3ヶ国語が飛び交う中で育った子供が言った初めての言葉

⇩シェアする

親なら誰しも我が子が言う初めての言葉って何になるんだろうって気になりますよね。私も何になるのかなぁって楽しみにしてたんです。

それが最近来たのです!それがまた意外な一言でした。

スポンサーリンク

我が子の環境

とりあえず我が子の環境について。

子は欧州人の夫と日本人の私とのハーフです。さらに住んでいるのは英語圏で私達夫婦の会話も英語なので、英語・夫の国の言語・日本語の3ヶ国語に常に接している環境。

なので、例えば「卵」を表す言葉を覚えるとしても3種類の呼び方を言われ、それをすべて理解しないといけないのだから大変です。誰からも常にタマゴと言われて入れば「あ~これはタマゴなんだな」と分かると思うのですが、私からはタマゴと言われるのに夫は違う言葉を言い、夫婦で話すときはさらに違う呼び方なのですから…混乱しますよね。

と言うことで、当然日本語だけ・英語だけの環境で育つ子と比べると、言葉は遅くなかなかしゃべらなかったのです。

初めての単語らしい単語

そんな中で3ヶ国語で共通している言葉はやはり早いということなのか、ただ単に言い易いからか…ママという単語は1歳2ヶ月で言い始めました。

生後1年2ヶ月育児記録
1歳と2ヶ月になりました。どうでもいいですが、英語ではいくつか聞かれたら1歳2ヶ月ではなく14ヶ月と答えることが多いです。日本もかな? さ...

それでもすべてをママ、もしくはマンマなどと呼んでいたのではっきり使いこなしているわけではなく…その後も私達を真似るように一言二言単語を言うことはあっても自分から何かを発することはありませんでした。

初めての意味のある言葉

そんな中、もうすぐ1歳8ヶ月になろうとしている我が子は最近自分の意思としての言葉を発するようになりました。

その言葉は「ワンモア(One more)」

実は夫が先に気付いたんです。「ワンモアって言ってる…」って。私は何故か子が話し出すのは日本語に違いないと信じて疑ってなかったので気付かなかったんです。モァ~モァ~って言ってたのでてっきり牛の真似でもしてるのかと思っていました(笑)

子は靴や靴下を履かせてもらっている時にもう片方早く!って時とか、ご飯をおかわりしたい時、滑り台をもう一度滑りたい時、絵本をもう一回読んで欲しい時とかに良く使ってます。

あんなに常に一緒にいて日本語で話しているのに…初めての意味のある言葉は英語でした。やはり英語が強いのでしょうか…。

しかし英語は簡単と言われる意味が分かる気がしました。ワンモアって日本語だと「もう一個」とか「もう一回」とか色々言い方分かれますけど、いわゆる「もっと」って感じのときに全部使えますからねぇ。

子供が言葉を覚えるコツ

ママを何となく言い出すようになってから、その後いきなり来たのが英語のワンモア。

その後段々言葉が出てくるようになり、今はパパの意味で私達が使ってるパピーも言うように。そしてオムツを表す言葉ダイピー(英語での正確な言葉はダイパーです。豪州ではナッピー。二つ合わせて私達の造語ダイピーに。)も言えるようになりました。

そして今のブームはさよならするときにバーイと言うこと。誰にでも手を振って愛想ふりまいております。

3ヶ国で共通した言葉は当然早い

今のところの感想としては、やはり3ヶ国で共通した言葉私達が共通で使っている単語は出てきたのが早かったなと。ママもそうですし、パピー、ダイピー、バーイはすべて私達も共通して使っている言葉ばかり。

3ヶ国ですべて言い方が違うものは、聞けば理解は出来ているようですが、自分から言うのはまだ出来ないみたいです。3ヶ国語を使い分けて言うのはいつの日になることか…。

会話を聞くのが良い?

本当かどうかは分かりませんが一説によれば、一方的に話している言葉よりも会話として聞く言葉の方をより覚えるらしいです。

私も夫も自分の国の言葉は一方的に子に話しかけているだけなので、子はそれに対する応答を聞いてないんですね。だから言われれば理解できるようになるけど、それにどう返事すれば良いか分からないから話せないとか。

子が英語以外の会話を聞くのは、唯一両家の祖父母とスカイプするときですが、それも週に1,2回数十分程度ですからね。

そうなると、一番長くいる私が話す日本語より英語が早く出てくる説明が付く気がします。

まとめ

子が話しているのは今のところ英語ばかりです。テレビも英語なのでその影響もあるのかなぁと思ったり…。日本語もそのうち出てくるとは思うのですが、どうなることやら。

母親と父親、その他の人からバラバラな言葉を浴びせられる我が子。難儀な環境に生まれついたものです。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ