育児疲れでからだがボロボロ。授乳は24時間マラソン

⇩シェアする

疲れて整体に行ったりしたわけですが、根本的なだるさは抜けず…。

産後の体の痛みとゆがみ。初めて整体に行ってみた
産後の体の回復が思わしくありません。もしくは産後の体は元に戻ったのかもしれないですが、その後の育児疲れで体がいつも痛くてだるいんです。産後は...

なんでこんなに疲れているのか…原因がなんなのかと調べてみたら授乳ではなかろうかというところにたどり着きました。

ということで、まとめてみました。

スポンサーリンク

授乳は持久走と同じ

毎日毎日3,4時間毎の授乳。

赤ちゃんはこちらがいくら「疲れた、休憩したい」と言っても待ってくれません。相手も必死ですからね。

それを何ヶ月と昼夜問わず続けるのだから疲れるのは当たり前。

私は最初混合で今は母乳のみなんですが、乳を吸われているとなんだか私のエネルギーがどんどん吸い取られていくような感じすらします。

朝は寝た直後で乳も張っているから余裕ですが、夜寝る前になると子も夜中に備えて蓄えようとしているかのようにずーっと吸ってきます。(単にあまり出てないからかもしれませんが。)

授乳が一段落する夜には、「今日も体のエネルギーを吸い尽くされた…」と燃え尽きたようにぐったりします。

ずっと同じポーズ

それだけ一日に何度もする授乳ですが、姿勢は大事ですね。

約20分同じポーズをとり続けなければいけないし、子が飲み辛いのではないかと気も使います。

変なポーズがクセになると肩も首も痛くなり、腰痛にもなります。

私はこれを使うようになってだいぶ楽になりました。

他にも買って良かったおすすめ商品はこちらです。

結局最後は買ってよかったと思ったおすすめ育児用品
我が家はなるべく物を増やしたくない派なんですが、赤ちゃんがくるとなると様々なものを揃えねばなりませんよね。 最低限に抑えて買ったつもりです...

…ただ最近尾てい骨が痛いんですよね。一体どうしたら良いんでしょうか。。。

夜間の授乳で睡眠不足

やはり夜通し寝れない細切れ睡眠は、原因の1つだと思います。

ぶっ続けで6時間と3時間×2回での6時間では同じ6時間でも回復力が全然違うと思うんですよね。

たまにやっと寝たと思っても1時間もせずに起こされたりして自分のペースが常に崩された状態。これは普通に考えても辛いですよ。

そしてそれでも6時間寝られれば良いですが、そうでない日も多々あります。

これも何ヶ月とこんな状態が続けばそりゃ疲れやすくなって免疫力が下がるのも当然かと思います。

ホルモンバランス

産後のからだは半年かけて元に戻るらしいですが、その過程でホルモンのバランスも劇的に変わっていきます。

ホルモンバランスの変化や乱れは体調に大きく関わってくるので、それも疲れやすい原因の1つだそうです。

人によっては風邪をひきやすくなったりする人もいるとか。

私は生理前は必ず出来た口内炎が復活しました。妊娠中は無縁だったんですけどね…残念です。

まとめ

私は今産後4ヶ月とちょっと経ったところなんですが、ここにきて今までの疲れがどっと出てきているように感じます。

母乳を吸われたあとの倦怠感には個人差はあるかもしれないですが、多かれ少なかれみんな疲れは感じているんじゃないかと思います。

今までしたことなかった授乳という行為を産後の辛いからだでこなさねばならないのはキツイですね。

世の中のママはほぼ全員これをやってるわけですからもっとリスペクトされるべき!と思います。

いつか懐かしむときがくるでしょうが、今はただただ「早く終わってくれ!」と願いながら乳をあげている私。ただそれが終わったと思ったら、今度は一日中歩く子を追っかけまわす日が待っているんですよね。

育児は体力勝負とは聞いていましたが、本当にそうだなと実感する毎日です。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ