子供が出来ても結婚しない?外国人の結婚観や事実婚事情

最近、夫から共通の友人のドイツ人カップルに子供が出来たと聞き、「それはめでたい!」となったのです。で、「じゃあとうとうあの二人も結婚するの?」と聞いたところ「さ~それはどうかなぁ」と夫。

そんな会話の中で外国人の結婚観について考えました。

スポンサーリンク

海外では意外に多い事実婚(コモンロー)

これは良く言われていることで北米でも実は良く聞いたのですが、世界には事実婚(コモンロー)という形態をとって結婚しないカップルが多いのです。

日本人の私達からしたら「え!?」って感じなのですが、ずっとパートナーとして歩んでいて子供もいるのに結婚はしないとか、あるんです。

私達の周辺①

その最近妊娠が分かったドイツ人カップルは、「妊娠したけど結婚未定」なパターン。日本ならおめでた婚の流れになることが多いのではないでしょうか。

私達の周辺②

別の友人カップルは最近子供が生まれたのですが、彼らは「子供生まれたけどあえて結婚していない」カップルです。

理由は今彼らは北欧に住んでいるのですが、結婚しないほうが生活するのに色々お得なんだそうで…(手当とかでしょうかね?)子供がいても結婚しないカップルが珍しくない地域ではそういうパターンも結構あることなんだそうです。

私達の周辺③

そして実は義姉がもうすぐ結婚するんです。

めでたいのですが、未来の旦那様は一人の子持ち。「え?じゃあバツイチなの?」と聞くと「いや、結婚はしたことないよ」とのお返事。これはまたもや「子供生まれたけど結婚しなかった」パターンです。

そしてその前の方とは別れ、義姉と「子供出来てないけど普通に結婚する」という。

私と夫が結婚したとき

私達は「結婚→子供」という順番だったカップルなわけですが。結婚を決めた時、夫は結構な人からこう聞かれたんだそうです。

「子供出来たのか!?」

そして夫が「いや、出来てない」と言うと、「じゃあなんで結婚するんだ??」と。別に悪気があるわけではなく、純粋に聞かれたそうで。

私達の結婚のきっかけはビザだったので、相手のビザが切れそうだからと言うと皆かなり納得したそうですが、分かりますかね…この「子供も出来てないのにどうして結婚するの??」っていう感じ。

夫が言うには子供を理由に「結婚するか~」となるカップルは本当に多いんだそうです。そうでなければ特に結婚なんてしなくても一緒にいられればいいじゃないといった感覚だそうで。

子供出来ても結婚しないという形をとるカップルが多いのは、結婚という形式に重きを置かないこういった考え方から来てるんでしょうね。

昔領事館で聞いたお話

じゃあ外国人と付き合っていて、こっちが結婚をほのめかしても何となく逃げられている気がするとします。そんな相手の態度もそういう考え方があるからかなと思うととんでもない目に遭うことも。

昔領事館に行ったときにある方と世間話をしていたのですが、その方が言うには、「そう言ってのらりくらりと結婚をせずコモンローのままでいて子供まで作ったのに、最後にはささっと逃げられてお金の助けもなく大変困っている日本人女性は結構いる」そうで。

その方は仕事柄いろんな人達を見てきていて相談も受けているらしく。私はその時は1人で結婚届を出しに行っていたのですが、「うんうん、ちゃんと結婚してくれる人がやっぱり良いよ。」と頷いておられたのが印象的でした。

世の中甘くないんだな…と、自分の結婚届を出しに行って思った思い出深い教訓です。

パートナーが結婚から逃げる時

と言うことで、海外(地域にもよりますが特に欧米)で一般的な事実婚(コモンロー)ですが、自分も別にそれでいいと思えばそのままで全く問題はありません。

ただ、自分は結婚したいけど相手はコモンローが良いと言ってかわされる場合はちょっと注意したほうが良いかもしれません。だって、愛する人が結婚したいと言っているのに、なぜしてくれないのか?冷静に考えればおかしな話です。

日本人の感覚が抜けていないからというのはあるにしても、愛する人の切なお願いを聞いてくれないなら生涯のパートナーとしてはどうなんだろうと思うんですよね。

まぁそれでも若いうちは良いですけど、子供を持つつもりなら真剣に考えるべきでしょう。その相手で良いのか、現状のままで良いのかを。

そのまま長く付き合っていていざ自分が歳を取ってから不安になるかもしれないですし、その状態で子供を持つのはかなりの覚悟と危険が伴うことは覚えておいて損はないかと思います。

まとめ

きっと自分は結婚したいけど相手が結婚に煮え切らず悶々としている女性って結構いるんじゃないかなと。

そんなときは信じたい気持ちと不安とが入り交ざって苦しいですよね。相手に聞いてハッキリさせるのは怖いし嫌われたらどうしよう…とか。こういう気持ちは相手が日本人でも外国人でも変わりませんね。ただ外国人だとこういった事実婚の感覚や文化の違いがあってさらに相手の気持ちが判断出来なかったり…。

何度も言いますが自分もそれで納得しているなら別ですよ。結婚がすべてではないですし。

でも自分が結婚したい場合は、よっぽどの事情がない限り相手がただただ結婚したくないで逃げるのはおかしいと疑う勇気はあった方が良いかなと。

国が違う者同士の結婚観。お互いの価値観を認め合いつつ、相手の主張ばかり聞くのではなく自分の主張も聞いてくれる相手を見つけるのが良いですね。