を作るのに5秒必要なんでしょうかね。

笑いのツボ

笑いのツボも「え?ここっすか?」と聞きたくなるような所にありますね。

最近では私がゲホゲホと咳き込んだときに、私の顔を見て笑っていました。結構ヒドい。

私がストレッチして硬い体を「ぐおぉぉぉ」と伸ばして苦悩の表情をしているときも、ケラケラ笑いながら自分の足の指をしゃぶっていたり。体が柔らかいことを自慢しているかのようです。

人生まだ数ヶ月しか生きていないといろんなことが面白いんだなぁと思わされます。青い空も木の葉っぱも子にとっては当たり前じゃないんでしょうね。

私はいつこういう感受性を失ってしまったのでしょう。大人になるってちょっと寂しいですね。

笑いが止まらない

一度面白いことを見つけると、何度やっても笑ってくれます。それこそ全身で楽しいと表現してくれるので笑わせがいがあるってもんです。

何度かやっているともう何をしても可笑しくなるのか、ちょっと動いただけでも笑ってくれるのですが、むしろ何もしてないのに次のアクションを待っている段階で既に笑いがスタートしたりします。え、まだ何もしてないけど…笑。

ちなみに泣くのは…

笑いは遅れてやってくることが多いのですが、泣くのはもうその瞬間ですね。早いこと早いこと。

最近床にブランケットを敷いたところがプレイゾーンでちょっと離れて何かしたいときに子を置いとくんですが、そこに置かれたときは私が離れていくのを学習してしまったようで、置いた瞬間泣くようになってしまいました…。

むしろ置こうと体制を整えるともう「うぅ~…」と言って泣き始めるわけです。まだ置いてないじゃん!っていう。

頭良いですね、乳児って。もう行動予測が出来るようになったんだなぁと嬉しいやら悲しいやら。ずっと抱っこしてられるわけでもないので困るんですが。

まとめ

笑いに時間がかかって、泣くのには時間がかからないのは生命の危機の差ですかね。危険で泣かないといけないのに5秒もかけてられないですからね。

赤ちゃんは見るたび発見があって飽きませんね。