母乳ってどんな味?母乳は一言でいうと○○○!!

⇩シェアする

子供が出来て母乳をあげるようになってから、おっぱいとは本来このためのものよね!と身を持って再認識しました。

着飾って大きく見せてファッションの一部にしたり、成人男性が楽しむためのものではないんです!(貧乳のひがみ)

子供を作ることに繋がる「男の人を惹きつける」というのには有効ですが…人間のからだとは本当に良くできているなと感心します。

スポンサーリンク

古い記憶の中の母乳の味

自分が赤ん坊の頃のことを覚えてるのかというと、それは違います。

私、3歳差の弟がいるんです。

まだ弟が赤ちゃんのとき、おいしそうに飲んでいる弟を見て自分もどんな味か試したくなったんですね。自分が飲んでいたときのことはそのときにはもうすっかり忘れていたので。私はたぶん3~4歳だったはず。

子供のイメージでしたから、きっと「練乳が入ったような甘い牛乳のような冷たい飲み物」が飲めるに違いない!と思って飲んだんです。今考えれば母親の体から冷蔵庫にあるような冷たいものが出てくるわけないんですが…。

そのときは予想外にぬるく、まったく甘くなかったのにびっくりした記憶があります。

数年前まで飲んでたはずのものなのに人間って変わるものですね。

自分の母乳の味

それから約30年後…。とうとう自らの母乳を試すときがやってきました!

搾乳したものの残りがあったので捨てる前にちょっぴり飲んでみました。ちなみに夫にも勧めてみたんですが思いっきり断られました。

味は一言でいうと「まずい」です!!!

食べたものでも味は変わるらしいですが、基本的な味は同じでしょう。私のものだけが特別にあんなにまずいということもない…はず…。

塩味もなければ甘くもない。とてもニュートラルな刺激のない味でしかもまずい。どこか知ってるような味だけどとにかくまずい。

あまりのまずさにまずいを連呼してしまいました。

なんとなく生臭いと言うか…ヤギの乳とかちょっと臭みがありますよね?そういう感じかなぁ。でもそれよりまずいと思います。飲み比べないとはっきりとはわかりませんが。

ちなみにラクダの乳は中東に住んでいたときに試したんですが、しょっぱいです。普通にスーパーに売ってます。

まとめ

こんなまずいものをあんなにうっとりとした目で幸せそうに飲んでくれるなんて…と子がますますかわいく感じるようになりました。すみません、アホです。

でも乳児はそれこそ母乳しか口にせず、あんなにどんどん育っていくなんてすごいですね。

あの味をずっと飲んでいるなら、離乳食は本当に最初は薄味にしないとびっくりしてしまうのも頷けます。

子供に授乳してるとき、毎回あの味を思い出して「今日もあんなまずいもの一生懸命おいしそうに飲んでくれてありがとう」と思っている私です。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ