バリキャリか専業主婦か。無いものねだりで満たされない女達の幸せはどこに?

⇩シェアする

こんにちは、無いものねだりで満たされてない専業主婦です。

新しい土地に来てもうすぐ1ヶ月になろうとしている私にも最近友達が出来まして、その人が所謂バリキャリのすごい人!

休日に子を夫に預けて2人でお茶したときに色々話し込んだのですが、その時になんと彼女の夢は結婚して専業主婦になることだということが判明。

そんな彼女と自分自身を見て、考えたことをつらつら書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私と彼女について

まず私の今の状況はと言えば、

  • 30代既婚
  • 専業主婦
  • 子1人
  • 仕事に戻りたくて仕方ない

です。典型的ですかね。海外在住の国際結婚組ですが、場所は違えどどこにでもいる専業主婦ですね。そして彼女は…

  • 30代未婚
  • 彼氏いない歴5年
  • バリキャリまい進中
  • 結婚して仕事を辞めたい

…とまぁもしかしたら東京にはゴマンといるタイプのバリキャリなのかもしれませんが、彼女は単身海外にいて世界的に有名な会社にお勤めの女性です。もちろん英語はペラペラ。誰もが羨む経歴の持ち主なのです。

彼女の悩み

で、話を聞くと周りは次々結婚して子供を持って行くのに…と焦りがあるとか。「こんな華麗なキャリアを持った人にも悩みがあるんだなぁ」と思ったんですよね。

同僚が結婚して専業主婦してるのが羨ましくてしょうがないらしく…ちょっと良いなと思う男性にアプローチしてみることもあるけど上手くいかないとのことでした。

でも今力を入れてやってることは次の仕事へのステップアップだったり、願望とやっていることはあまりマッチしていないみたいです。

日本に戻って婚活しようかとまで悩んでいるとも言っていたのですが…その勇気と言うか踏ん切りも付かないんでしょうね。でもあんなに海外でバリバリやってる人に日本で働いている普通の会社員の人と価値観が合うのだろうか…と思ったりもするのですが。。

人の幸せとは

単純に考えれば、私は彼女が今欲しいものを持っているわけですよ。結婚して専業主婦して子供がいるので。

でも私は仕事がしたいのでバリバリ仕事して自由な彼女が羨ましいわけです。しかも彼女の経歴は私がたとえ結婚していなくても到達することはないくらい輝かしいものなわけで。

端的に見て人が羨ましいのは間違いなく彼女ですよ。私も本当に羨ましい。でも彼女は結婚して子供が欲しいと。

自分の持ってないものを求めるんですねぇ…人って。隣の芝生は青く見えるっていうのは本当ですよね。

無いものねだりばかりしていると幸せ逃げるってどこかで聞いたことあるんですけど、結局自分の意識の問題ですよね。どこまでも求めるとキリがないと言うか、1つ手に入れば次!次!!ってなって終わりがないんですね。だからある程度で「まぁこんなもんか」と自分を納得させられれば幸せになれるってことなのかな…と。足るを知る者は富むってことわざもありますしね。

足るを知る者は富むとは、満足することを知っている者は、たとえ貧しくとも精神的には豊かで、幸福であるということ。

でもだからってある程度の所で諦めれば良いと思いますか?私は思わないです。欲しいと思えるものがあるなら頑張って手に入れようとすることは悪いことじゃないと思うんです。

彼女の場合はキャリアはあるから自分の持っていない結婚と子供という幸せを求めるし、私は結婚子供は持っているから仕事を求める。それって自然なことじゃないですかね。

まとめ

結局何が言いたいの?ってことなんですけど、今回そのバリキャリの彼女と話した時に、こんな凄いキャリアを持った人でも結婚して仕事を辞めて子供欲しいって思うんだ…ってちょっと驚いたんですよね。

でも輝かしいキャリアを手に入れたのだから結婚しなくても良いじゃないとかって思わないですよね?キャリアがあっても本人が結婚したいのなら心から応援したいって思ったんですよね。

それと同時に思ったんです。子持ちの主婦だって彼女と同じように、結婚して子供が出来たら他は諦めねばならないってこともないじゃないってこと。自分が働きたいって思うのってエゴなのかなぁ…なんて思ったこともあったのですが、今回彼女と話して色々考えさせられました。

母になったなら子供優先にして自分のやりたいことを諦めたりライフスタイルを変えるのは当然だと思う節がまだ日本には残っている気がしていて、それってどうなんだろうってずっと思っていたんですよね。

女性の社会進出は推進していて、でも少子化問題もあって子供は産んでいかないと将来困る。でもでも保育園の待機児童問題もあって…。子育て世代の女性に求められてるものって沢山あるのに、全部欲しがったら欲張りって思われるんですかね?

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ