【マルチリンガル育児】子供が喋り始めて分かった多言語教育の難しさ3選

⇩共感していただけたらシェアをお願いします。

我が家は夫の母国語、英語、日本語の3カ国語育児の真っ最中。いわゆるマルチリンガル育児中です。子はもうすぐ2歳になろうというところ。毎日毎日日本語で話しかけ、子の話し始めるその瞬間を心待ちにしていました。

しかしバイリンガル・マルチリンガル育児は言葉が出てくるのが遅くなるなんて言われていますが、我が子も例外ではなく言葉がなかなか出てきませんでした。ですが、ようやっとここ2ヶ月くらいでチラホラ単語を言うようになってきたのです。

やったー!遂に話し始めた!!と思ったのも束の間。これはこれから大変なことになりそうだ…と思う壁がさっそく見えてきました。

と言うことで、今回はマルチリンガル育児で私達が最初にぶつかった3つの壁をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

多言語教育の難しいところ

全ての言葉を理解してあげられない

親もマルチリンガルであれば問題ないのですが、我が家は残念ながらそうではないのです。

となると、子が話しているのが夫の国の言葉の場合、私には判定不可能。夫の場合は日本語で話されたら分からないので、お互い「なんか子が一生懸命言ってるけど分からない!」と言う事態が発生。

まぁ当たり前のことなのですが、これが結構大変で。子が話している言葉がたぶん英語でも日本語でもないなって時に夫に聞かなければいけません。夫も同じくこれはきっと日本語では…という時は私に「これなんて言ってるか分かる?」と聞いてきます。

それですんなり分かればまぁ良いのですが、二人とも分からない場合は何を子が言っているのか考えるときに、どの言語を発してるのかを探すのが広範囲で難しいのです。

日本語だけ、英語だけならまだしも自分の理解できない言語を話している可能性もあるとなると、お手上げです。子は一生懸命伝えようとしてくれているのに理解してあげられないもどかしさを感じます。

言語の割合が思うようにならない

毎日四六時中ずっと一緒にいるのは母親の私。ずっとずっとず~っと日本語で話しかけています。

でも今のところ子の発している言語の割合は、英語6:日本語3:夫の言語1くらいな感じです。学校に行くようになれば英語が強くなってしまうかもとは思っていたのですが、最初から英語が強いですね…。

原因として考えられるのは、私と夫が話すときは英語なので身近に聞く会話は英語なことと、テレビが英語であることでしょうか。初めての言葉も英語でしたし。

3ヶ国語が飛び交う中で育った子供が言った初めての言葉
親なら誰しも我が子が言う初めての言葉って何になるんだろうって気になりますよね。私も何になるのかなぁって楽しみにしてたんです。 それが最近来...

私も夫が一緒のときはどうしても少し英語が混ざってしまいますからね…いくら2人きりの時にずっと日本語を浴びせていても英語が強くなってしまうのはしょうがないのかもしれません。

発音が良すぎて聞き取れない

子の発音が良すぎて聞き取れない問題が既に少し出てきています。

いつかこの問題にぶつかるときがくると覚悟していたのですが、まさか話し始めた直後からそうなるとは…。子の英語の発音はネイティブのものなので、私がそれをキャッチ出来ないことがあります。夫が「あ、これってこのことじゃない?」と気付くことのほうが多いです。

今はまだ単語しか発していないので、一度何て言っているのか分かればその後は大丈夫なのですが、文章を話すようになったらどうなるんだろう…と今からちょっと心配です。

それとちょっと余談ですが、子はいわゆるイヤイヤ期に突入しているようで、私が言うことに高確率で反抗するようになってきたのです。

そしてどうやらその抵抗の言葉に英語を選んだようで、私に言う言葉はいつも「NO!」

日本語で「やだ~!」と、言われることは覚悟していたつもりだったのですが、「NO!NO!NO!」と駄々こねられると、言われ慣れていない分なんだか勝手に心にダメージを受けている私が…。英語の方が強く言われている感じがしてしまうのです。

まとめ

私の言語能力がもっとあれば大丈夫な問題なのですが、2歳に満たない子を前に既に色々始まっています…。まぁ私は30歳直前まで日本にしか縁のなかった人間ですから。。日々勉強ですね。

英語がまったく出来なかった私が国際結婚するまでに!英語のお勧め勉強法5選
私が日本を出たのは29歳のとき。それまでは留学をすることも外国人の友達がいたこともなく、まったく外国に縁がありませんでした。それがほとんど英...

今後予想される問題としては、子が複数の言語を混ぜて話すとか英語以外話したがらないとか出てくるかなと思っています。その辺も今後書いていければと思っています。

スポンサーリンク

⇩共感していただけたらシェアをお願いします。

⇩フォローしていただけると嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ