英語が全く出来なかった私が外国人と話せるようになって知った7つのこと

⇩シェアする

海外生活も5年目になった私。最初は全く英語が話せない状態で海外に飛び出したのがなつかしいです。

一歩踏み出せないあなたへ。少しの勇気で人生は変わる!私が海外に出ると決めたときの話
毎日毎日同じことの繰り返しで退屈していませんか? 何か面白いことないかな~なんて思って待っていても、面白いことは向こうからやってきてはくれ...

ですが、さすがに思いがけず国際結婚もしてしまったし、外での生活も長くなればある程度は話せるようになりました。

英語がまったく出来なかった私が国際結婚するまでに!英語のお勧め勉強法5選
私が日本を出たのは29歳のとき。それまでは留学をすることも外国人の友達がいたこともなく、まったく外国に縁がありませんでした。それがほとんど英...

海外に住み日本人以外の人と接するのが当たり前となった今、昔イメージしていたことや思っていたこととはちょっと違うな~と思うことがあります。初めて知ったこともたくさんありました。

今回はそんな外国人と話せるようになって初めて知ったことを5つ挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

外国人と話せるようになって知ったこと

国が違っても話している内容は結局同じようなことである

英語で楽しく談笑している人たちを見ると、何話してるんだろうって気になってました。

漠然と英語を話せる=なんかカッコいいみたいに思っていたので、話している内容もなんかカッコ良いことだったりステキなことだったりするような気がしてたんです。

そして色んな国のいろんな人種と話すようになり思ったことは、「言葉は違うけど話している内容も大したことがないものが大半である」でした。

結局相手もただの人なわけです。だから金髪青い目のステキな男性が楽しそうに話しているのは、実は「昨日二日酔いで家でずっと寝てたよ、ははは」とかだったり、スタイル抜群のエキゾチックな女性が話しているのは「スーパーでコカ・コーラが安かったから箱買いしちゃった!」だったり。普段私達がしている何気ない会話と全く変わらないのです。

まぁ至極当たり前のことなんですけどね。その当たり前のことを昔の私はちゃんと想像できていなかったんですね。なんかアイドルはトイレに行かないみたいな憧れのようなものでしょうか。違うか。

日本ではあまり話さないお金や政治、宗教についてよく話す

外国人の友達が出来て普段日本人の友達とは話題にならないことも話すようになりました。

人種によっても傾向があって(まぁそれも人によるので絶対そうとは言えないのですが)インド人は結構ストレートにお金の話をします。給料のこととか。真顔で真面目に話すので面食らいました。

政治については、例えば北米の人たちはSNSで普通に選挙の話とかバンバンします。自分の指示する人を書いて熱く語っていたり、選挙に行こうと呼びかけたり。今日投票したよ!って投稿もたくさん見ました。皆この人に入れようぜ!と鼓舞しているものも。一大イベントです。それが若い人にもたくさん見られたので、日本とは違うなぁと思ったのでした。

宗教についても、世界にはこんなに当たり前に宗教が存在するんだなと驚きました。イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などなど…人々の生活がそれを中心に回っていると言っても良いくらいです。

日本に住んでいた頃は、「宗教=なんかヤバイ感じ」みたいなイメージでいたのですが、本当の宗教ってこういうことなんだなと、海外に住み外国人と話すようになって肌で感じたことの一つです。

学校で習っていた英語は会話をするにはあまり役に立たない

今は変わってきているのかもしれませんが、私が学校で英語を習っていたのはもう20年近くも前…。

その当時やってたことはベースにはなっているのでもちろん勉強して良かったとは思いますが、英会話をするにはあまり役に立たなかったなと思っています。

やはり会話を実践しないと文法を知っているだけでは言葉が出てきません。日本の英語教育に圧倒的に足りなかったことだと今は分かります。

最初に海外に出て英語を話さねばならなくなったとき、向こうが言っていることは何となくわかるのに、自分が言いたいことが全く言えなくてとても歯がゆい思いをしました。たぶん多くの日本人が経験することではないかと。

英語の勉強と英会話はこんなにも違うんだなと実感しました。

英語が出来ても文化の壁で内容が分からないことはたくさんある

英語で人と話すとき、一番難しいのは何だと思いますか?

私は日常会話だと思っています。ビジネス英語というととても難しい印象なのですが、本当にフォーマルな場所での会話は別として、私にとっては普通に仕事する分には日常会話より簡単です。なぜなら相手が言うことが何となく想像がつくからです。仕事についてのことしか大体話題になりませんから。

でもみんなでどこか食事に行って会話をすると、難しさはいきなり跳ね上がります。内容がものすごくランダムになるからです。いきなり良く知らない歌手のこととか本の話されたりしても、「え?今何の話してるの?」となってしまうことも多々。

他にも例えば何かの名前を言われてもそれが地名なのか、人なのか、はたまたお菓子の名前なのかもう見当がつかなかったりして、あとでゆっくり個別に聞き直しても地元の人しか知りえないことだったりすると「そんなもん分かるわけないわ!」となるわけです。

これがバーで飲んでるときだったりすると、そこに大音量の音楽と人々の雑音でかき消されてさらに難易度が上がります。一対一だとそれでも何とかなりますが、グループになると会話についていくのがやっとで自分から会話に入って発言するのは至難の業。

ちなみに電話も相手の顔が見えないので難しくて苦手です。海外に数年住めば日本語のように英語を操れるようになるのかなと思っていたのですが、全くもって出来ません。

こればっかりはネイティブではないので一生こんな感じなのかも…と思ったりしています。

頭の中で英語と日本語が切り替えられる感覚

一生英語を日本語のように話せるようにはならないかなと半ば諦めムードな私なのですが、それでも一応英語を話せるようになって、自分の国の言葉以外を話すってどういう感じなのかは分かりました。

とりあえず私の場合は、良く使う言葉はいちいち日本語から英語に訳して発言しません。英語が最初に出てきます。たまに「あれ?これは日本語では何て言うんだろう…」と英語でしか分からない単語もあります。

夫の言葉を両親に伝えるときなどに通訳するのですが、そんな時も英語と日本語を交互に使うので頭が混乱して何も言葉が出てこなかったり。日本語を話したい時に英語が先に出てきて、英語を話すときに日本語が出てきて…変な感覚です。スイッチのようなものがあるのを感じます。これってバイリンガルとかだとまた違ったりするのでしょうかね。我が子が育ったら聞いてみたいと思います。

日本に帰った時も人にぶつかって、すみませんが言えず咄嗟に「ソーリー」なんて言って恥ずかしい思いをしたり、会話がルー大柴みたいになったりすることも。日本では「海外かぶれしやがって」と思われないようにと本当に気を付けるのですが、毎回1,2回は失敗してしまいます。

でもこういう感覚は昔は知らなかったので知れて良かったと思います。単純に面白いです。夢も英語になったり日本語だったりします。これが数か国語出来る人だとどうなるんでしょうね。

英語の中にも種類がある

一言に日本語と言っても東京の標準語と大阪弁は全然違いますよね。

英語も同じでアメリカ英語とイギリス英語は違います。アクセントも違うし、物の呼び方も違ったりするので、アメリカ英語に慣れているとイギリスの人の言葉は聞き取りづらかったりします。もちろん逆もあります。

北米からオーストラリアに移って、やはりアクセントのクセが違うので自分の英語が後退した気分です。

さらにインド人が話す英語やフランス人が話す英語は、私にとっては彼らの母国語のアクセントが強すぎてかなり難解ですし、一言で英語と言っても全然違うなと感じています。

以前はそんな違いすら全く分からなかったので、それが分かるようになったのは進歩かなと思っています。

スラングを知ることは大事である

スラングとは日常会話で普段ネイティブの人たちが多用する言葉だけど、ちゃんとした文法ではない言葉です。なんていうか、英語の教科書には載らない言葉というか。

日本語で言えば「~じゃん」とか「マジで」とかですかね。砕けた日本語は普段たくさん使うけど国語の教科書にはないのと同じかと。

スラングはネイティブと日常会話をしながら覚えていくわけですが、それを知っているのと知らないのとでは理解度が雲泥の差です。私達も普段いつも「~です」「~ます」できちんとしゃべらないので日本語を学んでいる外国人は困ったりするんじゃないかなと想像出来ますね。

まとめ

外国人の友達もたくさん出来て異文化の人と会話をする楽しさを知り、世界が…というか自分の視野が少しは広がったかなと思います。

英語は実践が大事!ということで、ちょっと興味を持った方は体験レッスンに挑戦してみませんか?無料だからぜひお試しで。

オンラインレッスンの「レアジョブ英会話」

相手が男性だと恥ずかしくて不安…という女性には女性専用の英会話もあります。もちろん無料体験レッスンが受けられます。

高品質な英会話をワンコインで。【WOMANオンライン英会話】

ネイティブには一生かかってもなれませんが、もっと自由に会話が出来るようにこれからも頑張っていこうと思います。

スポンサーリンク

⇩シェアする

⇩フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ