管理人プロフィールはこちら

嘔吐恐怖症は子育てには向かないと思う5つの理由

バイリンガル育児

私は自分が嘔吐恐怖症だと思っています。

人には色々な恐怖症があります。有名なものでは高い所が苦手な高所恐怖症。他にも狭い所が苦手な閉所恐怖症、先の尖ったものが苦手な先端恐怖症。珍しいものではボタンが怖いと言う人もいるそうです。

【参考:ボタン恐怖症の旦那様を持つmatuaさんの体験談】

洋服のボタンが怖い!ボタン恐怖症の夫と暮らす妻が気をつけていること|matuaの旅日記
matuaです。   タイトルの通り、うちの夫はボタン恐怖症です。  ボタンとは、あの洋服についているやつです。日常的によく見るし触りますよね。   初めて聞くひとは「なんだそれ!?」という感じだと思います。私も夫から初

そんな中でどのくらいの人が持っているのか分かりませんが、嘔吐に対する恐怖症もあるのです。

子を持つ前から覚悟していたことですが、やっぱり嘔吐恐怖症持ちは子育てでは色々辛い…と思うことが多いです。その理由などを書いていきたいと思います。

恐怖症になった原因

まず原因なんですが、私は元々乗り物酔いが酷い子供でした。今はだいぶマシですが。

乗り物酔い克服!酔いやすいと悩んでいる人におすすめしたいアイテム5選

いつも乗り物に乗るたびに、またすぐに酔ってしまう…吐いてしまうのではないか…と、乗り物酔いと嘔吐の恐怖ですごいストレスを感じていました。意識すればするほど酔いやすくなるとは分かっていても止められず、怖くて怖くて仕方がなかったのです。

大人になって乗り物に乗っても吐くところまで酔ってしまうことはなくなったのですが、たぶんその恐怖がこびりついてしまっているのか嘔吐が怖くて仕方がありません。自分だけでなく他人が気持ち悪そうにしているのを見るのもすごく苦手です。と言うか、そういう人とは数メートル離れないと心臓がドキドキしてしまって手が震えてくるのです。

酷い人はこの嘔吐という文字を見るだけでも怖いらしいので、私はまだ重症ではないとは思っていますが恐怖症ではあると思っています。

子育てに向かないと思う理由

さて、本題の子育てに向かない理由を書いていきます。

悪阻が怖い

まず子供が欲しいと思ったら妊娠しなければいけません。そしてその症状の一つである悪阻は嘔吐恐怖症にとってはかなりの恐怖です。

私は子供を持ちたいとしっかり決心する前はこの悪阻が怖すぎて子を諦めてもいいかもしれないと思ったくらいです。でも結局それでも子を持つことを選んだのですが。

幸いなことに私の悪阻はとても軽く、ちょっと食べ悪阻なだけだったので四六時中食べていれば大丈夫でした。妊娠期は一度も吐くことなく乗り切ることが出来ました。一日中気持ち悪くて何度も吐く人もいると言うのでラッキーだったと思います。

乳児のミルク吐きにビクビク

子を産み落としたら即子育て開始です。

正直、乳児ってあんなに気軽に吐く生き物だとは知りませんでした…。ゲップさせるときはいつもビクビクしながらさせていました。我が子はそんなに吐いてしまう方ではなかったようなのですが、それでも何度か経験してその度にオロオロしてしまう自分が情けなかったです。夫が家にいるときはいつも夫にしてもらっていました。

でも今考えてみると、吐きやすい頃の乳児はミルクしか飲まないので、出てきても苦手なそれとはちょっと違うし少量だったので大丈夫なほうだったなと思います。

子の看病でいつ吐くのかと気が気じゃない

我が子は数度風邪を引いたくらいで、まだウィルス感染のようなものは経験がないのですが、咳き込み過ぎて出てきてしまったことがあります。

辛いのは我が子で私は母親なのですからお世話するのは当然なのですが、やはり怖い気持ちはあります。それでも子の前ではなるべく平静を装って頑張っていますが…。

一番怖いのは吐きそうになっている時なので、吐いてしまった後は片付けるときはやはり動機がして手は震えますが終わったことなのでまだ冷静でいられますね。

今すごく怖いのは、これから子が保育園に行くので色々な病気をもらってきてしまうかもしれないことです。

2歳の子供に海外でモンテッソーリ教育を受けさせてみようと思う

そうなったら夫は会社にいかねばならないので看病は全部私がすることになります。それが怖いのです…。

子から感染する恐怖

子を看病するのも怖いですが、その後もし自分に移って気持ち悪くなってしまったりしたらどうしようという心配もあります。

自分だけ気を付ければ良いのであれば防止策はたくさんありますが、子供はまだ抵抗力も弱いですし病気にはかかりやすいですよね。仕方がないことだとは分かっていても怖いものは怖いのです。

子の車酔い

私の血を継いでしまったのでしょうか。子も車酔いをするようです。

せっかく自分にあった薬を見つけて車酔いを克服したと思っていたのですが、今度は子の車酔いに怯えることになってしまいました。

まだどの程度弱いのか分かっていないのですが、少なくとも山道は苦手のようです。酔う人はみんなそうですよね。

ある程度の歳になれば酔い止め薬も飲ませることが出来ますが、私は子供の頃効かなかったし、薬を飲めるようにはまだ数年あるのでその間は対処のしようがありません。あまり乗り物に乗らないようにするしかないでしょうか…。それとも頻繁に少しずつ乗せれば強くなるのでしょうか?

とても辛い嘔吐恐怖症

この恐怖症の何が辛いって、他の恐怖症と違って避けるのがとても難しいと言うことです。

高い所が苦手なら高い所に行かねば済みます。でも自分はどれだけ気を付けても人の嘔吐に出くわしてしまうことは生活していると出てきてしまうのです。昔はそれでも避けようと酔っぱらいが多い所は避けていましたし、自分でもすごく気を付けていました。公共の場や交通機関も具合の悪そうな人を見ると直ぐに離れるようにしていました。そうしないと不安になってしまうのです。

でもママになった今、子供の世話をしていく中で今までとは比べることがないほど嘔吐に出くわす頻度が増しました。それまでは出来るだけ避けることが出来ていたかもしれないけど、子を持ったらもう無理です。避けようがありません。だからその恐怖と闘って行かねばならないのです。

これって他人には理解しがたいのも辛いのです。夫も初期はそうでした。単純に汚いから嫌なんだろうとか嘔吐が好きな人はいないだろうと。

でもそうではないのです。私は下の世話は全然大丈夫です。下痢でもいくら臭いがキツくても平気です。(お食事中の方がいたらスミマセン…)

子は可愛いです。でも嘔吐は怖いのです。動機がしてしまって手が震えるのです。治したくても自分ではどうにも出来ないのです。

まとめ

最近何度か子が嘔吐してしまって恐怖感がありました。これからこういうことが子が高校生になる頃まで続くのかなと思うととても怖いです。でも母親になったのだから向き合っていかねばならないのですが…。

こういうママって世の中結構多いのでしょうか?もし「私も!」と言う人がいたらぜひ対処法を教えてほしいです。

バイリンガル育児海外育児
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント

  1. Ruby より:

    初めてコメントさせていただきます。
    私も海外在住の30代で小さい娘がいて、共通点が多いなぁといつも楽しく拝見させていただいてます。
    私も同じく嘔吐恐怖症なので、妊娠初期のつわりが嫌で妊娠するのがとても怖かったのですが、
    ラッキーなことに食べづわりだったので妊娠〜出産まで一度も吐くことはなかったです。
    ただ2人目が欲しいと思っても、今度こそつわりが酷かったら…と思うと憂鬱になってしまうくらいです。
    どちらかというと自分が気持ち悪くなることのほうが嫌なのですが、
    人のそれを見るのも怖くて仕方ない気持ちもすごくわかります。
    もちろん子供が風邪などで嘔吐してしまうことも時々ありますが(ミルクの吐き戻しはまだ大丈夫でした)、
    意外とそのときは怖い気持ちとは裏腹に、
    自分の手でそれを受け取ろうとしてたり、背中をさすってあげたりを条件反射でしていることに気が付きました。
    我が子だから出来るのかもしれませんが、子育てする中で少しずつ慣れて(?)いければいいなと思っています。
    最終手段は催眠療法かなと思いつつ(笑)
    お互い嘔吐恐怖症を乗り越えられるといいですね^^

    • まちえふ まちえふ より:

      初めまして。コメントありがとうございます。
      ほんとに共通点が多いですね!妊娠のつわりも同じとは。
      私は吐くほど気持ち悪くなったのはもう10年以上前にあったきりなので、自分が次に気持ち悪くなってしまったらどうなるのか分かりません。
      子供のを受け取ろうと出来るなんて凄いです!私には無理です…。口で噛んでペッと出されたものなら余裕なんですが。。
      慣れるしかないんでしょうね。慣れることが出来るか分かりませんが…お互い頑張りましょう!