海外移住ってどうやるの?新しい国に住むときに必要な6つのこと

⇩シェアする

現在、オーストラリア移住に向けて準備しています。もう細々とやることが沢山あって、やはり国内引っ越しとは訳が違うなと思い知らされます。

しかし移住は自分たちで決めたこと。もう後戻りは出来ないので着々とやらなければいけないことをこなすのみです。

さて、過去の私がそうだったのですが「国をまたいでお引越しするときって実際何すればいいの?」という人もいるかと思うので、最低限必要なことをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

パスポート取得

まず、一度も海外に出たことがない方はここから始めなければいけません。パスポートです。

海外に出るには必須です。海外でもしも失くしたら一番困るのもこれかと思います。(まぁ日本領事館に駆け込めばどうにかなるかと思いますけど。)それぐらい重要ですね。

今回は、子が初めて生まれた国から出るのでパスポートを申請しました。

ハーフの子のパスポート取得。以前の苦労が報われた瞬間
実は年末に短い期間ですが、日本に帰ることが決まりました!私と夫にとっては3年ぶりの日本。我が子にとっては初めての日本です。 それに伴い、子...

飛行機のチケットを取るのにも必要なので、行くことが決まったら早めに用意することをお勧めします。既に持っている方は期限が切れていないか確認するのも重要ですね。

ビザ

日本に住んでいると意識することはないと思いますが、ビザは海外ではかなり重要ですね。

短期の観光なら日本のパスポートを持っていればほとんど心配は要りませんが、半年以上の長期となるとしっかりとしたビザが必要なケースがほとんどです。

要はなぜその国にいるのかの証明みたいなものですかね。学生として学びに来ているのか、働きに来ているのか、はたまたその国にいる権利のある人の配偶者なのか、ワーキングホリデーで来ているのか。

そのビザの種類によってその国で出来ることも限られてきますから、しっかり調べて自分に合ったビザをちゃんと事前に取得しましょう。

我が家の場合は夫がまず次の会社から労働ビザを取得してもらって、私はその夫の配偶者ということでオーストラリアに入ることになります。この書類手続きも色々とあって面倒この上ないのですが、今回は夫任せなので私は楽させてもらってます。

健康保険の確保

保険は絶対入りましょう。

自分はまだ若くて健康だからと少しのお金をケチって後で大変なことになる場合もあります。特に海外では医療費が驚くほど高かったりします。思わぬケガや事故など、いつどんなことが起こるかわかりません。

留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。資料請求は無料なのでとりあえずしてみるといいでしょう。大体どのくらいかかるのかわかりますよ。

我が家の場合は、労働ビザを取得するのに現地のプライベート保険に入ることが義務付けられているとのことで、オーストラリアの保険に加入する手続きをしました。

こういった保険システムも国によって色々あって国ごとに違いがあるので、下調べが必要ですね。

住む場所

入ることが出来たら次に必要なのは滞在先です。

観光で行くだけなら短期なのでホテルやモーテルに泊まればすみますが、長期となるときちんとした場所を探さねばなりません。

学生やワーホリの方はホームステイシェアハウスなどもあります。エージェントを通しても良いし、自分で探しても良いですね。

働く人は大抵最初の数週間は会社が何とかしてくれる場合が多いのではないでしょうか。日本企業の駐在員ともなると会社からずっと住宅は支給されるということもあるでしょう。羨ましいですね。

我が家は会社から最初の一ヶ月間はホテルを支給されるのでとりあえずそこに住み、その間にその後住む家を自力で探すということになります。

一ヶ月ホテル暮らしなんてしたことないので、ちょっと楽しみです。子連れなので色々と落ち着かないかもしれませんが…どこかはもう分かっているのですが、結構良いところだったのでワクワクしています。近くに大きな公園もあったので、そこに毎日行くことになるでしょう。

携帯電話の契約

そして次に必要なのは携帯電話の契約ですかね。昔携帯がなかった時代はどうしていたのでしょうね。家電開通が最重要ですかね。

なぜなら次の項目にある銀行開設などをするときに必要になるのがまず住所、そして電話番号となるからです。

ただの観光や本当にそこに住むことだけが目的なら、最悪番号なしでもやっていけるのかもしれませんが、社会と関わっていくならやはり遅かれ早かれ必要になるでしょう。

あまり使わないし月々の契約が高いのであれば、プリペイド式にして使う分だけチャージするという方法もあります。

私は中東の時も北米に来た時も最初の数日でまずは番号を手に入れました。やっぱりなんだかんだで必要になるものだと思います。

銀行開設などの手続き

そして銀行口座を開設します。

働きに行くのなら必須ですね。学生の方だといらないのかもしれないですけど…。

この辺の手続きがまた面倒この上ないのですが、一から生活を始めるということはそういうこと。他にも国によってはマイナンバー的なものを取得しないといけなかったりする場合もあります。

諸所の手続きが完了すれば、晴れて異国での生活がスタート出来るわけですね。私は今回は妻としてついていくだけなので手続きも夫任せですが、中東とここではすべて自力でやりました。というかやらざるを得なかったわけですが。

英語が不自由だと結構キツいものがありますけど、それも経験。自分のレベルアップになりますので頑張ってやりましょう!

まとめ

いかがでしたか?

違う国でゼロから生活をスタートさせるとなるといろんなものが必要ですね。日本に住んでいれば意識しないものも海外では必須になってくるので注意が必要です。

最初はちょっと難しく感じると思いますが、今はインターネットがあるので調べることが出来ますし、エージェントを使ったりすることも出来ます。相談は無料なところも多いですし、気軽に問い合わせてみるのも良いでしょう。

ぼんやりと「やってみたいなぁ」と思うのは誰でも出来ますが、行動に移せる人はごくわずかだったりします。大事なのは億劫がらずに「えぃ!」と勢いに任せて行動に移すことかなと。

一歩踏み込んでしまえば意外と何とかなるものです。まずは旅行からでも良いと思います。

英語が苦手でもツアーを使わず海外旅行に行くために使うべきサイト7選
英語が出来なかった時は旅行会社のツアーに申し込んでました。 ツアーは安心な部分は多いですが、いつも団体行動で現地の人との交流もありません。...

少しでも海外移住に興味がある方は勇気を出してみて下さい。文字通り、世界が広がること間違いなしです。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ