私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

トラブルにならないために。海外旅行で避けるべき日本人特有の服装6選

海外旅行の豆知識

海外に住んでいると、たまに日本人観光客を見かけます。

 

私から見ると一目瞭然なのはもちろんなのですが、外国人から見ても

男性
男性

あ、あれは日本人だな

と思われやすい恰好があります。

 

それは「日本ではみんなしてて当たり前の恰好」だったり「日本人特有のオシャレ」なのですが、海外ですると浮いてしまうものもあるんです。

それって実はちょっと防犯面で危ないこともありますよね。

 

と言うことで、海外に出たら気を付けるべき日本人特有の恰好を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ハイヒールやブランド物でキメた恰好

人によって気合いの入った恰好というのはそれぞれ違うと思いますが、例えばストッキングであったりヒールの高い靴、あとブランド物のバッグとかがそれにあたりますね。

 

他にもカッチリ系のジャケットとかもそうですが、とにかくあまりバッチリ決め過ぎる恰好は避けた方が良いです。

 

外国人は力を抜いたシンプルでラフな恰好を好みます。

特に旅行中だと。

 

あまり決め過ぎてると確実に浮きます。

行く場所にも寄りますが、旅行中はたくさん歩きますし、トラブルを避けるためにもブランド物のバッグを持ち歩くのは気を付けましょう。

 

ミニスカートや露出の多い服装

これも場所に寄りますが、避けた方が無難ですね。

 

変な男を寄せ付ける原因になるのはもちろん、軽い女に見られてしまいます。

イスラム圏では、モスクに入れなかったりもします。

 

あまり露出の多い恰好は控えましょう。

 

リボンやフリルのカワイイ服装

アジアの国以外では大人の女性がリボンやフリルを身に着けているのは見たことがないです。

 

日本ではカワイイ文化が根付いていますから結構そういう格好の人を見ますし、服も普通に売られています。

 

アジアの近隣諸国では日本文化の影響からかそういう人達を見ることがありますが、欧米では主に子供がする恰好というか、大人がしていたら子供っぽく見られてしまいます。

ヒラヒラした服は日本人特有だと覚えておきましょう。

 

余談ですが、日本では人気のシュシュは海外ではダサい(古い)のでご注意下さい。

 

英語のプリントがある服

日本に観光に来た外国人が日本語が入ったTシャツを着ていて、二度見したことないですか?

「なんじゃこれ!?」っていう言葉が入ったものでも知らないと分からないもの。

 

同じように日本人が意味も分からないまま英語の入った服を着ていて「うわー」ってなることがあります。

 

分かっていて着る分には問題ないですが、そうでないなら避けましょう。

クスクス笑われたら悲しいですから。

 

どこに行くにもがっちりメイク

日本で外出するときは私も必ずメイクをしていたので気持ちは分かります。

 

でも海外ではレストランやパーティに行くときはちゃんとメイクをしますが、自然のたくさんある所へ行くときやプールや海に行くときにがっつりメイクをしている人はいません。

出来れば最低限のメイクに留めましょう。

 

以前プールに来たのに、自撮り棒で写真を撮るだけ撮ってさっさと出ていったカップルを見ました。

2人が去った後、周りが「あれはいったい何だったんだ…?」みたいな目で見ていて、こっちが恥ずかしくなってしまいました。

インスタ映えもほどほどに…。

海外では手に入らない!日本で買っていくべきコスメ化粧品10選

 

マスクをする

日本では驚くほどみんなマスクをしていますが、海外では逆に誰一人としてマスクをしていません。

 

マスクをしていると何かヤバい病気にでもなっていると思われかねないくらい浮きます。

そしてそれが「日本人」としてのアイコンにもなります。

 

海外ではマスクはしないようにしましょう。

 

まとめ:シンプルで動きやすい服装が一番

せっかくの旅行だからこそ写真も残るしオシャレをしたいものですが、結局シンプルが一番なんです。

 

オシャレをするならステキなレストランやバーに行くときにして、普段の観光ではぜひ動きやすい恰好を意識して楽しい旅行にしたいですね!

海外で中国人に間違われた…中国人に間違われやすい人の特徴とは?
【口コミ】海外対応のおすすめヘアドライヤー。ナノケアで髪のパサつき対策!

コメント