私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

国内ワーキングホリデーって?海外へ行けないならまずは国内から始めよう

海外で暮らす

あなたは国内ワーキングホリデーをご存知ですか?

 

私は知らなかったので

私

え?別に国内で働くのにビザなんていらないし何それ??

って感じでした。

 

でもちょっと詳しく調べてみると、とても良く出来たシステム。

ワーホリの利用を検討している方にぜひ知ってもらいたいなと思ったので、ご紹介します。

 

 

かく言う私もワーホリ経験者。

その後、国際結婚をしてそのまま海外に留まり8年以上になります。

 

こうなった今思うのは、ワーホリがなければ私の人生は全く違ったものになっていただろうな…ということ。

私はワーホリで人生が変わったと言っても過言ではないのです。

 

もしあなたがワーキングホリデーに行きたいけど、

  • 資金が用意できず行く予定が立たない
  • 英語力が心配で最初の1歩を踏み出せない

のであれば、ぜひ読み進めて頂きたいです。

 

本記事が、あなたの人生を変えるかもしれない「ワーキングホリデー」に行くきっかけになったら嬉しいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内ワーキングホリデーって何?

まず、国内ワーキングホリデーってなんのことでしょう。

 

国内観光地で住み込みで働くリゾートバイト(略してリゾバ)ってありますよね。

観光地で働きながら異文化を体験して、仲間も出来てこれぞ青春!って感じの若者を中心に人気のアレです。

 

その外国人観光客が多い日本の観光地のホテル・旅館・カフェ・レストランに特化したものが「国内ワーキングホリデー」。

 

私

まぁリゾバの一種だと思ってください

 

外国人観光客の多い所へ行けるので、当然英語を使うこともあり英語力向上も出来ますし、それを求めてやってくる周りの仲間は海外経験者や海外志向の人が中心になります。

 

そんな環境の中、効率よく海外ワーホリへの資金を貯められるというステキな仕組み。

それが「国内ワーキングホリデー」なんです。

 

 

国内ワーキングホリデーの魅力。寮・食事・光熱費・交通費が無料!

「効率よく海外ワーホリへの資金を貯められる」と言ったのには、理由があります。

 

国内ワーキングホリデーの良いところは、寮・食事・光熱費・交通費が無料なところ。

遊びや買い物など個人的なもの以外の必要な生活費は、全てタダなんです。

 

女性
女性

なんか話が良すぎて怪しくない…?

 

観光地では人手不足です。

そこに外国人と接したい若者に来て働いてもらい、海外ワーホリの資金を貯めてもらうというのは正にWIN-WINの関係。

 

私

だから何か怪しいものではないので安心して下さいね

 

国内ワーキングホリデーで貯められる額

ではどのくらい資金を貯められるのか、例を見てみましょう。

【プライベート充実タイプ】
時給(1,000円)×2ヶ月(週6日×1日8時間)勤務=384,000円【稼ぎ重視タイプ】
時給(1,000円)×2ヶ月(週6日×1日8時間+残業70時間)勤務=524,000円

 

普通のバイトでは家賃、光熱費、食費など色々かかります。

でも国内ワーキングホリデーならそれらは全て無料なので、遊びや買い物などの雑費(月50,000円くらい)以外は全て貯金出来ます。

 

私

2ヶ月働けば貯金が30万円近く出来るなんて…!

 

国内ワーホリから海外ワーホリへ行くならGlobal Dive

国内ワーキングホリデーだけをやるのももちろんアリです。

しかし、いずれ海外ワーキングホリデーしたいなら両方取り扱っているエージェントを選ぶと良いでしょう。

 

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】は、リゾートバイト業界最大手。

設立15年目、130,000人以上のサポート実績があり、国内ワーホリ・海外ワーホリの両方をサポートしている唯一のエージェントです。

 

しかも相談料は無料。

ワーホリへの手配料も払う必要がないので、他の大手エージェントの3分の2の価格で海外留学が可能なんです。

 

私

無料な理由は、語学学校などからもらう紹介料のみで運営しているからだそう。だから利用者からはお金は一銭も取らないんだそうです

 

Global Diveのサポート実績

2018年度、国内ワーキングホリデーをした人は10,000人。

そのうち海外ワーキングホリデーに行ったのは300人。

 

私

国内ワーキングホリデーの方が手軽で人気が高いんですね

 

国内ワーキングホリデーの割合は、こんな感じ。

【男女比】男40%:女60%
【年齢】20代50%、30代30%、40代以降10%、18~20歳10%

 

 

【Global Dive】のウェブサイトに詳しい体験談もあります。

👉国内ワーキングホリデーから海外ワーキングホリデー(オーストラリア)に行った人の体験談

 

まとめ:海外ワーホリの前に手軽な国内ワーホリにチャレンジしよう

漠然と「お金も英語力もないけど海外ワーキングホリデー行ってみたいなぁ」って思ってる人、けっこういるんじゃないかなと思うんです。

 

私

私もそのうちの1人でしたから

 

そんな人はまず気軽に相談して、興味があれば国内ワーキングホリデーにチャレンジ!

そしてお金が溜まったところでさらに相談して海外ワーキングホリデーへ…という道があります。

 

私がいつも思うのは、何かしたいならまずは行動を起こすことです。

メールで無料相談するだけなら何も損はしません。

疑問点などぜひプロに聞いてみて下さい。

案外自分でも海外にすんなり行けるかもしれません。

 

あなたの漠然とした海外への憧れをぜひ現実のものにして下さいね!

 

コメント