電気無しでサバイバル。不便だったことベスト5

ようやく新しいアパートを見つけまして無事越したのですが、なんと色々あって最初の3日間を電気無しで過ごしました。乳児連れなのに…。海外移住はなかなかスムーズには行きません。

入居から3日間電気が使えないことが分かった当初は「電気なかったら夜暗いなぁ」とかそのくらいの気分だったのですが、実際体験してみて困ったことが予想と違っていたので、ランキングでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

電気がなくて不便だったことベスト5

5位:インターネットが出来ない

もー現代っ子。

軽いネット依存症なのでネット見れないと落ち着かないんです。もちろんブログだって書けないし、ちょっと調べたいこととかも全部出来ないわけで。

年齢的にはインターネットのない時代も過ごしてきたはずなのですが、その頃どうしてたのかもう思い出せません。

ネットが繋がっていないとソワソワ…。でもその代わりにたくさん時間が出来て夫婦の会話が増えました。たまにネットなしの日なんて作ってみても良いかもしれませんね。

4位:ガスの着火問題

ガスってガスが通っているだけでは点かないんですね。知りませんでした。

着火するときに電気を使ってるんですって。だから電気がないといつも通りに着火出来ません。ガスを開きながらライターを使えば点くそうなのですが、怖くてやりませんでした。

ということで、3日間料理せずテイクアウトで済ませました。自宅近辺のお店を日替わりで一軒一軒トライ。ちょっと高くつきましたが初期に試せて良かったかなと。お気に入りのお店が出来ました。

ただ、ガスを使わないとなるとお湯も沸かせず、お茶も飲めなかったのはちょっと悲しかったです。お茶を飲んでほっと一息する時間って大事ですね。

3位:髪が乾かせない

ドライヤーが使えないと到底乾かないほどの髪の長さと量でして…。

ガスと水道は通っていたので髪は洗えたのですが髪が乾かせないということでタオルドライしてそのまま寝ました。もちろん翌日髪はゴワゴワ。

子と夫は短髪なので普段からドライヤーは使っておらず問題なし。私だけが困っていたのでした。

2位:灯りがない

やはりこれは外せないですね。ロウソクの火で過ごしたのですが薄暗くて。

それでも今こちらは夏なので日も長く、夜の8時くらいまでは明るいのでなんとかなりました。

ちなみに実はロウソクを使ったことで夜中にアラームが鳴って飛び起きるという事件が。火を消した後の煙に反応したのかと…。消してもまたしばらくすると反応して鳴り出して夜あまり寝られませんでした。

電気が通ってなくてもちゃんと鳴るようになってることにも驚きました。灯りがないことよりもこのアラームのほうが辛かったかもしれません。

1位:冷蔵庫が使えない

灯りよりも何よりもこれが個人的に一番困りました!

冷蔵庫がないと生もの買えないですし、冷たい水も飲めません。今こっちは真夏で気温は35度近くまで上がることもよくある状況でこれは辛かったです。

結果スーパーで買い物するものが限られてしまい朝食は3日間ひたすらパンとジャムのみでした。子に至ってはまだ外食で食べれるものが少ないので、夕食も瓶詰の離乳食とパンで乗り切りました。ごめんよ…。

そもそもなんで電気が使えなかったのか

なんでこんなことになったのかというと、私たちが選んだ部屋の担当不動産屋の対応がとても悪かったからなのです。入居までにガス水道電気を通すための申し込みに必要な情報がもらえなかったんです。

夫が何度となくメールで問い合わせても確認しますと返事が来るだけだったり酷い時には返事すらなく。結局部屋引き渡しの一日前に突然「ここ見て!」と送られてきたリンクに必要な情報がすべてあったのですが時すでに遅し。なぜこれをもっと早く教えてくれなかったのか…謎です。

部屋を内覧したとき担当者と話をしてて子供の話とかもしていて、自分にも同じくらいの子供がいると言っていたのに…あんたも家族と3日間電気無しで過ごしてみろ!と言いたいです。

たまたまその担当者がダメだったのかもしれませんが、一応その会社の名前を書いておきます。皆さん、もしオーストラリアで部屋を借りるときはRay Whiteという不動産屋に気を付けてくださいね。

まとめ

今はすべて落ち着き快適に生活出来ています。とりあえずここには今年いっぱいは住む予定で、その後はまだ未定です。

心機一転新しい生活。

楽しんでいきたいと思います!