日本とのメイクの違いは?ヨーロッパ人のプロにメイクされてみた

⇩シェアする

義姉の結婚式でプロのメイクアップアーティストが自宅に来たわけですが。

本場のヨーロッパ挙式。義理の姉の結婚式に出席してきた
お久しぶりです。2週間夫の国に里帰りしていました。 子にとっては初めてのヨーロッパ上陸。メインの目的は義姉の結婚式に出席することでした。私...

花嫁はもちろん、花嫁の親族、友人含めてメイクしてくれるとのことで、私もメイクしてもらうことに。

今回は初めてヨーロッパ人にメイクしてもらった感想や日本のメイクとの違いで気付いたことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

メイクさんについて

アジア人が珍しい地域なので当然アジア人へのメイクはほとんどしたことがないメイクさん。「あなたが私にとって2人目のアジア人よ」とのこと。

約束の時間から40分も遅刻してきたというメイクさん。それでもちゃんと終わったから良いものの、日本人にはあり得ない大遅刻っぷりでした。

おしゃべり好きなメイクさんで、メイク中は恋愛話に花が咲きました。今はドイツ人のミュージシャンと遠恋中だそうで。ボーカリストでツアーの真っ最中だから会えないとか。ツアーやるって有名な人なのでしょうか…。でも「なんか他に女が出来たみたいでどうしよう…でも私は好きだし忙しいみたいだから、今はとりあえず連絡待っているの」だそうで。連絡、来るといいですね。

と、不慣れな英語で一生懸命話してくれて良いメイクさんでした。日本だとどうしてもプロに徹するというか他人行儀になってしまうけど、なんだか一瞬でお友達になった気分で親しみを感じれて楽しいメイク時間を過ごしました。

日本とのメイクの違い

さて、肝心の日本とのメイクの違いですが。顔立ちも違うし、良いと思うメイクも違うので、やはり色々と違っていました。

いきなりファンデーション

日本でメイクしてもらった記憶では、まず化粧水のパッティングから始まり下地をかなり念入りにやってもらった気がします。

でも今回はいきなりファンデーションから。スポンジでペタペタ塗られてゆきました。事前に下地までは自分で塗っておいて正解でした…。ちなみにオルビスの毛穴用化粧下地 を愛用しているのですがすごく良いのでオススメです。

その後、お粉をのせることもなく暗い所と明るい所の色調整のみに徹した感じで、肌はとにかく色重視という感じでした。

チークは使わない

肌は色重視だったのですが、チークで頬をピンクにしたりするようなことはありませんでした。日本では必ず入れますよね?チーク。

私の普段メイクにもチークは欠かせないのですが、ヨーロッパではカワイイよりも綺麗、またはカッコいいメイクが好まれるようで、「ほんのり色付くカワイイ頬っぺた」みたいなものはしないようです。

ビューラーを使わない&付けまつ毛は大量に

驚いたことにビューラーが出てきませんでした。ヨーロッパ人の自然な長いカールまつ毛に嫉妬した瞬間でございます。私もこういうロングラッシュリッチ みたいなまつ毛美容液とか使ったら長いまつ毛が手に入るのかしら…。

まずはいきなりマスカラを塗りたくられ、その後付けまつげを結構な量付けられました。初めての付けまつ毛だったのですが、もうバッサバサですごいことになっておりました。人の印象ってまつ毛一つでこうも変わるものなんですね。

ビューラーを使わなかったのは、もしかしたら付けまつ毛を付けることになっていたからなのかも…?

アイラインもガッツリと

アイラインは普段自分でも結構入れる派なのでそこまでギャップはなかったのですが、メイクさんの持っていたものがウォータープルーフかどうか分からないとのことでちょっと問題に。

なぜなら私は奥二重。ウォータープルーフでないと数時間後には瞼が黒くなって大変なことになるのです。そこで私の自前のアイライナーを使いました。ちなみにこれです。もう何年もずっと愛用中です。

皆が皆くっきり二重のヨーロッパ人は、瞼にアイラインが触れることがないことをその時初めて強烈に意識してちょっと驚きました。良いなぁ…。

眉毛は力強く

今の日本の流行りはちょっと太めでなだらかな感じでしょうか。何にせよ自然にするために少しボカしますよね。

ヨーロッパではくっきりはっきりした力強い眉が好まれるようで、眉頭から結構ガッツリ書かれました。形はちょっと吊り上げ気味。

鏡を見た時、「おぉ…これは…」と言葉を失いました(笑)

唇はツヤ無しマットではみ出し気味に

リップは日本ではグロスでツヤツヤにしてピンクが定番でしょうか。

私がされたのはピンクはピンクでしたがツヤ無し。そして元の形状よりもはみ出し気味に形を取ってました。でもメイクさんは「あなたの唇はくっきりしたハート型でステキね~」と褒めてくれてましたけど…。

やはり日本とは「良い」と思うメイクの基準が違うんだなぁと。

メイクしてもらった感想

肝心の出来栄えは、「普段と全く違う顔になったけど、まぁこれはこれでアリ!」でした。

日本でやっていたら確実に浮いたと思います。でも結婚式という環境もあり、皆派手な同じようなメイクをしていたので浮くことはありませんでした。

向こうの人たちが思う良いメイクなわけなのだから、向こうの人たちから見ればステキだったみたいです。お世辞かもしれないけどたくさんの人に褒めてもらえました。

私的には新しい自分を発見出来た感じで日本では絶対したくないけど「アジア人は私1人」な状況だったし、まぁいっかと。良い経験だったと思います。

まとめ

国が変われば良いと思う基準も変わります。メイクだって同じです。

最終的に出来上がった顔を見て「おぉ…これは色んな意味で凄い…」と思ったのが正直なところですが、嫌いではありませんでした(笑)

違う環境に飛び込めば、新しい自分を発見出来る。そんな例の一つだったかなと思います。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ