2台目ベビーカーにはレカロ イージーライフがおすすめ。メリットデメリットなど使用感まとめ

⇩シェアする

一ヶ月ほど前に新たなベビーカーを購入し、乗り換えました。

次なる相棒は、レカロ イージーライフ。色はこのグラファイトという名のグレーのものです。

私の生活もイージー(簡単)になると良いなとの願いを込めて。いや、後付けですけどね。とりあえず1ヶ月間使ったので、使用感などレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

レカロ イージーライフの特徴

まず簡単に商品の説明を。

会社は航空機シートや自動車シート、チャイルドシートなどを作っている所だそうです。ドイツの会社です。

使用年齢は6ヶ月頃(ひとりすわりができる)から3才くらい(15kg以下)まで。我が子は10ヶ月のときに乗り換えとなりました。収まりはとても良い感じですよ。

2014年度のグッドデザイン賞を受賞したそうで、スタイリッシュなデザインとなっております。色も種類があって素敵ですね。

そして最大の特徴と言っても良いのが、とてもコンパクトに折り畳むことが出来るところ。折り畳んだサイズは590(H)×480(W)×260(D)mm。車のトランクに入れておいても場所を取らない大きさです。

折り畳んで自立するのも◎。良くあるアンブレラストローラーは折り畳んでも単に長細くなって自立しませんが、これは四角くコンパクトになるんですよ。こんな風に。

91xlo2aiinl-_sl1500_

(引用:amazonより)

移動が多い我が家では小さく折り畳めるというのは購入のポイントでした。

使用した感想

さて。気になる使用感ですが、とりあえず概ね満足です。詳しくまとめます。

良いところ

①軽さと操作性の良さ

以前使っていたベビーカーはがっしり頑丈なものだったので安定感はあったのですが重かったんですね。でもこれはやはり軽い!子が重くなってきたのでベビーカーと共に持ち上げるなんて到底できなかったのですが、これなら私一人でも持ち上げられました。ちょっとの階段なら持って運べます。

そして、押すとスッと動いてすごくスムーズです。片手で簡単に操作出来て小回りも効きますね。

②コンパクト収納

やはりこのベビーカーの特徴であるこれは外せません。すごく小さくなります。移動には持って来いです。そして狭い家にも持って来い(悲)

場所を取らないのはとても助かります。年末日本に帰省するのでその時にも活躍してくれるでしょう。

③簡単開閉

あとは開閉がとても簡単。ハンドル部分に付いているをスイッチをスライドさせながらハンドルを回転させるとそれに従って本体が畳まれていく構造です。開くときは、私はまずハンドル部分を上へと持ち上げて、最後に車輪横のバーを足に引っ掛けつつカチッと音がするまで引っ張ります。2,3回練習すればすぐに出来るようになると思います。

④リクライニング

我が家はお散歩に出てベビーカーの中でお昼寝してもらうことが多いのですが、これはリクライニング出来るので寝たら、そっとシートの背を倒してあげてます。後ろに紐がついてるのでそこで調整します。音も出ないので気付かれることもないですよ。

⑤デザインが素敵

やっぱり見た目は大事です。他のアンブレラストローラーと比べてスッキリしたデザインだなと思いますし、フレームも黒で統一されてて素敵です。あと形がスリムなので結構細い場所も通り抜けることが出来ます。

そして日差しから守るルーフとシートは色が付いてます。沢山の色がで出てるので好みによって選べますね。私はあまり鮮やかな強い色が好きではないのでグレーです。

⑥ルーフに窓

これ結構私にとっては重要です。ルーフを下してるときに子の様子が見れないとちょっと心配なので、いつでもめくって確認できるのが良いです。ちなみにこのルーフ、ウォータープルーフとサンプロテクト付きだそうですよ。

悪いところ

①収納が小さい

やはり本体がシンプルでスリムなだけあって収納スペースは限られます。でもアンブレラストローラーにそこまで荷物を載せることはないので良いかなと思っていますが、ベビーカーに大きな収納が必須な方は注意した方が良いでしょう。

私はハンドル部分にバッグを装着してそこにすぐに取り出したい物を入れるので特に問題はないです。

②新生児期からは使えない

使用年齢は6ヶ月頃(ひとりすわりができる)からとなっていますから、初期からは使えません。ひとりすわりをする前はベビーカーを使わないのであれば良いのですが、最初の頃から使いたい場合は、違うものを使ってからの乗り換えになりますね。私もこれは2台目になります。

ベビーカーは一台を最初から使い倒したい場合は候補から外れることになりますね。

③ルーフで体全部は隠れない

今のところ冬にしか使ってないので問題はないのですが、夏の日除けをどうするかなと思っています。頭はもちろんバッチリ隠れますが、足は出ちゃいますね。アンブレラストローラーにそこまで期待するのは酷なのかもしれません。

別売りのガードを付ければ、そこにスワドルなどを引っ掛けて日除け出来るのですが…私は持ってないので。最初から付いてれば良いのですけどねぇ、ガード。

④しばらく使うと車輪が引っかかるように

これはお知らせしておかねばなりません。

一ヶ月晴れの日も雨の日もほぼ毎日使用していたのですが、そしたら前側の車輪が引っかかるようになりました。なんか行きたい方向に思ったように進まず抵抗感が…。初期はすごくスムーズにクルクル動いてたので、特に気になるようになりました。

前輪は取り外しが簡単なので夫に見てもらったところ、ちょっと掃除して油をさしてもらったら直りました。定期的にメンテナンスしてもらう必要があるかもしれません。

ちなみに雨の日はレインカバーが必須ですね。私の住んでいる地域は特に雨が多いので…。専用のものが出ています。

番外編

なんか日本のイージーライフは日本専用モデルみたいですね。ということは、私が買ったものは日本で売られているのとは少し違うということですね。

見た目はほとんど一緒なのでどこが違うのだろう…と思ったのですが、良くアマゾンの写真と見比べてみると、足を置くバーの辺りと前輪の形がちょっと違いますね。日本のものは足を置くバーにルーフの色と同じ色でストライプも付いてますが、私が持っているものはそれがないです。日本の方が素敵なディティール…さすが日本。

あとはこちらではマグホルダーをベビーカーに付けていて飲み物片手にお散歩するのが主流なのですが、そのせいか最初からマグホルダーが付属しています。日本のものにはあるんですかね?写真を見たところ無さそうな…。

私的にはマグホルダーよりもガード付けといてよ…と思ったのですが、お国柄でしょうか。

それと私は以前持っていたベビーカーに比べて軽さと折り畳みの簡単さ、コンパクトさにビックリしたのですが、日本の方のアマゾンレビューを見ると日本にはもっともっと軽いものや簡単に折り畳めるものがあるみたいですね。恐るべし。私はこれで大満足ですけど、上には上がいるということですかね。

以前のベビーカーもすごく好きだったし良かったですけどね。成長につれて優先順位が変わったんですね。レビュー書いてます。

クイニー(Quinny)のベビーカーの使い心地は?メリットデメリットまとめ
私の初ベビーカーはクイニーバズ(Quinny BUZZ)でした。 日本で使っている人は少ないでしょうか?でも売ってはいるようなので、買おう...

それからこちらには蚊はあまりいないので必要ないですが、日本ではモスキートネットもいるかもしれませんね。専用のものが出てます。

まとめ

31293631066_88fffac2c3_z

北米モデルです。

日本で使っている人達にも評判は良いようですね。こちらではトイザらスでの売り上げNo.2なほどの人気商品です。

レカロ イージーライフ。もし購入を迷っているなら、買い!ですね。ぜひお勧めしたい商品です。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ