みんな帰ってしまった…海外生活に向いている人ってどんな人?

今までの海外生活の中でたくさんの日本人に出会ってきました。

でも今も海外にいる人は少数です。みんな日本に帰ってしまいました。そしてまた新しい人に出会い、数年すると帰っていく…の繰り返しです。

でももちろんこのまま一生海外で暮らしていくだろうなという人達もいます。

今回はそんな友人達に共通しているいくつかのことをまとめてみました。

スポンサーリンク

変化を楽しめる人

住み慣れた土地を離れ新しいところに住むにはそれなりに気力、体力がいります。

右も左もわからない状態ですべてのことを1から始めなければいけません。住居、仕事、友達、ライフラインなど全部です。

それら新しいこと全てを変化の1つとして楽しんでやれる人は強いです。

なんにでもワクワク出来る好奇心旺盛な人は海外生活にとても向いていると思います。

今までの常識にとらわれない人

日本の常識は世界の常識ではありません。

なので「普通はこうでしょ!」という考えは通用しません。彼らの普通は自分の普通ではないからです。

北米ではあまり感じないんですが、中東では本当に今まで自分が持っていた価値観と常識を覆されました。

え!?とびっくりさせられるたびに、「くそーそうきたか~(笑)」と対応してきました。

そして次第に慣れて、日本では当たり前だったことに違和感を感じたり、どうだったか忘れてしまうものです。

人間って不思議です。

日本基準で考えない人

当たり前ですが違う宗教や文化を受け入れることが出来る人でないと海外ではやっていけませんよね。

他にも「日本ならこうなのに」と考えてはいけません。

例えば日本のサービスは世界一です。チップ制度もないのにすごいことです。こちらで日本レベルの対応を期待するとがっかりします。

あとは日本のすべてをそっくりそのまま海外でしようとする人がいます。

実際海外にいながら日本のテレビ番組を見て、日本のものを使い、日本食を食べ、日本人とだけ遊ぶ…という人もいます。ウォシュレットとかコタツとか日本特有のもの全てをこっちでも再現しています。

でもそれなら日本から出なければ良いのにと思ってしまいます。

人それぞれ海外にいる事情も違いますから、簡単には言えないしいろんな考え方があると思います。

でもせっかく海外にいるならその土地のことをもっと楽しめばいいのになと思うんです。

そしてそれが出来ている人のほうが長く住んでいる印象があります。

臨機応変な人

前にも言ったように海外では「え!?」という予想外のことがたくさんおきます。

なのでそういうことに柔軟に対応できる人は向いているなと思います。

こうでなければいけないとかこうするはずだったなどと頑な考えを持っていると海外では疲れてしまいます。

「ま、いっか」と、さらっと流してしまえるようでないとストレスが溜まってしまいますから。

良い意味で適当なくらいがちょうど良いです。

まとめ

いかがでしたか?

もちろん海外に残っている人にも帰国した人にもいろんな事情があってのことなので、向いているかどうかだけではありません。

でもそういう面が帰国するかの選択に少し影響している気もします。

実際日本では生き辛いと感じている人が海外では楽しくやれたりすることもあります。

人には、向き不向きがあります。

あ、私向いてるかも?と思った方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?