私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

2歳児の慣らし保育の経過。海外保育園でギャン泣きから楽しく通えるようになるまで

モンテッソーリ保育園

2歳になったばかりの我が子が保育園に通い始めました。

園によっても違うかもしれませんが、うちの保育園では最初の2週間が慣らし保育期間でした。

 

親にとっても子供にとっても初めての体験「慣らし保育」

泣くのは当たり前、泣かないほうがおかしいと分かっていても泣かれると親としては辛いですよね。

 

本記事では、

・娘が保育園に慣れていくまでの経過
・園から受けたアドバイス

をご紹介します。

 

これから慣らし保育で不安…という方の参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

子供が通うモンテッソーリ保育園について

とりあえず軽く我が子が通うことになった保育園についてです。

 

・園の規模は小さめ(最大受け入れ27人)
・一軒家を改装したこじんまりとした敷地
・モンテッソーリ教育を取り入れている
・2歳から5歳まで同じ空間で過ごす

 

モンテッソーリ教育に興味がある方はこちらの記事も合わせてどうぞ。

子供を実際通わせて思ったモンテッソーリ教育のメリットデメリット

 

子供は月水金の週3(朝9時から夕方3時半)で通います。

 

私

私もまだ働くわけではないし、目的は主に他の子と接する経験をさせることなので、いきなり週5のフルタイムは避けました

 

保育園の1日のスケジュール

保育園のスケジュール
  • 8:50
    家を出発
    車で5分の距離。カーシートに乗せるまでが大変です。
  • 9:00
    園に到着
    あっという間に園に到着。名簿にチェックを入れ、本来ならここで子供とバイバイします。
  • 10:00
    おやつタイム
    午前のおやつタイム。園から出される果物やトーストをメインで食べます。この時、自分のお弁当も食べるのでいつもクラッカーやビスケットを持たせています。
  • 11:30
    ランチ
    お弁当を食べます。
  • 14:00
    アクティビティタイム
    みんなで集まり、本を読んでもらったりゲームしたりします。
  • 15:00
    おやつタイム
    午後のおやつタイム。園で焼いたマフィンや果物が出されます。お弁当の残りも食べます。
  • 15:30
    お迎え
    親がお迎えに来た子から順に帰宅します。園自体は17:00まで空いているのですが、娘は短いプランになっています。

 

2歳だとまだお昼寝が必要な子も多いですが、時間が決まっているわけではなく、したい子はしに行く感じです。

娘は家ではお昼ご飯の後13時くらいから1,2時間寝ることが多いのですが、園では眠れないらしく帰ってから少しだけ寝ることが多いです。

 

自由時間はモンテッソーリ教育の方針に従って、みんな自分がやりたいことを思い思いにやります。

唯一アクティビティタイムだけは、みんなで集まってその日のテーマに沿って何かするようです。

 

娘は2歳になったばかりなので、2歳から受け入れているこの保育園では1番年下です。

 

私

それでは肝心の娘の経過についてです

 

2歳の子供の慣らし保育(2週間)での経過

1日目(午前のみ/親付き沿い)
保育園の様子を見せる

1日目は午前中のみ。

私もずっと一緒で離れることはなし。

 

私がいればなんてことないようで目新しい玩具で遊んだりと楽しんだ様子。

 

でもランチも持っていったのに、新しい環境に疲れたのか手を付けようとしなかったのでそこで終了。

 

私

園がどんなところなのか見せることが目的だったようですね

 

2日目(ランチまで/預け時間:30分)
2分泣いただけで泣き止む

いよいよ離れる練習開始。

最初は30分で戻ってきてとのこと。

 

機嫌の良い時間を見計らったもののやはり離れるときに号泣。

まぁ泣かないほうがおかしいので予想通りの反応だけど、実際泣かれると親としては辛い…。

 

結果としては2分くらい泣いてただけでその後は普通に遊んでたとのこと。

30分泣き止まない子もいるらしいので我が子は全然大丈夫な方だそう。

 

おやつとランチは私が横について一緒に食べて、ランチの後帰宅。

 

私

最初に置いていくときが親として1番ドキドキする瞬間ですね。

我が子は幸い、さっぱりタイプですぐ泣き止んだようです

 

3日目(15時まで/預け時間:45分)
30分間親の不在に気付かず遊ぶ

今日は1時間くらい離れるのかな~なんて思って行ったけど、45分で戻ってきてとの指示を受けたので午前のおやつタイムの後45分だけ離脱。

 

でも庭で夢中で遊んでいるときに

女性
先生

今のうちに行っちゃって!

と言われてサッと出てきてしまい、30分間私の不在に気付かなかったとのこと。

 

子にとっては15分探しているうちに私が帰ってきて

娘

あ、ママいた

って感じだったみたい…。

 

おやつとランチは私の助けを借りつつ食べ、15時の終了時間近くまで一緒に園で過ごす。

 

私

慣らすことが目的なのに、いないことに気付いてもらえなかったのは予想外でした…

 

 

4日目(15時まで/預け時間:5時間)
食べ物に全く手を付けず過ごす

一緒に最初のおやつタイムを過ごした後、今度は何時間離れるのかなと思っていたら

女性
先生

3時まで帰ってこなくても良いわよ

とのご指示。

 

私

え?そりゃちょっといきなり長すぎません?

と思いつつ、何かあったら電話するからと電話番号をメモられ、「さぁ!今気づかれてないうちに!!」と言われて逃げるように退散。

 

この何も告げずに子を置いてくる行為がかなり私の心に引っかかり、もう予告なく消えるのは絶対止めようと決意。

 

せっかくの1人の時間もあまり楽しめず気を紛らわすために家事をして過ごしてたらあっという間にお迎えの時間に。

丁度午後のおやつタイムで私が来たことに気付かない子。

 

私

大人しく席に座っている…家では全然長時間座ってられないのに。やっぱり外だと違うのか…

と、娘の別の一面を垣間見て、嬉し寂しい母。

 

私の姿を見つけると大号泣。

よく頑張った!とたくさん褒めてあげたまでは良かったものの、実はこの日、子はなんと何も食べ物に手を付けず。

 

私

私がその場で一緒に食べないと食べてくれないという問題が発覚。これは困った…

 

5日目(15時まで/預け時間:5時間)
進展なし

私が一緒じゃないと食べない問題があったので、とりあえず最初のおやつタイムを一緒に過ごして軽く食べさせてから私離脱。

 

今回はちゃんと離れるときに目を見て

私

ママ行くけど、午後のおやつの時間にお迎えにくるね

と言って来れたので、泣かれたけど私的には合格。

 

迎えに行くとやはり何も食べておらず、その場で食べさせて帰宅。

 

私

4日目からあまり進歩なしでした…

 

6日目(15時半まで/預け時間:5時間半)
親に置いて行かれることを理解し必死ですがりつく

保育園に行くと置いてかれることを完全に理解したらしい子は園に着いた途端にママモード。

私から全く離れずずっと抱っこで置いて行かれまいと必死。

 

おやつタイム後、先生に無理やり引き離してもらって離脱。

離れるときはかなり泣かれるし、お迎えに行っても泣くのだけどそれは私がいるときだけらしい。

 

今日はお昼に園長先生の助け借りて少しだけ食べれたとのこと。

 

私

少し進展して一安心。ここら辺が親も子も1番辛い時です

 

7日目(15時半まで/預け時間:5時間半)
おやつタイムの手伝いは続く

慣らし保育2週間が終わったものの、依然として安心出来ないので最初のおやつタイムをお手伝い。

 

その後は送迎では泣かれつつも終日1人で過ごしてもらうペースを保っていて、お迎えに行くと先生から「今日はちょっと食べれたよ!」とか「今日はみかんを1人で剥いて食べたのよ!」なんて聞いて少しずつだけど慣れて行っている感じ。

もう少し食べるようになったら最初からサッと離脱する予定。

 

私

日本ではどうか分からないですが、こちらでは別に親がどれだけ園にいても大丈夫です。

でもそれなりに高いお金(1日60ドル)を払っているので預けられる時間は出来るだけ面倒を見てもらいたいですね…

 

半年経った現在(フルタイム/預け時間:8時間半)
楽しく園に通っていて帰りたくないと言う

結局全く泣かなくなったのは、3ヶ月くらい経ってからでした。

 

1週間ほど旅行で空いてしまって、ふりだしに戻ったこともありました。

土日でリセットされてしまい、月曜は離れたくないと駄々をこねることもありました。

 

でも園の先生とお友達全員の名前を覚えた頃には泣かなくなり、今は園に迎えに行ってもまだ遊ぶ!と言うようになりました。

お弁当も好き嫌いはありますが、たくさん食べるようになり、おやつはおかわりしまくっているそうです。

海外の保育園のお弁当。気になる外国のランチボックスの中身は?
海外在住者が驚く日本ならではの可愛いお弁当作りアイテム13選

 

私

どんな子でもいつかはこの日が来ます!

心配する気持ちはとても分かりますが、安心して下さいね

 

慣らし保育の目的と子供にとって大切なこと

保育園を開始して環境が変わったからか、娘がちょっと変わってしまったことがあったんです。

それは「パパとのお風呂で号泣するようになった」こと。

 

私と一緒の空間から離れることを極度に嫌がるようになってしまったんですね。

前はキャッキャッ言いながら仲良く入っていたのに…可哀想なパパ。

 

慣らし保育の目的は、ママはいつも必ず自分のところに帰って来ると理解させることです。

そして親が子供に出来ることは、保育園は楽しいところだと伝えること。

 

私

家でも保育園の話をたくさんして、良かったね、楽しいねと語り掛けると良いんだそうですよ

 

子供がそれらを理解するまで、根気よく愛をもって伝えていくことが1番大切ですね。

 

まとめ:みんな通る道だと思って、親子で乗り越えよう!

みんなこの過程を通って、楽しく通えるようになります。

 

初めてだと不安ですが、親が不安がっていると子供に伝染します。

どーんと構えて、送り出してあげましょう。

 

あなたのお子さんも絶対出来ますよ!

0~6歳児向け幼児教育教材
\まずは資料請求/

モンテッソーリ保育園
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント