日本と北米の保育園は何が違う?友人の保育士さんに聞いてみた

私にはこちらで保育士さんをしている日本人の友人がいます。

彼女は日本で長く保育士をしていた経験があり、こちらに移住してまた保育士として働いています。

そんな彼女に日本と北米の保育園の違いを聞いてみました。たくさんいる保育士さんの中の一意見として読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

教育方針について

教育。やっぱりこれが一番気になりますよね。

友人の言葉で率直に言うと、「日本は軍隊みたいで、こっちは自由だよ」ということでした。

軍隊…響きにドキッとしてしまいました。

日本の教育

柔らかく言えば、日本ではみんな同じようにするように習うとのこと。今日はみんなでこれを作りましょ~とか、やり方を教えてそれを同じようにマネさせるんだそうです。

たしかに自分が子供のときのことを思い出すと、お題を与えられてみんなで工作とかした記憶があります。

整列させたり、みんなで歌を歌ったり、同じものを工作したり…みんなで同じことをして他のことをするのを許さないことを友人は軍隊と呼んだのでしょうかね。

北米の教育

とにかく自由。基本ご飯や散歩の時間以外はフリータイムで何をしても良いそうです。

1人1人が興味のあることを思う存分するという感じでみんなで何かすることはあまりないみたいです。

園庭で遊んだり、本を読んだり、お友達とおもちゃで遊んだり。家にいるのとあまり変わらないのかもしれないですね。

その分、子供に目が行き届かなくてはいけませんから、保育士1人に対する子供の割り当て人数は日本より格段に少ないということです。

だからこっちは保育園代がめちゃくちゃ高いんですね…納得。

親の違い

教育もそうですが、親も違います。こちらはいろんな国出身の親御さんがいますから、彼女も苦労しているそうですよ。

日本の親

基本的に「園の方針に従います」という感じで物分りの良い人達ばかりだそうです。

モンスターペアレントとか一時期騒がれてましたが、ごく一部の人たちの話が大きく扱われているだけで、だいたいの親はやはりみんな大人しいんですね。

私も自分が預けるとしたら、保育園の方々のほうが子供のプロなんだからどうぞどうぞという感じでお任せすると思います。

北米の親

私の住んでいる地域はとにかくたくさんの人種がいます。

国によって育て方も違うし、考え方ももちろん様々です。そして自分のやり方に拘って園にもそれを要求する親も結構いるとのこと。

例えば、お散歩をベビーカーでしてそのままそこで寝かせたりするそうなんですが、どうしてもお昼寝はベッドでさせてくれと言って聞かなかった親がいたそうです。

ベビーカーでならすんなり寝るのにそれを起こしてでもベッドに連れて行かねばダメ。でもその子は園のベッドではどうしても寝てくれず泣き喚くそうで。しかたがないので相談したところ自分の家からベッドを持ってくるということになったそうです。…なぜそこまでして。

人種が多種多様だと、みんなで同じ方向を向くのはそもそも無理なのかもしれませんね。

まとめ

私は日本のも北米のも両方よく知らなかったので参考になりました。

たしかに近年日本の学校では運動会などで順位すら付けたがらないとか。みんなで同じようにするという印象はたしかに強いですね。普通の大人の社会や人間関係でもそれは感じます。

もちろん手放しですべてこっちのほうが良いとは言えません。

でも、みんな違って当たり前という価値観自分から考えて行動したり意見を言うというのは、小さい頃から身に付けていくべきじゃないかと、海外に出てから特に強く感じます。

私自身がちょっと人と違うことをするのを恐れて周りを見てしまったり、自分の意見を主張していくのが苦手だからです。そしてそれを直したいと強く思っています。

子にはぜひ身に着けて欲しいスキルですね。

近い将来我が子も保育園へ行くときが来ます。まだ知らない色々な日本との違いに面食らうことも出てくるかと思いますが、何はともあれ子がのびのび楽しく通ってくれるようになればと願っています。