私が会った中で一番のお金持ち。元オリンピック選手のアラブ人

⇩シェアする

中東に住んでいた頃、普段出会えないような人達にたくさん会いました。

会社の社長や飛行機パイロット、お金持ちなど日本では会ったことがなかったような人がゴロゴロ。

たくさんの出会いの中で、今回は「この人ほどキャラの濃かった人はいないな」と思った元オリンピック選手のお金持ちアラブ人のお話。

スポンサーリンク

出会い

彼とは会社関係のイベントで出会いました。

まだほとんど英語がしゃべれなかった私は、日本語が少し話せた彼とはコミュニケーションがとれたのです。

彼の秘書的な韓国人の女の子がいたのですが、彼女のほうがさらに日本語がうまく、その子と最初仲良くなって一緒に遊ぶようになりました。

その後、彼ともよく会うようになり私達は友達になりました。

どんな人?

お金持ちでさらにオリンピック選手だったという彼。

最初まったく知らなかったので聞いたときは冗談だと思いました。

でも実際ハウスパーティに行ったときはその頃の記事も見せてもらったし、家もすごく大きな家だったので事実です。

冬季種目の選手だったので、お金がないとそもそも暑い中東の国出身では練習も出来なかったでしょう。

彼は出身国で初めての冬季種目のオリンピック選手だそうです。

そして彼の父は国で一番の実業家だそうで…。すごいですね。

ビジネスの話を聞いていても会社で次はこの事業をするとか、それをするなら会社ごと買ってしまったほうが早いとか、なんだかスケールが大きな話が多かったです。

そして自分にはたくさんの動かせるお金があることが強みなのが分かっていて、「誰にでも出来ることじゃないでしょ?」と笑うのでした。

「ビジネスとスポーツ(彼の種目の)は似てるんだ。アドレナリンが出てわくわくする。」と言っていた楽しそうな顔を覚えています。

彼の口癖

彼はれっきとした会社の社長ですが、口癖は「オレバカ外人ネ(日本語)」でした。

おちゃらけて自分のことをバカだバカだと卑下する人でした。

でもその一方でビジネスには自信満々で積極的。

最後に話したのは数年前ですが、今はオイルがいい感じだね~なんて軽く言っていて「一体この人はいくら稼いでるんだろう…」と不思議に思ったものです。

彼との思い出

ある日、夜ドライブをしているときに海の見えるビーチに寄って話をしていました。(あ、デートみたいですが、まったくそういうのではないですよ。)

2人で月を見ていて、彼がふと言いました。

「数年後、月を見たら、あ~こんな日もあったなって今日のことを思い出す日がくるよ」

本当にそうなりました。

まとめ

ちょっとエキセントリックで好き嫌いが分かれそうな人でしたが、私は基本的に良い人だったなと思っています。

なんだか彼には人を惹きつける魅力があると思っています。

でもお金持ちの彼はいろんな人がお金目当てで自分に近付いてくるのが分かっていて、それを嫌っていました。

私は彼のお金が目当てで友達になったわけではなかったのが、彼に好かれた理由だったのかもしれません。

彼と話していると他の世界のことがたくさん聞けて楽しかったです。

態度はバカっぽかったですが、たまにハッとするようなことを言う、そんなギャップが面白い人でした。

フェイスブックがあるので話そうとすれば話せるのですが、なんとなく話すなら直接会いたいと思わせる人。

いつかまた会う日がくるのでしょうか…。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ