管理人プロフィールはこちら

1歳ベビースイミング。ギャン泣きスタートから笑顔になるまで

海外で子育て

子供にさせたい習い事の上位である「スイミング」

最近はベビースイミングも人気です。

 

我が家でもそのブームに乗り、1歳4ヶ月の娘にベビースイミングをやらせることにしました。

 

最初はプールに入るだけで泣いていた我が子。

しかし3回目のレッスンが終わった頃には泣くこともなく、時には笑顔まで見せながら他の子と同じメニューをこなすことが出来ました。

 

本記事はこんな方のために書きました。

・ベビースイミングに我が子を入れようか迷っている方
・スイミング中に子供が泣いてしまって心が折れそうな方

 

そんなママの参考になればと思います。

内容はざっくり言うと、

・子供がベビースイミングに慣れていった過程
・私達が通っていたスクールのこと

です。

 

泣いていた1歳の子供がスイミングに慣れていった過程

娘は生まれてからもちろん、1度もプールは行ったことありませんでした。

お風呂ではシャワーの音に泣くくらいに水(音?)に対して臆病で、決してお水大好きという感じでもなかった我が子。

 

そんなとき偶然見つけた近所のスイミングスクール。

スイミングは、元々夫がやらせたかった習い事で、近くにそんな施設を見つけたので

夫

とりあえずやってみよう

と始めたのでした。

 

【レッスン前】プールの水に体をつける前から泣く

まずレッスン前に日にちがあったので、夫と共に初めてのプールへ。

今回は施設を実際使ってみることと、夫に娘の水着姿を見せるのが主な目的でした。

 

まずみんなで水着になりプールサイドへ。

子供を抱いて水につけようとすると既に泣き始めました。

私

早い…

 

なだめつつゆっくりプール(私の膝丈くらいの深さ)に入るものの、子供は私にしがみついて離れません。

周りをキョロキョロしてベソかきながら終始不安げ。

 

子供にとっては初めての大量の水であり、私達には浅くとも子供にとっては深いですから当然と言えば当然かもしれません。

ちょっと落ち着かせようと子供の遊び場がある浅いプールへ移動。

ここなら子供も立って歩けます。

 

しかしやはり私から離れず…。

夫のところまで歩いて行くよう言ってみても全然ダメ。

 

その後、なんとか手をつかみながら夫の所へ行くも、早々にプールから上がってしまいました…。

私

ダメだこりゃ

 

と言った感じで、これからのレッスンは大丈夫なのかと不安の残る初プールとなったのでした。

 

【レッスン1回目】私の腕にしがみついて離れず終了

そして迎えたレッスン初日。

私もどんな流れなのかよく分かってないので、20分ほど早めに行って1つ前のレッスンを見学。

 

赤ちゃんが両脇を抱えられてザブンと潜っているのを見てビビる。

私

…こんなの我が子に出来るのかしら…(不安)

 

そしてレッスンの時間。

私が先にプールに入って子供を入れる…も私の腕にがっつりしがみついて離れない…!

 

最初のメニューはプールサイドに座って親が前に立ち、子供自ら飛び込むというもの。

私から離れない子供は、当然プールサイドに1人で座ることすら出来ず…。

 

その後も、何をするにも私の腕を掴んで離れようとしないので、前向き抱っこにチェンジすることも出来ずにレッスン中の30分間、ただただ私が水の中で子供を抱っこしながら移動して終了したのでした。

 

前回来た時と比べると、とりあえずギャーッと泣くことはなく多少半ベソかいたくらいでした。

それだけでも進歩を感じました。

 

【レッスン2回目】前回出来なかった飛び込みが出来るように

前回の様子から、どのくらい出来るようになるのかドキドキワクワクの私。

コーチや同じレッスンをしてる親御さんたちは大体数回もやれば慣れるからというけど、さて我が子は?

 

私もレッスンの流れが分かっているので、落ち着いてレッスン開始。

まずは前回同様プールサイドからの飛び込み。

そっと子供をプールサイドに座らせてみると、おぉ!すんなり座ったではないですか。

前回から一体どんな心境の変化が?

 

そして最初は私の手を握りつつ飛び込み、段々と距離を離してまた飛び込む。

最後は頭まで水を被りつつ1人で立派に飛び込み出来るように。

私

赤ちゃんの進歩ってすごい!

 

その後は前回と微妙にメニューが変わりつつも(色々メニューがあってその時の親の希望や流れから内容を選ぶみたい。)1度も泣くことは無し。

ボールを拾ったり口の辺りまで潜ったりと、簡単なメニューは一緒にこなすことが出来ました。

 

1回目のレッスンからの大きな進歩を感じて驚きました。

第一に克服しないといけないと言われていた「私から離れること」が出来るようになり、水に潜っても結構ケロッとしてたのが印象的でした。

 

【レッスン3回目】

そしてレッスン3回目。

今回はみんなとすべて同じメニューをこなすことが目標!

ボールを拾ったりトンネルをくぐったりと簡単なメニューは難なくクリア。

 

そして、初回レッスンで見てビックリしたメニュー両脇抱えからの水潜り。

1,2,3と掛け声をかけ、軽く潜らせてみる。

私

おぉ、意外とイケる!

 

ということで、その後は遠慮なくざぶんざぶんと入れてみるもまったく平気な様子。

最初見たときは驚いたけど、案外すんなり出来るようになるものなんですね。

 

その後、1回目のレッスンではパスした浮き島から歩いて私のところまでくるメニュー。

コーチに渡したときは人見知りから泣き出したけど、浮き島に立たせてもらってからは私のところまで一直線。

 

このメニューはレッスンを何回も受けている子でもその時の気分で脱落したり、四つん這いのまま動けず泣き出したりする子もいる難所。

私から離れて泣いてしまったけど、しっかり自分で歩いて私の胸まで飛び込んできた我が子。

私

よく頑張ったね!

といっぱい褒めてあげました。

 

始めて良かったベビースイミング

レッスン3回目にして、もう他の子と同じメニューがこなせるようになりました。

みんなが言う

女性
女性

2,3回やれば慣れる

は本当でした。

 

何よりぐんぐんと進歩していく我が子の姿は感動もので忘れられない思い出になりそうです。

このまましばらくレッスンを続けてすべてのメニューを笑って楽しめるようになるのが今の目標ですね。

 

親の自己満足と言われればそれまでだけど、水に慣れるためのこのレッスンが少しでも子供の潜在意識の中に残って、水に対する苦手意識がない子になってくれればと願うばかりです。

 

ベビースイミングをやる価値

私の目的は、子供を水泳選手にすることではありません。

泳ぎを練習するにも年齢的にまだ早いですし、子供の体を鍛えたいとかそういうのもあまり考えてません。

 

なぜ私がベビースイミングをやるのかと言えば、子供と一緒に何かアクティビティしたいから。

それだけ考えれば、普通に一緒にプールに行けばそれでも良いと思う人もいるでしょう。

私

私も最初はそれでも良いかなと思いました

 

メニューは一度やれば大体どんなことをすれば良いのか覚えられますから、それを個人で再現しても良いと思います。

ではお金を毎回払ってまでやる価値は?と考えると、一番の価値は同年代の子たちが楽しんでやっているのを見せることが出来ることかなと。

「自分と同じような子たちがあんなに楽しそうにやってる→自分も」となるのを期待しています。

 

スイミングスクールの詳細

海外のスイミングスクールなので日本とは違うかもしれませんが、参考までにスクールの詳細をご紹介します。

 

費用

私達が通っているところは、30分のレッスン1回16ドル(約1,300円)です。

 

週一なので、月4回あるとして5000円ちょっとってとこですね。

入会費などはありません。

 

2週間に一度引き落としがあり、辞めたくなったら2週間前に申し出れば辞められます。

私

子供の様子を見て続けるかどうか決めることが出来るので良いシステムだなと思います

 

人数

1グループに最大何人参加できるのかわかりませんが、私が行った回では我が子を含めて5人の赤ちゃんとその親が5人、そして先生でした。

 

年齢別に分かれているので、他の場所ではちょっと年齢が上の子たちが別メニューをこなしていました。

30分毎にメンバーが入れ替わって、レッスンしています。

私達の2回後のレッスンでは、赤ちゃんには少し時間が遅いせいか先生と1親子のマンツーマンでした。

 

これは良い…と思ったのですが、他の赤ちゃんの様子を見せて子供にも頑張らせるのも大切なので、やはり少し人数はいたほうが良いですね。

 

レッスン内容

内容は、基本みんなで先生の指示に従いながら30分プールでたわむれます。

スクールによって全然違うと思いますので、参考程度にどうぞ。

 

プールへ入水

深さは大人が立って水面が胸に来る辺り。

プールの縁(水面と同じ高さ)に子供を座らせて、自分から親の待つ水面へジャンプ。

 

子供を前抱っこして脇を抱えて抱っこしながらプールを歩く

体が水にユラユラとされるので気持ちよさそうです。

 

アイテム登場

カラーボールを水面に浮かせ、先生が浮き具でトンネルを作ります。

親は子供にボールを取らせ、トンネルを潜り、子供にボールをかごに入れさせます。

私

先生とハイタッチも忘れずに

 

子供の脇を抱えてV字を書くように頭から水へざぶーんと入れて出す

水中では泳いでいるように横移動です。

数回親とやり、先生が1人ずつざぶーん。

少し長めに移動し親へパス。

私

意外とみんな喜んでいました

 

浮き島(浮き具の大きくて平たいやつ)の上を親目指して歩くかハイハイで渡る

親は先生に子供を渡して、浮き島の反対側へ移動します。

そして親に向かって歩かせる感じです。

バランス感覚が重要なメニューです。

 

中央に集まり終わりのお歌

みんなで顔を近づけたり話したりくるっと回ったりしながら1曲歌って終了。

これでぴったり30分です。

 

まとめ:赤ちゃんは最初プールで泣くけど慣れるのも早い

ということで、初めての習い事を親子で楽しんでいます。(子も楽しんでくれていることを願って…)

いつまでレッスンを続けられるかは分かりませんが、出来る限り続けたいなと思っています。

 

もしベビースイミングに興味があるけどやってみるか迷っている方は、ぜひ気軽に始めてみて下さい。

楽しいですよ!

 

最後に赤ちゃんの超絶かわいい水着がたくさん売っているサイトをご紹介します。

おしゃれなベビーキッズ用品のセレクトショップ【I love baby(アイラブベビー)】赤ちゃん水着特集

海外で子育て
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント