*詳しいプロフィールはこちら*

30代は人生の分岐点。妊娠・出産で疎遠になった友人に思うこと

妊娠出産

結婚や妊娠を期に女性の友人関係は劇的に変わるって言いますよね。最近出産した私にもある出来事が起きて、色々考えさせられました。

私の場合

結婚前

もともと結婚願望も子供が欲しいという気持ちもそこまで強くなかった私。

仕事が好きで朝から晩まで働いて同僚と飲みに行くという生活。結婚出産なんて別世界のことでした。地元の友達はどんどん結婚して家庭を持っていきましたが、少し離れた場所に住んでいた私には実感もなく、自分にはまだ早い、関係のないことだと思っていました。

結婚

一般的に多くの女性が結婚し出す30歳目前で海外に行き、結婚の焦りとは無縁の生活。初めての海外生活に翻弄され忙しく過ごす毎日でした。

一歩踏み出せないあなたへ。少しの勇気で人生は変わる!私が海外に出ると決めたときの話
毎日毎日同じことの繰り返しで退屈していませんか? 何か面白いことないかな~なんて思って待っていても、面白いことは向こうからやってきてはくれません。退屈な毎日にさよならするためには自分から何かを変えなければいけません。 変えるためには、環...

そんな私にもご縁があり、気づけば結婚することに。

外国人恋人からの帰国寸前のプロポーズ
最近また1つ歳をとりました。人の親になってから初めて迎えた誕生日です。以前とまったく違う生活をしている自分、海外に出てからのジェットコースターのような日々を思い出し、1人いろいろと思うこともあり…。数回のターニングポイントでの決断が今の私を...

それから約2年後、歳のこともあるしと子供のことを考え始めたところでちょうど妊娠。出産してママになりました。その時の身近な友達は結婚した人が1人で、あとはまだみんな独身でした。

出産後

やっと子育てにも慣れてきて友人と会う余裕も出来てきた頃、連絡を取りました。友人達は家に来てくれたりカフェでお茶したり、赤ちゃんがいても無理なく会える範囲でみんな時間を作って合わせてくれました。本当に感謝しています。

態度が急変したある友人

1人だけ、私の妊娠を知ってから以前のように連絡を取っても「忙しいから無理」の一点張りで会えなくなってしまった人がいました。私の周りの友達の中で唯一結婚している人でした。

余りにも露骨に態度が変わったので、会ってくれなくなった理由はタイミング的に子供のことなのかなと思いました。私が知っているのは、その友人は子供を欲していないということ。子育て期間を設けてキャリアがストップするのが嫌だというのが理由です。その気持ちはわかります、私もそうでしたから。

でもそれが私を避ける理由になるとは思っておらず、少なからずショックを受けました。

私が想像する友人の気持ち

この友人はこのまま行けば自分の思った通りキャリアに突き進む道を歩めます。でもそれにまだ迷いがあるではというのが私の予想です。

妊娠には歳のこともあるし、あとでやっぱり欲しいと思っても手遅れになるので取り返しが付きません。その迷う気持ちが、子を持った友人(私)に会うと余計揺らぐから会わないとか。考えすぎですかね?

それかただ単に時間と行動を合わせるのが面倒なのか、子供が本当に嫌いなのか…私はその人でないので、本当のところはわかりません。一度くらい会ってくれてもいいのにと思う反面、それは単なる親のエゴなのだろうと思います。

子持ちとそうでない人との意識の差

子供のいない女性からしたら子供のことはあまり興味がないでしょう。だから普段から気を付けていることがあります。

  • 子供の話は聞かれたときにしかしゃべらない
  • 友人の話をたくさん聞くことを意識する
  • SNSの投稿は事あるごとに子供について投稿するのは避ける

結婚前の私がそうだったように、結局子供がいない人にとって他人の子供のことなんて全然興味がないんですよ。そして子供のことばかり話したりSNS投稿する人を見て、それ以外話すことないのかな?なんて思うものなのです。

でも自分がそうなった今はなぜそうなるか理解は出来ます。これだけ子供と24時間一緒にいて他のことが出来ないと、もうそれしか話すことがなくなりますから。昔の私はそんなママの状況なんて全く分かっていませんでした。それが分かっただけでも成長したかなと。人間その立場になってみないとわからないことは多いですね。

友人の態度への楽になる考え方

友人が態度を急変させたら悲しいですが、仕方ありません。そういう人が出ることが起こり得るくらい妊娠出産はデリケートなトピックなのです。残念ながらもし自分に起きてしまったら、こう考えるとストレスは少ないでしょう。

友人でなく自分が変わった

自分から見れば友人が変わったと思うでしょうが、子持ちになった自分が変わったのです。子が出来てから広がった交友関係もありますよね。それは出産前にはなかったもの。変化によって何かを得れば何かを失うこともあるのです。

人生は短い。去る者は追わないこと!

今、目の前にあるものを大切にしましょう。ただでさえ時間がない子育てママにはくよくよ悩む時間はありません。去る者は追わずの精神で、気にしないのが一番です。

それぞれの人生のステージにおいて、噛み合わなくなった結果会えなくなるのならそれもそれ。後ろを振り返る時間は勿体ないです。

まとめ

出産前は子供のことばかりの人にはなりたくないと思っていたのですが、もしかしたらもうなっているのかもしれません。それすら客観的に見れなくなる子育て。恐ろしい…。

友人とはもし本当の友であれば、いつかまた何かのきっかけで会えるでしょう。今は目の前にあるかけがえのないものを大切にして、前を向いて生きていこうと思います。

妊娠出産
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚組。一児の母(娘2歳)。
詳しいプロフィールはこちらから。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント

  1. TOMOかん@旅煩い女子 より:

    こんにちは。
    私もストレスの無い充実した30代を送っていました
    35の時、兄の子の姪っ子と3世代で家族旅行を行った時に 意識が変わりましたよ。
    こんな可愛い子が産まれるなら、結婚も子育ても良いかな?
    っと。

    それからがスイッチOnの早いこと!
    サクサク順調に主人に巡り会えて 色々な事あったけど 今は若干田舎生活ですが
    子育て奮闘中です

    私の場合、東京からの田舎なので 独身時代の友人は距離おけています。

    疎遠になる場合、気にしない様にしています
    彼女の人生の選択だから
    よく聞く「結婚、良いよ〜とか、子育て良いよ〜とか。」絶対言わないです

    子育てしているママ友にでさえ価値観を押し付けてくる人も居ますので、やんわり返事しています。

    お互い様ですが、相手の身になって考えて暮らしたいもですね〜(^ω^)

    • まちえふ まちえふ より:

      こんにちは~。
      何かのきっかけでころころっと人生が展開することってありますよね。
      子育て奮闘中とのこと。お互いお疲れ様です!(^^)

      やっぱりみんなそうなんですね。
      私はその友人とは出産後一度も会っていないのでそういった失言はしていないのですが…
      人それぞれ事情があるんですよね。
      今回はとても良い勉強になったと思います。