海外の子供番組を観て日本のと違うなと思った7つのこと

⇩シェアする

子が出来てたくさん子供用のテレビ番組を見るようになりました。

何となく一緒に見ていると、日本のものとはちょっと違うなと思うことがあります。今回はそんな海外と日本の子供番組の違いをまとめてみました。

スポンサーリンク

服装はとても普通

子供番組の進行をするお兄さんやお姉さんは日本だとキャラクターのような普段は到底着れないようなコスチュームに身を包んでいたりしますよね。いわゆるテレビ用の衣装です。

でも海外でのお兄さんお姉さんの服装はかなりカジュアルな普段着って感じです。ジーンズにスニーカーとTシャツ。テレビ局に着てきた服装そのままで出てるのかな?と思うくらい普通です。まぁ逆にスカートとか履いてるのは見たことないのでやっぱり衣装なんでしょうけど。

あまりキャラクターのように作りこまず、保育園で普通にお世話されたらこんな感じなのかなと思うことも。日本のショーのような感じも良いけど、自然にその辺にいそうな感じもまた良いなと思いました。

化粧やアクセサリーが派手

服装はカジュアルですが、化粧・アクセサリーは日本よりもだいぶ派手です。

テレビ局に来て衣装用のジーンズとTシャツに着替えるけど、アクセサリーはそのままなんだろうなぁと。お兄さんのしている指輪が意外とゴツくてイケイケだったり、ブレスレットしていたり。

お姉さんのお化粧も日本のお姉さんのものと比べてかなりガッツリ盛っている印象です。日本だと子供番組だからとかなりナチュラルなお化粧に留めてますよね。

その辺ガッツリイメージを作っている日本の番組と違って、お兄さんお姉さんの個性が透けて見えて面白いのです。

着ぐるみが出てこない

私のイメージでは、日本の有名どころな子供番組は着ぐるみキャラクターが出てくるのですが、こちらではそういうキャラクターは見ません。出てくるのはセサミストリートくらいでしょうか。

パペットが人間とやり取りして会話するのは見ますね。ただ人間が入ってる着ぐるみは本当に見ない。なぜなんでしょうね。日本では定番なのでちょっと不思議なのです。

色んな人種が出てくる

これはお国柄も関係していると思います。単一民族国家か移民国家か。

やはり視聴者が多岐にわたるとなると、番組でも人種が偏るわけにはいかないようです。番組に出てくる人たちも子供たちも、白人・黒人・アジア人・ラテン系とかなり満遍なく出てきます。

これは放映されているアニメ番組にも共通していて、意識して色んな人種を出しているのがはっきり分かります。番組は英語ですが、英語でもインド人はちゃんとインド人なまりの英語だったりして凝ってるなぁという印象。

テレビで子供の頃から色んな人種を見て育てば、たとえ自分と見た目が違った人でも最初から違和感なく接することが出来るのかもしれません。

障がい者が身近

日本では大人用の手話の番組があったりはしますが、子供番組ではありますかね?私は記憶にありません。

こちらでは手話で話す耳の聞こえない女性が主人公の子供番組があります。我が子もそれを見ながら手を真似して動かしていますよ。

他にも子供番組やアニメに車いすの人が出てくるのをよく見ます。あるアニメに至ってはレギュラーキャラに車いすの子がいますし、それを特に意識するような演出もありません。

人種にしても障がい者にしても、どんな人も意識することなく同じように接するという意識を子供の時からテレビを通して教えていくのだなと。その辺日本はもっと見習うべきかと思います。

番組は色んな国で作られたものを放送

これは英語圏ならではだと思いますが、オーストラリアにいながらアメリカ、カナダ、イギリスなどで作られた番組をたくさん見ます。

今は日本でも子供の英語教育は盛んだとは思いますが、習い事や学校で教える特別なものとして扱わずにテレビで自然に全部英語で流して、それを子供が習慣のように見ていれば覚えちゃうんじゃないでしょうかね?それとももうそういうチャンネルありますか?

日本で作られた番組はクオリティーはもちろん高くて良いものばかりですが、色んな国の人が作ったものも観ていれば、自然と色んな文化や考え方の違いなんかも身について良いんじゃないかなと思ったりするのです。

手描きの2Dアニメはもうない

日本ではまだ手描きのアニメがたくさんやっていると思います。

でもこちらで見るのは3DCGのアニメかパペットアニメ、2Dでもコンピューターで動かしているものばかりで純粋な手描きの2Dアニメを全く見かけません。

日本はやはりアニメーション大国で未だに人気も高くたくさんのアニメが手描きで作られていますが、海外はほぼデジタルに移行したということだと思います。

これも時代の流れということなんでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?

私は日本のテレビは見なくなって久しいですし、子供番組はさらにです。なので、私のイメージだけで語っていることもあるかもしれませんが、日々子供とこっちでテレビを観てて思ったことをまとめました。

ただ子と観ているだけだとちょっと退屈ですが、視点を変えると色々と発見があって面白いものですね。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ