はじめての育児で一番大変なこと

最近、独身のお友達とランチをしたときに聞かれました。

「何が育児で一番大変?」

私は瞬時にこう答えました。

スポンサーリンク

育児で一番大変だと思うこと

「夜続けて寝られないのが一番辛い!」

なぜなら我が子は絶賛夜泣きの真っ最中。昨夜はきっかり一時間毎に起こされ朝フラフラでございました。

今夜こそ少しはマシになるだろうと毎日思い続けていますが、どんどん酷くなって来ています。これ以上酷くなるとしたらどうなるのやら…想像がつきません。

でも気付いた

前はこんな悩みはなかったんです。だって夜泣きしてなかったから。そしたら、

あれ?前も辛いと思ってたけど、一体何が辛かったんだっけ?

と思って。過去9ヶ月間の育児生活で辛かったことを思い出してみました。

今までの育児を振り返る

出産~3ヵ月

最初はまず産後の体が辛かったですよね。

出産という大仕事を終えて体が元に戻ろうとしている時期。少し歩いただけでお腹がキューっと痛くなったりしてました。あら?もう産んだのにまだお腹が痛い…と思いましたっけ。

出産後のアソコ痛みも半端なくて授乳中でも飲める痛み止めを飲みながらの慣れない育児。そしてさらに授乳用にカスタマイズされていない乳首が切れてしまって…子が吸うたびに激痛でした。

…と、最初の3ヶ月くらいまでは体の痛みとの闘いだった気がします。

今ふと気づいたのはそれらの痛みはもうないということ。そのうち良くなると聞いてもそのときは信じられなかったのですが、本当でした。

3ヵ月~6ヵ月

この頃はちょっとだけ赤ちゃんとの生活にも慣れてきて、産後の体も楽になった頃でした。そして次に来たのはマイナートラブル精神的な負担でした。

マイナートラブルは産後の抜け毛に悩まされたり、足腰が痛くなったり…。整体にも行きました。

産後の体の痛みとゆがみ。初めて整体に行ってみた
産後の体の回復が思わしくありません。もしくは産後の体は元に戻ったのかもしれないですが、その後の育児疲れで体がいつも痛くてだるいんです。産後は...

赤ちゃんの抱っこにも慣れていなかったからか、手首と腕も痛くて腱鞘炎になったり。

子育てによる腱鞘炎の予防となってしまったときの対処法
ずっと気をつけていたのですが、もう認めざるを得ません。私、腱鞘炎になりました。予防策なってしまった私が予防策を書くのもなんなのですがね。でも...

それでもすごく体が怠くて原因を考えてみたり。この頃は授乳での体への負担がもろに出ていたみたいです。

育児疲れでからだがボロボロ。授乳は24時間マラソン
疲れて整体に行ったりしたわけですが、根本的なだるさは抜けず…。なんでこんなに疲れているのか…原因がなんなのかと調べてみたら授乳ではなかろうか...

そしてノンストップな乳児のお世話。周りに助けてくれる人はおらず孤独な育児。前の生活がものすごく恋しくなったり精神的にも辛かったです。その当時も一人問答しておりました。

育児に疲れて嫌になったときに楽になる考え方のコツ
子供は可愛いです。でも、時々それでも疲れて全部投げ出したいと思うことってありませんか?最近、夫の帰りが遅く朝から晩まで子とべったり2人きりの...

今はこの辺の問題もありません。解決したというよりも、さらに別の悩みが出てきたという感じです。

6ヵ月~9ヶ月(今現在)

そして今辛いのは夜泣きで夜ほとんど寝れないことです。

夜泣きのピークは9ヶ月辺りらしいので今がピークなのかなと思っているのですが、それもその子に寄りけりらしいので、もしかしたらあと1年とか続く可能性も…。いや、考えたくないです。

あとは体の痛みは今尾てい骨ですね。

産後ダイエット大成功で起こった予想外のこと
以前、産後思ったように体重が落ちないのでダイエットすると書きました。 北米の自然系ダイエットに加えて、日本からのアイテムを使ってみ...

座ると本当に痛くて。これも数か月後には治ってると嬉しいのですが…。

他は離乳食が始まって、つかまり立ちが出来るようになって、物理的にすごく忙しくなりました。朝からずっと付きっ切りでお世話しています。

新生児の頃はサイクルが3時間寝て、3時間起きて…とかだったので、少しまとまって寝たり何かする時間はあったんですよね。あとは寝てるだけで動けないので、目を離したすきに頭をぶつけて泣く…なんてこともなかったですし。

以前「少し大きくなるともっと目が話せなくて大変になる」と聞いてピンとこなかったのですが、こういうことか…と思いました。

何が言いたいかというと

悩みや大変なことは、成長に従って変わってくるということ。

だから子育て全体で一番大変なことが分かるのは、自分が子育てから離れた時かもしれないなと。でもそれっていつになるのか…子供が成人するときでしょうか?でも子供は自分にとっていつまでも子供なので、自分が死ぬときかもしれませんね。

となると、今の悩みはいつまでも続かないわけで、成長に従ってもっと複雑な悩みがたくさん出てくるんだろうなぁと。学校に行ったら子の友達関係や学業のことについての悩みも出てくるでしょうし。大人になったら結婚相手とか他にも思いつかないようなことが悩みの種になるでしょうね。

まとめ

こう考えると、なんて大きな悩みの種を産み落としてしまったのだろう…とちょっと怖くなります。でもそれも愛していればこそ。どうでも良ければ心配もしないですからね。

結局育児で大変なことなんてどれも一時のことで、いつも何かしらに悩んだり苦労しながら一緒に過ごしていくものなんだなと。だから「一番大変なこと」なんてないのかもしれません。

しいて言えば、2人目以降は一度経験している分、少し予想が出来るので楽になるのかもなと思うのですが、子供も1人1人違うからそう簡単でもないのかも。

とにかく子育てはみんな大変。でもすごく愛しい。そんな感じです。