私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

子供の可愛い写真を撮るのに最適なカメラ「富士フィルム X-T20」レビュー

海外で子育て

先日、カメラを買いました。

夫が絶対これ!と選んで買ったものなのですが、私のようなド素人でも簡単に子供のステキな写真が撮れる良いカメラだったので普通の主婦目線でレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

購入したカメラ

購入したのはこちら。

ちょっとお値段が高いカメラを買う必要性

まず夫がなんだか高いガジェットを買いたいと言い出した時、主婦の方なら誰もが一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?

私

それって本当に必要なの?

さっぱり良さが分からなくて「別になくても良いんじゃないの?」とか「もっと安いのでも良いんじゃないの?」って思うこと。今回のカメラは私にとってまさにそれでした。

そりゃ子供の成長の記録を美しく残したいっていうのは私も同じです。でもカメラは持っているし、なんでわざわざまた買い直すのかとても疑問で。

そして普通に高い!カメラに詳しい人からしたら安いほうかもしれないけど、我が家の基準ではそんなに気軽に買える値段ではなく…。

でも夫がどうしてもこれが欲しいというので、折れて買うことになったのです。結果、奮発して大正解でした。

このカメラの良さ

実際このカメラをド素人の私が使ってみた感想です。

操作が感覚的で分かりやすい

まず一番の特徴としては、操作が分かりやすくオート設定で素敵な写真が撮れちゃうこと。もちろん夫のように中身が分かっている人であればマニュアル設定で色々と細かな調整も可能です。

私は全然カメラに詳しくないので、操作が分かりやすいものでオート設定で簡単に撮れないと扱えません。それは夫も分かっていてオートでも綺麗に撮れて操作が簡単なのを探したのだそうです。

タッチパネル式でピントを合わせたいところをタッチするだけで写真が撮れます。簡単すぎる…。

ボケ幅の深いとても綺麗な写真が撮れる

夫が結構重視していたのがこれ。ピントが綺麗に被写体に合って周りが綺麗にボケること。被写体(我が家の場合は主に子供)がとても際立ちます。

服の毛羽立ち、花の産毛までくっきり。

被写体はくっきりしつつ周りがたくさんボケるとプロっぽい写真が撮れますね。あまりボカしたくないときはもちろん設定でボケ幅を調整することも出来ます。

大きなサイズ(4K)のムービーが撮れる

これからは4Kの時代。4Kとはサイズの大きさです。HDとかフルHDってテレビでありますよね。それのさらに大きいサイズです。

将来4Kが当たり前になったときやむしろそれ以上になるかもしれないことを考えると、今からこのサイズで撮っておくと良いのです。

昔の携帯とかで撮った写真とか今見ると画像が荒くて小さいですよね。それと同じです。今しか撮れない子の成長を将来テレビでくっきり観れると信じて、今はせっせと撮り貯めたいと思います。

レトロな可愛いデザイン

最初にカメラの画像を見せられた時思ったんです。

私

あれ?こんな感じのカメラ昔父親が持ってたな…。

最新式だけど見た目はレトロなフィルムの頃のデザインをしているんですね。色はブラックとシルバーがあるのですが、我が家はよりレトロっぽいデザインのシルバーにしました。

これのちょっと上のさらに高いモデルではシルバーにするとブラックよりもさらにお値段が少し上がるみたいです。私達のモデルはどちらを選んでも同じ価格でした。

ド素人の私が使ってみた感想

オート設定のみで撮っていてもかなり良い写真が撮れます。室内撮りもバッチリですよ。私と同じようにカメラに詳しくない女性でも使いこなせる証拠です。

今まで使ってたのが大きなニコンの一眼デジカメだったのですが、それだと持ち運ぶのに重かったんですよね。それが小振りになって軽くなったのも私的には◎。

前の一眼レフを使っていた時と一番変わったのが、ファインダーを覗かなくなったこと。タッチパネルをタッチして写真を撮る方法が楽すぎて多用しています。画面見て撮ったほうが携帯で撮り慣れてる人にはやり易いと思います。

と言うことで、10万円以上の出費は痛かったけど、これから大事に使って子供の成長を記録していきたいと思います!

まとめ:素人さんにこそおすすめです

カメラを知っている人からしたら、なんじゃこのレビューは!と怒られそうですが、オート設定でしか撮れないカメラの素人の感想は、一般の大多数の人のと大体同じだと思うんですよね。なので大目に見て下さい。

ちょっと良いカメラで、簡単にステキな子供の写真が撮りたいと考えている方はこの富士フィルム X-T20をぜひ。おすすめです!

コメント