*詳しいプロフィールはこちら*

子供を実際通わせて思ったモンテッソーリ保育園のメリットデメリット

育児

皆さんはモンテッソーリというと何を思い浮かべますか?私は最初、英才教育と言うか特別な教育をする費用が高い保育園なんでしょ?みたいなイメージでした。

でも2歳の我が子を通わせることになり慣らし保育中の2週間ずっと園の様子を見させてもらって、実際は私が思っていたイメージとは違うことを知りました。

と言うことで、今回は子供を通わせて思ったモンテッソーリ保育園のメリットデメリットをまとめてみました。

モンテッソーリって何?

そもそもモンテッソーリって何?ってことなんですけど、これって1つの教育法の名前なんですよね。マリア・モンテッソーリさんが発明した教育法だからモンテッソーリ教育っていう。そのまんまですね。元々は知的障がい児や貧困家庭の子供への教育から発明されたものだそう。だから特別天才児に育てる為…みたいなものではないんですね。

モンテッソーリ教育の特徴

まず目的として「自立(自律)した子供を育てる」というのがあります。とても個を大切にする教育方針で、集中力が身に付くことでも有名です。

次に玩具に特徴があるのが有名ですよね。私は単純に自然素材を使うってことなのかと思ってたのですが、一つ一つの玩具には意味があり、素材はガラスなど日常で使うものと同じものを使うんです。これもモンテッソーリの教育方針に則っているからこそ。

ここで全てを語ることは出来ないのですが、私が今読んでいる本にその辺の理由などが詳しく書いてあるので興味がある方はどうぞ。

と言うことで、やっと本題のモンテッソーリのメリットデメリットです。

メリット

縦割り教育で色んな年齢の人と接する

モンテッソーリの特徴の一つです。年齢の違う子供たちが一緒の空間で過ごすんですね。これをすることで年齢が下の子は上の子を見て学び、上の子は下の子の面倒を見ることなどを学びます。

我が子は兄弟がいないので、年上の子供に接する機会が出来るのはとても良いことだと思っています。今のところ園では一番年下なので下の子の面倒を見ることは出来ませんが、年上のお兄さんお姉さんに色々手伝ってもらったり優しくしてもらっているようです。

遊具に学習要素がある

私が保育園を選ぶ時に思ったのが、ただ一日をわーっと遊ぶだけで終わって欲しくないなということでした。

今通っている園には子供用の三輪車のようなものやオモチャ屋で売っているようなものはありません。その代わり日常生活にあるものがふんだんに教材として置いてあります。水をカップからカップへ移す教材やお豆をスプーンで右から左のお皿へ移動する教材、穴の開いた木のボールを紐へ通す教材などなど個性的な教材が並びます。数字のパズルやタワーなどもあります。ハサミも使いますし、子供が使うものはお皿はセラミックだしコップはガラスでちょっと危なっかしいことも。外でお花にお水をあげたりするのも一つの遊びとしてやらせているようです。

順番を待つことなどルールを教えてくれる

例えば教材は園に一種類ずつしか置いていません。誰かがやっていれば終わりまで待ちます。子の園では粘土は2人までしか使えないルールがあるそうです。誰かが遊んでいればやはり終わるまで待たねばなりません。

他にもランチなど食べるときは子供達が自分でマットをテーブルに持ってきて準備し、自分たちで片付けます。使ったお皿も洗うようです。

玩具を使う時はまずマットを引き、自分の空間をまず作ります。そこに遊びたい玩具を持ってきて遊び、遊び終わったら必ず元の場所に片付けてマットも片付けます。出しっぱなしは許されません。

ルールが守れなかった子には先生が口で説明してやらせます。実際に園で見ていて、これは私の躾より厳しいな…と思いました。子はお片付けが大好きで家でも最初からやる子だったので問題なく過ごせているようです。

1人で黙々と集中する力が付く

モンテッソーリ教育は個を大事にする方針です。何をするかも自分で選びます。そして気が済むまでやり続けることが出来ます。子供は自分でやりたいと思って選んだものなので黙々と静かに集中してやるんだそうです。だから集中力が付くのだとか。

我が子は年齢の問題もあると思いますが、あまり集団で何かしたがらないのでこっちの方が向いていると思ったのもモンテッソーリを選んだ決め手です。通っているプレイグループのお歌とお話の時間は必ずみんなが集まっている所と違う所に行ってしまうので…これはこれで心配なのですが、嫌なことを無理にさせるよりも好きなことを伸ばしたいなと。私も夫も集団行動があまり得意ではないタイプなのできっと子もそういうタイプなのだと思います。

デメリット

私はモンテッソーリ教育が良いと思っているので、あまりデメリットはないと思っているのですが、こんな意見もあるそうなのでご参考までにどうぞ。

集団で何かする協調性に欠ける

子が元々既にあまり集団で物事をしたがらないタイプで、さらにモンテッソーリ教育を受けたら協調性に欠ける子に育つ可能性はあるかもしれないですね。でもあまりみんなに合わせすぎる必要はないと思っているので心配はしていません。最低限、人に迷惑をかけなければ問題ないかと。

ただ特に日本では協調性は集団生活する中でかなり重要なスキルになるので、モンテッソーリ教育を受けて小学校に馴染めなかったらどうしよう…という心配が出てくるのは分かる気がします。でもこのみんなで足並み揃えすぎる風潮は私は日本のダメな部分だと思っているので、モンテッソーリ教育のデメリットというより日本の教育を変えた方が良いのではと思っています。

子供らしさがなくなる

なんでも自分で出来ることは自分でさせるように教育していくのですから、モンテッソーリ教育を受けてない子と比べれば大人が助けることは減ります。それを「子供らしさがなくなる、寂しい」と捉える意見を見てちょっと驚きました。

子供はいつか自立しなくてはいけなくて、私達はそれを助けているのが子育てなわけです。子供が出来ることが増えるのだから喜びさえすれど、子供らしさがないと嘆くなんて本末転倒では…。

と言うことで、ネットからデメリットの意見を2つあげてみましたが私は否定派ですね。それより私が思ったデメリットは以下です。

モンテッソーリ教育のない環境で苦労する

モンテッソーリって人によってすごく向き不向きがありそうな教育法だなと思ったんですね。

我が子は私の目から見ればすんなり入っていけたと思っています。でも公園とかで見る子達でこの子は合わなそうだな…とか思う子もいます。順番関係なく遊具に割り込んだり他の子が遊んでいるオモチャを取ってしまうような子だったり、ずっと落ち着きなく騒いでいるようなタイプのいわゆるヤンチャな子ですかね。本当はそういう子にこそモンテッソーリ教育を受けさせた方が良いのではとも思うのですが、まぁ余計なお節介ですよね。

で話を戻しますが、ひとたびモンテッソーリの保育園を出れば、そういうヤンチャな子たちがわんさかいるわけですよ。そんな色んな子たちと折り合っていくスキルが身に付かないかなと。だってモンテッソーリ保育園にはそういう子はいませんからね。黙々と何かやったり順番を待ったりお片付けが出来るようにする教育を受けている子ばかりと過ごすのですから。それがちょっと心配ですね。

保育園の費用など

我が子は週3で9時から3時半のプランで通っています。費用は1日$60ドル。日本円だと5千円弱です。

日本は認可無認可とあって認可だと費用がとても安いようですね。無認可だと同じくらいでしょうか?こちらではそういう認可無認可という括りは私が調べた中ではなさそうです。どこも似たり寄ったりな値段ですね。

各保育園の違いは、モンテッソーリ教育を取り入れているかどうか、ランチが付くかどうか、園の受け入れ人数、受け入れ年齢などが主です。あとは自宅からの場所と受け入れ待ち人数の多さなどの兼ね合いでみんな選んでいるようです。

聞いた話ですが、空きが出た年齢と希望日数などの条件を見て、待っているリストから順に入るという感じらしいです。通っている兄弟がいたりすると優先されるみたいですね。日本だと認可であれば仕事に復帰することが絶対条件のようですが、こちらのは日本の無認可のものに近いのかなと思います。政府からの援助的なものは3歳になると週20時間は無料で預けられる制度があるので、そうなるとかなり助かるなぁと思います。我が子は2歳なので対象外ですが…。

まとめ

まだ通い出して1ヶ月ちょっとなのにもう子は変わりつつあります。自分で服や靴を着脱したり、これをやる、あれをやると言い出すようになりました。

園にも少し慣れたようで朝バイバイするときに泣かなくなりました。全然食べてくれなかったランチもちゃんと食べるようになり、園から出るおやつもたくさん食べるようになったと聞きました。言葉も前よりたくさん出てきてるし、どんどん成長しています。

いつもべったりだった子が生まれてたった2年で既に少しずつ自立していっている姿を見ると少し寂しいですが、これも成長の証と思って喜びたいです。

保育園関連の他の記事もどうぞ。

2歳の子供に海外でモンテッソーリ教育を受けさせてみようと思う
新しい国に移動して新居に越して車買ってと、なかなか新しいことだらけのここ最近。 突然ですが、子の保育園(こちらではデイケアと呼びます)が決定しました~!子が2歳になる来年頭から週3で入ります。あぁ…...
慣らし保育の経過と2歳の我が子に起こった悲しい変化
2歳になったばかりの我が子が保育園に通い始めました。 園によっても違うかもしれませんが、うちの保育園では最初の2週間が慣らし保育期間とされて、その2週間を最近終えました。 いや~ネットとかも事...
育児
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント