結局最後は買ってよかったと思ったおすすめ育児用品

⇩シェアする

我が家はなるべく物を増やしたくない派なんですが、赤ちゃんがくるとなると様々なものを揃えねばなりませんよね。

最低限に抑えて買ったつもりですが、それでもたくさんの新しいものが家にやってきました。

今回は特に買ってよかったな~と思うものをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

買ってよかったもの

エルゴ

初期の検診のときから使っています。インサートを使えば新生児から使えますしね。

長く使う予定です。

やっぱり有名どころで評判も良いからか、こちらでも使っている人をたくさん見ます。

そしてデザインがかわいい。私はこれに一目ぼれして即決しました。

スイング

最初はいらないかなと思っていたのですが、子が起きているときにベッド以外に置いておける場所が欲しいなと思いまして。

まだ首が座ってなくても大丈夫で、それなりに楽しんでもらえそうなもの…ということでこちらにしました。

生後2ヶ月目で購入。

動きが思いのほかスムーズで早さも調整出来ます。リクライニングもあります。そしてポータブルということで折りたたんで小さく出来るんですね。

狭い我が家にはもってこいです。

搾乳機

これは元同僚のママ達みんなが絶対必要!と言っていたので買いました。

たしかに必須ですね。そして電動のものをおすすめします。手が死にますので。

私は両乳が同時に出来るように2つのやつを買ったんですが、結局1つずつやることが多いので1つでも良いかなと思います。

授乳枕

最初は自分の枕を使ってたんですが、あまりにもたくさん使うので欲しいな~と思っていたところ、産後の検診のときに助産院で使ってみたらあまりの使いやすさに驚き購入。

普通のは丸い形で柔らかい素材が多いと思うんですが、これはクッションが多少固めで形崩れしません。

赤ちゃんを置くところが平らですごく安定感があります。あ、でも赤ちゃんの頭が来るところは少し盛り上がっていて枕っぽくなってます。

アマゾンのレビュー見るとみんなやっぱり同じこと言ってますね。使いやすいのでおすすめです!

追記:レビュー書きました!

おすすめの授乳クッション「My Brest Friend(マイブレストフレンド)」レビュー
以前、育児おすすめアイテムをご紹介しました。その中の授乳クッションで私のブログにたどり着く人が多数いるみたいなので、個別に詳しくレビューして...

オムツ換えシート

これも必須ですね。私はお友達から使わなかったというお下がりをいただいて、使いまくっています。

っていうかこれがないと交換途中でぴゅーっとやられたときどうするんでしょうか?

これがあればおしっこされても余裕の笑顔です。

スワドル

私は下のブランドのピンクを持っているんですが、良いです。

25080315713_e8d75a66c0_k

寝るときに新生児はびくっとして起きてしまうので包んだりすると思うのですが、これはバッグになっていてほどける心配がありません。

他にもコットンの柔らかい大きなスワドルで包んだりもしますが、私はこのバッグ型のものを3つ持っていてヘビロテしてます。

手を出したいときは出すことも可能な作りになっていて、それもめんどくさいときは上は全部閉めずに上半身出た状態にしておきます。

夜ほどける心配がないのでバッグ型のスワドルはおすすめです。

バッグ型スワドル

おくるみスワドルについてはこちら。

新ママへの育児おすすめアイテムはこれ!スワドルは絶対買ったほうが良い4つの理由
以前買って良かったアイテムをご紹介したときに少しだけ話題に出したスワドル。さらっと流してしまったんですが、このスワドル優れものなんです。サイ...

買わなくてもよかったもの

靴下

普段家にいるときはスワドルに入れておくことが多いのでまだ使ったことがありません。

足を自由にさせたいときは足までつながっているパンツを履かせています。

靴下だとすぐ脱げちゃうんですよね…。もう少し大きくなってきたらまた変わるかもしれませんが今のところいらなかったなと思うものの1つです。

絵本・ぬいぐるみ

これは友達からお祝いでたくさんいただいたので自分で買わなくて良かったなというものです。

いただいたものだけで既に本は7冊、ぬいぐるみは5つあります。

もっと大きくなったら状況に合わせて買い足すかもしれませんが、まだ0歳児なので十分ですね。

まとめ

いかがでしたか?

日本には日本の定番商品があると思うのですが、だいたい同じでしょうか?それとも、これは日本では見ないな~というものありましたでしょうか?

何か新しいアイテムを購入する際に、参考になればと思います。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ