海外生活満喫!私が海外で好きだなと思う5つのこと

⇩シェアする

海外生活も早いもので5年目。

私にとって北米は2カ国目で、最初の移住地中東よりは日本に近く住みやすいと感じています。中東は中東ですごく面白くて好きでしたけどね。

日本に戻りたいと思ったこともなくはないですが、今のところそれなりに楽しくやれていると思います。

2カ国経験してみて、海外のここは良いなと感じたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

知らない人でも声を掛け合う気軽さ

日本では知らない人に声をかけると不審者かと思われてしまう危険があるので、あまり話しかけたりはしないですよね。

でも海外では本当にちょっとした声の掛け合いが多いなと思います。

例えば、身に付けている帽子や靴、服などについて「あなたのその帽子すごくステキね!どこで買ったの?」と、いきなり道端で聞かれたりします。

他にも「今日はいい天気だね」とか「こんにちは」と見知らぬ人に挨拶されたり、面白いものを見たりしたときに「今の見た!?」とその場の出来事を共有したり…。

ナンパとかではありません。話しかけてくる率は女の人や中年の方のほうが多いと思います。

最初は慣れずびっくりしていましたが、最近はそういうものなんだとわかってこちらも気軽に対応出来るようになりました。

知らない人でもコミュニケーションをとって当たり前な柔らかい雰囲気がいいなと思います。

良いところを見つけて褒める文化

職場でも友達の間でも、なんだかやたら大げさに褒めてくれることが多いです。

言ってくれた言葉を日本語に訳すと度合いが増すのですが、きっとその半分ぐらいの気楽さで褒めているのではないかと思います。

例えば、 「私達はほんとにすばらしいチームだ!こんな人たちと一緒に働けて私はほんとに幸せ者だよ!!」 とか 「あなたきれいな髪ね~うらやましい。今日のヘアスタイルあなたにすごく似合ってる!」 などなど褒めることが日常化してる感じがします。

すごい、すばらしいなど日本語で言うとそんな大げさな…と思うんですが、こちらでは普通です。

私はこの褒める文化は好きですね。私も子供には出来るだけこちらを使っていきたいなと思います。

叱って伸ばす方法ももちろん時には必要ですが、叱るほうも叱られるほうも嫌な思いするよりは褒めるほうがお互い気分がいいですしね。

周りの目を気にしない気楽さ

日本では何かと空気を読むというか協調性が求められますよね。

もちろん協調性は大事で海外でも必要なことです。でも日本ほど周りと足並みを揃えねばいけない雰囲気は感じません。

人とは違って当たり前、私はこうだけどあの人はこう、良い意味で周りを気にしない感じです。

周りを気にしてやりたいことをやらないとか自粛することはしません。最低限迷惑をかけないようにというのはあると思いますが、みんな自分の価値観で思い思いに行動しているというのが私の印象です。

日本では自分が我慢しているのだから周りにもそれを求めるという悪循環のようなものがあるのかなと。

残業とかそうですよね。こちらでは周りが残っていようと自分の仕事が終わったとき、用事があるときはさっさと帰ります。帰りにくい雰囲気など微塵もありません。

ファッションもあまり流行など感じないので、一昔前の服とか平気で着てます。まぁこれはどうなのかなと思うこともありますが…。

一言で言えば、楽!気持ち的に開放感があると思います。

色々な価値観の人と出会って広がる視野

海外に出て日本人以外の人とコミュニケーションをとるようになって、世界には本当に多種多様な人がいるんだなと思いました。

宗教など考え方も全然違うし、物事の受け取り方一つとっても、こんな考え方があるのか!と目からうろこなことがたくさん。

日本人といると考え方が似ていて安心するし居心地は良いのですが、物事を違う視点で見ている人の意見はとても参考になるし、刺激的です。

自分の視野も広がって、考え方も日本にいたときと変わったと思います。

ゆったりとしたフリータイム

picnic-918754_640

海外に出て時間に追われることが減ったと思います。

夫も大体定時で帰ってきますし、夕方は比較的ゆったりした時間が持てているようです。通勤ラッシュもないですしね。

休日もあまり人混みを好まない夫に合わせているためか、ゆったり過ごすことが多くなりました。

公園に行って日向ぼっこしながらランチをしたり、散歩に行ってケーキ買って帰ってきたり、ちょっとドライブしたり…そんな過ごし方が多くなりました。…これは私が海外に出て夫と結婚して変わったからかもしれませんね。

日本では朝から晩まで働いて、合間に友達と忙しく遊んでいるような生活でしたし…。

でも街を歩いていても、あまり時間に追われているような人を見ませんし心の余裕を感じます。

まとめ

いかがでしたか?

海外に行きたいなと少しでも思っていただけたら、束の間の非日常の旅へ出かけてみませんか?

ジャルパックは良いツアーがたくさんあるのでリンクを貼っておきます。

女友達とふらっとどこかに行くのもいいですよね。

女子だけで行くジャルパックの海外旅行スタイル『女子旅@海外』!

おひとり様の良さげなツアーもありました。私も1人旅中に今の夫に出会いましたし、外国人の素敵な彼に出会えるかもしれません。

たまに日本が恋しくなることもありますが、私はまだまだ海外を楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ