管理人プロフィールはこちら

早期英語教育のデメリットって?バイリンガル教育は時間とお金のムダなのか

英語教育

私は子供にバイリンガル教育をしています。

早期語学教育というと、なぜかデメリットばかりが目立って議論されますよね。

しかも専門家でも意見が割れているので、はっきりした答えが出ていません。

 

だから興味があっても、

女性
女性

日本語に影響あったら嫌だし、英語はいつから始めさせようかな…

と迷っていたり、不安な方も多いのではないでしょうか?

 

どんなことにも、メリットとデメリットは存在します。

大切なのは、

教育するにあたって、デメリットや弊害をきちんと知り、それを意識しながら行っていくこと

です。

本記事では、バイリンガル教育のデメリット・弊害と、それに対する親の考え方・対処法について書いています。

早期英語教育、バイリンガル教育をしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

 

早期英語教育のデメリット

よくバイリンガル教育をするデメリットとして上がることが2つあります。

それに対する私の考えと経験談です。

母国語が定まらないまま成長する危険(セミリンガル)

どの言葉も中途半端になってしまうことを、セミリンガル / ダブルリミテッドと言います。

 

女性
女性

日本語もちゃんと話せない段階で英語をやるなんて子供が混乱するのでは?

 

そう心配するのはもっともです。

これを避ける上で大切なのが、第一言語を定めること。

日本に住んでいるならば、日本語が第一言語で英語はあくまで第二言語ということになるでしょう。

そこを忘れないように教育していきましょう。

 

私

ただ、日本に住んでいる分には日本語があふれているので、そこまで心配はいらない気がしますね

 

むしろ日本語がある程度固定される年齢になってしまうと、英語に拒否反応を示すかもしれないと心配します。

 

我が子の場合

私達は海外の英語圏に住んでいるため、娘の第一言語は英語にしています。

私は娘が生まれた時からずっと日本語で話しかけ、本を読み、歌を歌っていますが、やはり環境の影響が強いようで、娘が話す言葉は「英語7割・日本語3割」です。

 

娘を見ていて思うのは、バイリンガルは「日本語→英語」「英語→日本語」のようには考えていないということ。

娘はリンゴを見て、これはリンゴでありアップルでもあると認識しています。

接する人によって話す言語を変えているので、私にはリンゴと言うのです。

 

娘は外では英語で問題なく生活しています。

混乱している様子は特に見られないので、「第一言語は英語」であることを意識しつつ、引き続き日本語で話しかけていきたいです。

 

言葉が出てくるのが遅くなる危険がある

これはあると思います。

 

実は娘も、英語だけ話す子や日本語だけ話す子に比べると、言葉が出てくるのが遅かったです。

私

でも娘より数ヶ月遅く生まれたバイリンガル教育を受けているお友達は、すでに日本語・英語共にすごい量を話しているので、個人の能力差もあると思います

 

これは、バイリンガル教育では接する言葉の種類が多いためです。

言葉を発するには、周りから言葉のシャワーを浴びて、頭の中にある言語のコップを満たす必要があります。

そのコップが溢れた言葉から話し出すのです。

 

バイリンガルは、言語が1つしかない子よりも満たすべきコップがたくさんあります。

だから言葉が少し遅いのは理解出来ますよね。

 

言語間で共通した単語は早く出る。

 

例えば、パンダ、コアラなどの動物の名前や、ピンク、オレンジなど色の名前は、娘は早くから口にしていました。

誰からも同じ言い方で言われると、それだけコップが満たされるのが早いのでしょう。

私

娘は日本語では、私の口癖や特にたくさん聞く言葉から話し出しています。

その単語のコップが早く満たされたのだと思います

 

バイリンガル教育をする上で親が注意すべきこと

一言でいうと、「親が早期教育に熱くなりすぎて、やり過ぎてしまうと良くない」です。

私

何でもバランスが大事ですからね

 

子供が英語を嫌いになっては本末転倒です。

そうならないために親が注意すべきことがあります。

 

目的は子供の選択肢を増やすことだということを忘れない

早期英語教育をする目的は何ですか?

テストで良い点を取るためだけではないはずです。

 

英語を話せるようになってほしいというその願いの先にあるのは、

・我が子に将来の選択肢を多く与えたい
国際的な人間になって欲しい

ということではないでしょうか。

 

娘は英語だけあれば、それなりに生きてはいけるでしょう。

でも2ヶ国語を自由に操れたら、娘の将来の選択肢が増えると思うんです。

 

私

だから言語習得に適した年齢である幼少期に、効率よく言語を吸収して欲しいと思って教育しています

 

英語を話すことを最終目標にしない

「言葉が2種類話せるようになった!やったー!!」で終わってはいけないですよね。

言語習得は、あくまで手段であって目的ではないのです。

 

英語が話せることが、ゴールではありません。

語学学習は長距離走です。

終わりがないとも言えます。

 

私

継続しなければ忘れてしまうものでもあるので、話せたから終わり!ではなく、英語を生活の一部として楽しく学んでいける習慣を付けることが大事だと思います

 

子供の気持ちを置いてきぼりにしない

親が一生懸命になり過ぎて、子供がストレスやプレッシャーを感じていたらダメですよね。

英語嫌いになってしまったら大変です。

 

私は娘が将来ある程度の年齢になり「どうしても日本語やりたくない!」と言ったら、強制はしないつもりです。

子供の気持ちが1番大事。

心が死んでしまっては元も子もありませんから。

 

私

一生懸命教育するのは良いことですが、子供の様子はたまに立ち止まって客観的に見てあげたいですね

 

子供の他の可能性をつぶさないよう注意する

時間はみんな平等です。

語学教育にばかり力を入れて、他の可能性を探る時間が減り過ぎないように注意すべきです。

 

スポーツや音楽、アート、遊びだって全部子供には大切なもの。

最初にも言いましたが、何事もバランスです。

 

私

子供のやりたいことを尊重しつつ、語学勉強も楽しんで出来る環境を作ってあげることが親の私達に出来ることなのです

 

「早期英語教育を親にされたけど全然しゃべれない」という人について

早期英語教育を受けていた子達がある程度の年齢になり、

男性
男性

親に小さい時に英語教育されてたけど、今全然話せないし意味ないよ!

 

と言っていたりします。

それを見て、

女性
女性

あ、意味なくてムダならやっぱりやらなくて良いか~

 

となってしまっては悲しいので、私の意見を添えておきます。

 

語学は継続が1番大事です。

私は100%日本人ですが、8年も海外にいると日本語でど忘れすることもたまにあります。

そのくらい人間は使わないと忘れてしまう生き物なのです。

 

特に子供は習得が早い分、忘れるのも早いんです。

だから英語教育を始めるなら、途中で止めない覚悟が必要です。

嫌になったら休んでも良いと思います。

でも止めたらそりゃ話せなくなりますよ。

 

「前は勉強してたけど、今話せないからムダ!」と言っている人は、ただ単に勉強を止めたからです。

それなのに、早期教育自体が無駄と言ってしまうのは違うと思います。

 

たとえ一時的に勉強しなくなって忘れたとしても、また再開すれば昔やっていた経験は生きてきます。

私

勉強すること・教育することに無駄なことなんて1つもないと私は思います

 

まとめ:英語を楽しく学ぶ環境を作って英語の基礎を作ってあげよう

大人になってからでも英語は学べますが、子供の頃の吸収力に勝るものはありません。

ネイティブの発音や英語耳も、子供のうちから英語に触れることで効率的に学ぶことが出来るのです。

 

最後に1つバイリンガル教育の教材をご紹介します。

世界の七田式の英語脳プログラムです。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

『早いうちから実践的な英語を覚えさせたい』『積極的に英語で発話してほしい』という方におすすめの教材です。

 

親が今しか出来ないことがあります。

あなたのお子さんに最高の環境は何なのか。

じっくり考えて最適だと思える判断をしていきましょう。

【バイリンガル育児】早期英語教育は必要?幼児期から英語を教えるメリットとは
おすすめの子供向けオンライン英会話。こだわり・タイプ別に徹底比較!
英語教育
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント

  1. アニー より:

    こんにちは。アニーと申します。
    ブログランキングから来ました。

    育児中は本当にストレス溜まりますよね!
    すごくよくわかります!
    自分に合ったストレス解消方法で上手に発散していかないと!ですね。

    またお邪魔しに来ますね

    • まちえふ まちえふ より:

      アニーさんはじめまして。コメントとご訪問ありがとうございます。

      そうですね~人によって「私はコレ!」って解消法があると思います。
      うまくやりくりしていきたいですよね。

      はい!楽しく読んでもらえるブログを書けるように頑張りますので、ぜひまた来て下さいね。