管理人プロフィールはこちら

子供が使いやすい日常英会話。2歳の子が話し始めた英会話フレーズ

英語教育

最近2歳の我が子がおしゃべりになってきました。

娘の英語を聞いていると、私が中学生から習い始めた英文のラインナップとはちょっと違っていることに気付きました。

私達が最初に習う有名な英文「This is a pen.」なんて普段使わないですよね。

生まれた時から英語を聞いて育ってきた娘が自ら選び、使い出したもの。普段の生活に取り入れやすい実用的なフレーズばかりです。

英語のネイティブが実際に使い出した「生きた英会話集」がここに…!

というわけで、子供に英語を話せるようになってほしいけど、どこから始めれば分からないと言う方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

幼児から使える超簡単な英会話フレーズ13選

娘はまだ2歳半にもならないので初級中の初級英会話になります。

でもこのたった10個の英文だけでも結構会話が成り立ってしまうんですよ。それではどうぞ!

No!(やだ!)

英文とは呼べないのですが、魔の2歳児には欠かせない言葉なので。これを日に何回聞くことか…。

ちなみに「Yes」の時は「Yeah」と言っています。可愛く「うん!」って日本語で言うのをいつか聞きたいものです。

Hi!(やぁ!)

これもただの英単語ですね。

挨拶の言葉として使ってます。「Hello」はまだ聞いたことないです。

Hiだけで事足りてしまっているからかもしれません。

Good!(よし!)

ちょっと良い日本語訳が思いつきませんでした…。

美味しいものを食べた時「美味しい!」の意味で使っています。

あと娘が何かダメなことをして注意すると「そんなことない!私良いことしたもん!!」みたいな意味でも使っているんですよね。

英語は複数の意味がある単語も多いです。簡単な一言でもいろんな場面で使えて便利ですね。

One more.(もう一つ。)

これは我が子の記念すべき初めての言葉です。

もう一個!もう一回!と「もっと」を要求する時に使います。

こちらも合わせてどうぞ。

3ヶ国語が飛び交う中で育った子供が言った初めての言葉

I did it!(やったよ!)

何かを成し遂げた時に良く言います。

自分で靴を履けた時、以前は怖かった滑り台から滑れた時…。私の脳内では「ママ!出来たよ!!」みたいな感じで聞こえています。

I need ~. (~欲しい。)

ちゃんと訳すと、「~が必要です」ってことなんですけど、娘は何かが欲しい時に言います。

正確には「I want ~.」が正しい気がしますけど、娘は「I need」を多用してるんですよね。言いやすいのでしょうかね。

I’m hungry.(お腹すいた。)

何か食べたい時に、お腹を抑えながら言ってきます。

お腹がいっぱいになった時「I’m full.」もたまに言いますけど、お腹がすいた時と違って、言う必要に迫られないので使う頻度は少ないようです。

I’m tired.(疲れた。)

公園で目いっぱい遊んで、そろそろ家に帰りたい時に使ってます。

娘がこれを言うたびに「それはこっちのセリフ…」と思わずにはいられません。

○○ do!(○○がする!)

○○は自分の名前、ママ、パパのどれかが入ります。

「私がするの!」と主張する時、ママかパパに「これして!」と頼む時などに使ってます。

面白いのは、他の動詞と組み合わせる時は「I」を使うのに「do」の時だけ自分の名前を言うこと。

他のフレーズは、「こういう場面ではこう言うんだな」と文を丸ごとセットで覚えているんでしょうね。

I forgot.(忘れてた。)

何か忘れてた時に使います。

大好きなぬいぐるみをベッドに置いてきてしまった時、楽しみにしていたお菓子を食べ忘れていた時など、「あ~私忘れちゃってたわ!」って感じです。

Bye guys!(みんな、バイバイ!)

これが初めて娘の口から出てきたときは「あぁネイティブなんだなぁ」と思いました。2歳の子がguysって。

保育園から帰る時、みんなにバイバーイってする時に言ってます。保育園の他の子たちが言っているんでしょうね。

Go up. Go down.(登る。下りる。)

今一軒家に住んでいるのですが、二階に上がりたい時、一階に下りたい時に言ってます。

他にも公園の遊具に登りたい時や高い所から降りたい時も同様です。

これは厳密には命令形なので、登って!下りて!と人に言っていることになるのですが、娘の場合は自分がしたい時に使ってるんですよね。正確には「I go up.」とか「I want to go up.」みたいな使い方が正しいのかと。

そこはまだきちんと話せない2歳児英語ってことですね。

Go away.(あっち行け!)

何か嫌なもの(人)を追い払いたい時に使っています。

オモチャを取られそうになったりして「どっか行け!」みたいに手で払いのけながら言ったり。

あとは雨が止んでほしい時に「Rain go away!」とかにも使っています。これはそういう英語の歌があるので、そこから覚えてきたのだと思います。

子供が使いやすいのは実用性の高い英文法

2歳児が日常で使う言葉は、シンプルで実用的です。

「これはペンだよ。」なんて言葉は、最初は覚えなくても生きていけますからね。

実際、娘が最初に使い始めた言葉は、自分の要求を伝えるために必要なものばかり。短いけど強い意志を表す言葉が多いです。

この簡単な表現に身の回りにある英単語を組み合わせれば、だいたいの要求は表現出来てしまいます。

使いやすいフレーズばかりなので日常生活にも取り入れやすいのではないでしょうか。

まとめ:子供は必要なものから覚えていく

子供は自然に自分に必要なものから選んで使い出します。聞いて、真似して、使ってみる。実践あるのみです。

子供に合った、子供ならではの学習法があるんですね。娘が話し出して、こちらも学ぶことが多いなと感じる毎日です。

おすすめの子供向けオンライン英会話。こだわり・タイプ別に徹底比較!
【バイリンガル育児】早期英語教育は必要?幼児期から英語を教えるメリットとは
英語教育
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント