私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

自宅でネットショップを開業したいけど個人情報の公開を避けたいときの対処法

海外でお小遣い稼ぎ
私

自分のネットショップを立ち上げるぞ!

と、意気込んでいた私。

 

色々と調べた結果、とりあえず1番お手軽そうな BASE で開業してみることにしたんです。

専業主婦や海外在住でも出来る!知識ゼロからネットショップを立ち上げるまで

 

…が、さっそく壁にぶち当たりました。

 

その壁とは「特定商取引法に基づく表記」

簡単に言うと、「ネットショップを開きたいなら自分の名前と住所を公開しなくてはいけない」ってこと。

 

私

しかも私は海外在住で、さらに面倒なことになりまして…(汗)

 

と言うことで、本記事では

・特定商取引法に基づく表記について
・住所を公開したくない場合の対処法
・名前と住所を公開しなくて済むネットショップサービス

について書いています。

 

これからネットショップを立ち上げようかなと考えている方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

「特定商取引法に基づく表記」って何?

まずこの特定商取引法についてなのですが、

「特定商取引法」とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

とのことで、 BASE では記入必須になっています。

 

書かなければいけないのは、

  • 事業者名
  • 所在地連絡
  • 先販売価格・送料
  • その他消費者の負担する金額
  • 代金の支払方法
  • 代金の支払時期
  • 商品の引渡時期
  • 返品の特約事項

と、たくさんあります。

 

私

うぅ…何だかとっても難しそうです。。

 

氏名・住所・電話番号をネットに晒すことへの抵抗感

私を含め個人でネットショップを開業しようとしてつまづくのは、この事業者名所在地連絡の項目ではないでしょうか?

 

特に自宅で細々とネットショップやってみようかな~なんて考えている私のような主婦や、会社員で働く傍ら副業始めてみようかななんて思っている人には厄介。

 

女性
女性

え?名前と自宅の住所と電話番号をネットに公開しないといけないの…?

と、思ってしまうのは仕方がないですよね。

 

でも消費者の立場から考えれば当たり前ではあるんです。

どこの誰から商品買うのか分かった方が安心ですよね。

私も一消費者ですからそこは重々承知してますし、特定商取引法は消費者を守る法律なわけなので…。

 

別に悪いことしようとしてるわけではないので、堂々とすれば良いというのはすごく正論です。

でも実際やろうとしてみると、それが意外なほどの大きな抵抗感で…。

自宅の住所と電話番号ネットに流して大丈夫なのかしら…?っていう。

 

でもネットで自分のお店を開くなら絶対必要なんですって。

私

人様に物を買っていただくわけなので、嫌だなぁなんて言ってられないんですよね…

 

海外在住者がBASEでネットショップをしたい場合

私は今海外在住です。

今後も日本に住む可能性は低いです。

 

そんな私の場合、もし BASE を使ってネットショップを開きたいなら日本に住んでいる人を代表者に立てる必要があります。

自分の住所と名前を公開どころか人の名前を使わせていただかないといけません。

 

私

1人で完結出来ないなんて…予想外。。

 

名前と住所を公開しないで済むネットショップサービス

最悪、実家の住所と母親の名前でも借りるかな…と諦めムードになっていたのですが、なんと住所名前をネットに公開することなく販売出来るサイトを見つけました!

 

それがこの minne

 

登録には情報が必要ですが、ネットに公開されることはありません。

私

これなら気軽に出来そうですね

 

初めてネットショップを開くならminneが手軽

ということで、最初は minne で色々とやってみたいと思います。

 

私が BASE で開業したいなと思った理由は2つありました。

・独自ドメインが適応出来る
・サイトのデザインがシンプルで好みだった

 

もし住所名前の公開に問題がなければ BASE で始めるのも良いでしょう。

でもそれには抵抗があったり、私のように海外在住で協力者が必要…みたいな場合は、まずは minne でネットショップの体験をしてみるのがお手軽です。

 

BASEで名前と住所を非公開にする方法

名前の公開は大丈夫だけど住所や電話番号の公開に抵抗がある方には、いくつか回避する方法がありますのでご紹介します。

 

バーチャルオフィスを利用する

SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィスというものがあります。

月々お金を払って住所を借りて、そこの住所をネットショップに記載するという方法です。

 

お金はかかりますが、自宅の住所を公開したくない場合はこんな手もあることを覚えておくと良いと思います。

 

転送電話サービスを利用する

電話も同じように 転送電話 を利用すれば、自分の電話番号を公開する必要はありません。

駆け出しの時の出費はなるべく避けたいですが、ビジネスを始めるにはある程度の出費も必要です。

私

こういうサービスを活用する手もあるということを覚えておきましょう

 

記載を画像でする

自分の名前と住所をネットに公開する覚悟は出来たけど、あんまり広まって欲しくないな…って方には、画像にするという手があります。

テキストだと検索に引っかかりますが、画像なら名前や住所で検索されても出てこないのです。

 

画面を見れば、お客さんはきちんと読めます。

完全な非公開にはならないけど、少し安心感はありますよね。

 

私

ちなみに BASE では出来ません…無念

 

まとめ:特商法を乗り越えて夢のネットショップを立ち上げよう

自分のネットショップを開業する!と張り切ってみたものの、こんな基本的なことも知らなかった私。

本当に完璧なド素人でございます。

 

調べてみているうちに、「あ、返品とかクレームが来たらどうすれば…」とか色々な不安も出てきました。

でも諦めずに、ステキなネットショップを開店させたい!という目標を叶えるためにコツコツ頑張っていこうと思います。

コメント