ネットショップ

専業主婦や海外在住でも出来る!知識ゼロからのネットショップの作り方

ネットショップの作り方

私は海外在住の専業主婦です。子供は2人います。

まだ子供が小さいので働きには出ておらず、家で子供の世話と家事に追われる毎日。

でも

Tomo

何かやりたいなぁ…

と、家にいても出来る副業はないか調べていました。

そして調べた中で、挑戦することに決めたのが「自分のネットショップを立ち上げる」こと。

そこで本記事では、実際にネットショップを立ち上げた経験を元にネットショップを開くまでの手順とおすすめサービスをご紹介します。

Tomo

私と同じような海外在住者や専業主婦で、ネットショップを立ち上げたいなと思っている方の参考になればうれしいです

ネットショップを立ち上げるまでの手順

まず自分のネットショップを立ち上げるまでの工程ですが、ざっくり言うと

Tomo

1つ1つ順番に解説していきますね

何を売るか決める

何か売りたいものが最初からある人はラッキーですが、多くの人はここですごく悩むんじゃないでしょうか?

Tomo

私もここが決まるまでしばらくかかりました

まず最初に決めるべきは、ハンドメイドやデジタルデータなど自分で作ったもの売るのか、在庫を仕入れてそれを販売するのか。

私は自分で作ったものを売りたいという気持ちがあったので、あとは何を作るかでした。

結局、主に海外在住者に向けた子ども達の日本語教育用の知育や名入れができる日本語ポスターを作ることにしました。

他に私の周りの例では

  • ジュエリー(ピアス、ブレスレットなど)
  • 陶器(カップ、お皿など)
  • ロウソク
  • 石鹸

などを売っている人がいます。

その他のアイデアとして、海外在住者なら自分が住んでいる国で買えるものを日本に向けて売ることも可能ですよね。

Tomo

何を売るか悩んで決められない!という方はご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さいね

お店のコンセプトを決める

お店のコンセプトといっても難しく考える必要はありません。「誰にどのような価値を、どのような形で提供するのか」を決めるのです。

私なら「世界中の日本語学習者が一律送料750円で購入できるシンプルデザインの日本語ポスターを販売する」がコンセプト。

例えば、一言にジュエリーといっても「金属アレルギーのある人でも付けられるレトロなデザインのピアスを販売する」と「子持ちママが気軽に付けられるシンプルなデザインのピアスを販売する」では売るものが違ってくるでしょう。

Tomo

特に「誰に」買ってもらいたいかを明確にすると良いですよ

どのサービスでお店を作るか決める

さて、売るものが決まったら次に決めるのは、どのサービスでお店を作るか。

ネットショップを立ち上げるためのサービスはいくつかあり、特徴も様々。

パッと上げただけでもこんなに!

Tomo

私はShopifyでお店を作っていますが、月額29USD(約3,200円)ほどかかります。その代わり多機能で使いやすくデザインも気に入っています

最初は無料で試してみたいな…という人におすすめなのはSquare。Shopifyに負けず劣らず多機能なのに、振込手数料や月額利用料を含め固定費は一切かかりません。

それぞれのサービスをもっと詳しく知りたい方は「ネットショップを立ち上げるならこのサービスを使え!特徴を徹底解説」をご覧下さい。

アカウントを作ってお店を立ち上げる

どのサービスを使うか決めたらあとは行動あるのみ!

アカウントを作れば、あなたの夢のネットショップはすぐそこです。

Tomo

自分のお店を持つなんてすごく大変なイメージですが、やってみたらあっさりとても簡単です

ショップに商品情報などのページを作る

ここまでくればあとは商品の登録や配送についてなどお店のページを充実させていきましょう。

商品写真を撮ったり文章を考えたりとやることはいろいろありますが、自分のお店を作るのは楽しいものです。

販売開始!

設定が終われば、開店です。

Tomo

これであなたはネットショップのオーナー。お友達に教えたりSNSで宣伝したりしてお店を盛り上げていきましょう!

まとめ:あなたもすぐにネットショップオーナーになろう!

ネットショップのオーナー(響きがカッコいい)という夢って、案外簡単に叶うんですね。

私の場合は自分の作品をこんなに簡単に世界中の人達に販売することができて、本当に良い時代になったと思います。

どこに住んでいてもその地元の名産を売ったりできますし、可能性は無限大です。

あなたもネットショップに興味があるなら、私と一緒に始めてみませんか?

ABOUT ME
Tomo
海外生活10年目の40代主婦。 6歳と2歳を育てながらコンテンツ制作や情報発信してます。