私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

海外モンテッソーリ保育園に通わせて起こった子供の変化5選

モンテッソーリ保育園

保育園に通い出して早いもので1ヶ月半経ちました。

たった1ヶ月半なのに、既に子にたくさんの変化が見られるようになり驚きます。そこで今回は子が保育園の影響で変わった部分を5つ挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

英語の語彙が増えた

私と過ごしていた時は、平日昼間はずっと日本語環境だった子。今は週3回英語漬けになったので英語の単語が日本語よりもたくさん出てきています。

動物の名前や色の名前。前は日本語で言っていたものも英語に取って代わられるようになってきています。日本語で言っても保育園では通じないし、先生や他の子達が言っている言葉で言うようになるのは当然と言えば当然ですよね。

日本語が出てこなくなってきているので、ちょっと焦っています。今はたくさんおしゃべりすることの方が重要だと思っているので良いのですが、もう少し大きくなったら私とは日本語で話すようにルールを作らなければならないかもしれません。

ありがとうをたくさん言うようになった

と言うことで、ありがとうをたくさん言うようになりました。

ご飯を用意してあげれば「せんきゅー」と言ってから食べ始めます。何かをどうぞと差し出せば「せんきゅー」。お着換えさせてあげて「せんきゅー」。

先生にそう言いなさいと言われているのか、周りの子が言っているから言うようになったのかは分かりませんが、確実に保育園の影響です。ありがとうを言うのは良いことなのでこのまま行ってくれればいいかなと思います。

声を出して助けを求めるようになった

ありがとうを言えるようになったかと思ったら、「ヘルプ」も言うようになりました。

まだ一人では出来ないことが沢山あるので保育園で言うようになったのでしょう。以前は私が付きっ切りだったので、自分から言わなくても私が先回りしてやってあげていたのですが、保育園ではそうはいかないですからね。

何かを取って欲しい時や、やりたいことが出来ない時に言います。保育園でも助けが必要なときにちゃんと声に出して助けを求めている証拠なので安心しますね。

送り迎えで泣かなくなった

送りに行って私がいなくなる時に泣き、迎えに行って私の顔を見れば泣いていた我が子。

一ヶ月通って泣かなくなりました。私が保育園を去るのを嫌そうに目に涙を貯めてじっとり見てはいますが、保育園という場所を理解したんでしょうね。そこに行くと私に置いて行かれること、そして私が夕方迎えにくることを。あと先生たちを覚えたというのもあると思います。

早く笑顔で手を振って保育園で楽しく過ごせるようになってくれるといいのですが。

昼寝の時間がズレた

お昼寝の時間が特別取られていない保育園なので、寝たい子は寝に行けるのですが、自ら行かないと寝ないまま過ごすことになるのです。

我が子は私無しで寝れないようでお迎えの時間(3時半)まで昼寝無しで過ごしてしまいます。そして家に着いてからの4時以降に眠くなるという…。

以前は2時頃から1,2時間寝るサイクルだったのですが、最近は保育園に行かない日でも4時を過ぎないと昼寝する気はないようです。ベッドにまず行ってくれないし、昼寝を全くしない日も多くなってきました。

体力がついてきたのもあるのかもしれません。年齢と共にお昼寝を完全にしなくなる日も近いかもしれません。

まとめ

良いことも悪いこともありますが、とりあえず子は保育園に行き出して確実に変わりました。まだ2歳になったばかりですが、私と過ごすだけではできない経験をたくさんしながら成長しています。

最近は先生から楽しく過ごしている様子を聞くことが増えて嬉しい限りです。これからも色んな影響を受けて頼もしく成長してほしいですね!

0~6歳児向け幼児教育教材
\まずは資料請求/

モンテッソーリ保育園
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント