日本の常識は海外の非常識?知らなかった日本の子育てとの違い【新生児】

⇩シェアする

私は北米で子育てしているため、日本流の子育てをほとんど知りません。

気になることがあるとネットで調べるんですが、あとから「日本ではそうなのか…」と知ることがたくさんあります。

日本ではタブーとされているようなこともこちらではみんな普通にしていたり。

今回はこちらとは違う日本の常識をあげてみました。新生児編です。

スポンサーリンク

縦抱きはNG

縦抱き…新生児から結構してました。

日本でなぜ縦抱きが敬遠されているかというと、首や背骨に負担がかかるからですよね。それはその通りだと思います。

でもこちらでは首がぐらぐらの赤ちゃんでもスリングに入れられたりエルゴで連れられているのを結構見かけます。

私も出産3日目には自宅に帰ったので、その一週間後の検診から助産院に子を連れて行くためエルゴで行きました。(あ、子を抱っこしてたのは夫です。)

インファントインサートは首が据わる前の赤ちゃん用のアイテムですし、頭をちゃんと支えて気をつけてあげれば大丈夫ではないかなと思います。

首から被る服はNG

日本では新生児のうちは前開きの肌着を着せるんですね。

こちらのお店で売っている新生児用のものと言えば、すべてロンパース。上下が一体になっているザ・赤ちゃんの服って感じのやつです。

前に開くタイプのものもありましたが、ほぼ上から着せるタイプのものばかりで私達もそういうものだと思って購入しました。

その後、母とスカイプしていたときに話題に出て、肌着?なにそれって感じでした。こちらではまったく見かけないんで…存在を知りませんでした。

手に入らないのでこちらにあるものを使うしかありません。普通にオムツの上にロンパース1枚着せてました。

被せて着せるのも特に問題なかったです。最初は子も小さいので服はブカブカで着せやすかったですしね。

子供用麦茶と白湯

赤ちゃんにミルク以外何を飲ませてよいのかこちらで聞いたことがありました。

答えは「母乳のみ」

それだけ飲ませておいてとのことでした。(粉ミルクの人はどうするんだろう…)

だから、子が汗をかけばおっぱい。お風呂上りにおっぱい。泣けばおっぱい。何をするにもとにかくおっぱいです。

最初、それ以外飲ませてはいけないものだとすら思っていました。でもインターネットで赤ちゃん用麦茶なるものを発見したときは「!!!」となりましたね。お茶飲ませても良いんだ!みたいな。

その他日本ではお風呂上りに白湯を飲ませましょうとなっていたりして、「だよね、やっぱりそういうの飲ませて良いんだよね」と納得。

考えてみたら粉ミルクだって素は水ですからね。そりゃそうか。

でもなんだかんだ最初に数回粉ミルクした以外は完全母乳になっていて、赤ちゃん用麦茶なんてこちらではないし、白湯すら結局飲ませていません。

今は哺乳瓶もダメで母乳以外受け付けない感じなので最初の離乳食は苦労するかもなと今から心配です。

日本でも母乳しか飲ませない人たくさんいますか?

最初の1ヶ月は外出しない

床上げまではひたすら安静、外出なんてもってのほか!みたいな空気ありますか?ネットでは良く見る意見なんですが、実際どうなんでしょうか?

こちらは検診も産後一週間から行かないといけないし外出しないわけにはいきません。

もちろん産後の体には長時間の外出は厳しいので限度はあると思いますが。

でも外出しないで一ヶ月家に篭ることは不可能ですね。

まとめ

日本の常識からしたら「とんでもない!!」ってこともありましたか?

私は知らなかったので疑問に思うことなく新生児期を終えてしまいました。でもこっちでは普通にみんなしてるのでまぁ大丈夫だったのではないかと思います。

育児には絶対なんてないって良く言いますし、常識にばかり囚われず子供1人1人に合わせた最適な方法を選んであげることが大切なんじゃないかなと思います。

以前、妊娠時に母親学級を受けて知った日本と北米との違いについての記事です。

良かったらどうぞ~。

母親学級に参加してわかったいろいろ違う北米と日本の常識
会社を退職し、予定日まであと2週間となった週末。前から予約してあった母親学級に夫と参加してきました。もしかしたら習う前に産まれてしまうのでは...
スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ