私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

外国人夫が驚いた誇るべき日本の童謡の素晴らしさ

外国人と暮らす

日本人には当たり前なことでも、外国人の視点からするとすごいと思うことってあるんですよね。

今回は最近夫が指摘した日本の童謡、童話についてです。

 

スポンサーリンク

日本の童謡に対する海外の反応

子供をあやしているときって自然と歌いますよね。

 

自分が育っていく過程で慣れ親しんだ曲を我が子にも歌ってあげる。

それが次の世代へ曲が受け継がれていくシステムというか…とても自然なことです。

 

私も自分の気分や状況に応じて、知っている歌をけっこう歌います。

 

外国人夫の反応

蝶を見ればちょうちょを歌い、とんぼを見れば赤とんぼを歌う私。

その他にも象、亀、チューリップ、ハワイのハメハメハ大王の歌もあるし、もっと言えばバナナやシャボン玉の歌もあるわけです。

 

夫は身の回りで歌になってないものは日本にはないのではないか…と思ったようです。

 

夫

君は一体何曲の童謡を知ってるんだ?

私

そんなの分からないけど、普通日本人ならこのくらい知ってるものよ。

でも夫はそのバリエーションの多さに信じられないといったご様子。

私

じゃああなたはいくつ知ってるの?

夫

…1曲も知らない…あ、1つ歌えるかな…?でも全部はわからない。

…そっちのほうがびっくりなんですけど。

 

童謡は海外から輸入されたものも多い

最近よく英語の童謡を子供と聴いているのですが、メロディーだけは知っているものが結構あります。

日本のものが海外に伝わったりもしているかと思いますが、海外から日本へ伝わり日本語で歌われているものも多いです。

 

例えば、森のくまさんや大きな古時計、むすんでひらいて等々。

意外なところでは蛍の光も外国から来たものだそうです。

 

日本の童話についての外国人の反応

そんな調子の夫ですが、童話については少し知っているみたいです。

 

日本ではあまり有名でない話を聞くのはけっこう楽しいです。

王女だと確かめるためにベッドの下に豆を置く話とか。

 

日本でもイソップとかグリムとかは有名ですよね。

 

夫は日本の童話も好きです。

お気に入りは桃太郎。

何度話してあげたことか…これから我が子にも何度となくすることになるでしょう。

 

それにしても童話って改めて人に話してみて「なぜ桃から人が!?」とか疑問に思われてしまうと、答えに詰まります。

 

そんなの知らないし、そういうもんなの!としか答えられないんですが。

子供にも同じこと質問されたらどうしましょう…。

 

海外で生まれ育った日本人三世の子の話

私の友人に日本人の祖父母を持つブラジル人がいます。

彼女の親は日本に住んだ経験はなくとも日本語はある程度わかりますが、友人に至っては日本語もしゃべれません。

 

でもある日、彼女は私にこう聞きました。

女性
友人

ねぇこの曲知ってる?

 

そして歌いだしたのは亀の歌。もしもしかめよ、かめさんよってやつです。

私

知ってる知ってる!

女性
友人

何について歌ってるのか知りたいから教えて!

 

祖父母から教わり、歌の響きだけで覚えて歌えるけれども意味を知らないんだそうです。

私

亀は世界一動きの遅い生き物で、なんでそんなに遅いんだろうねっていう歌だよ。

女性
友人

それだけ?そんな歌だったの!?

 

とても驚いていた友人。

でも童謡なんてさらっと要約してしまえば、そんな感じのものばかりですよね。

ぞうさんとかも象の鼻は長いねっていうだけですしね。

 

もっと調べると深い意味があったりするのかもしれませんが…でも子供用の歌は単純で楽しければ良いんじゃないかと思います。

 

まとめ:童謡は語り継がれるべきステキな文化

最近、我が子にYouTubeで童謡を聞かせたりしているのですが、メロディーは知っている歌でも英語では無理!ってものが結構あることが分かりました。

舌が追いつきません。

【幼児向け】親子で歌える英語の歌のおすすめYoutube動画まとめ

 

これから子供のために練習しないといけないかもしれません。

最近の私の悩みです。

コメント

  1. 亀子 より:

    もしもし亀さんの歌は、ウサギと駆け競べする会話の歌だったような?足が速いウサギが油断をして、亀さんに負けるという話。

    • まちえふ まちえふ より:

      亀子さん、コメントありがとうございます!

      …そういえば、そうでしたね。私アホですね…。
      2番とかの歌詞を思い出すと明白ですね。

      友達に歌われた時に「これなんて言ってるの?」ってニュアンスで聞かれたもので、直訳してしまった過去の私。。
      反省します。