私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

おすすめの授乳クッション「My Brest Friend(マイブレストフレンド)」レビュー

海外で子育て

授乳ってすごく肩こりますよね。

それを助けてくれるアイテムと言えば、授乳クッション

 

女性
女性

でも授乳枕って言っても、たくさんあってどれを使えばいいか分からない…

 

そこで、数ある授乳クッションの中でも私が自信を持っておすすめ出来る「マイブレストフレンド」という商品をご紹介したいと思います。

 

私が実際に使ってみて思った良いところと悪いところを詳しくレビューしますので、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

海外で大人気の授乳クッション「My Brest Friend(マイブレストフレンド)」

全米売り上げナンバーワンとも言われている授乳クッション My Brest Friend。

 

私

直訳すると「私のおっぱいのお友達」ってことですね

 

世界の700以上の病院で愛用され、世界33カ国以上で販売されているアメリカで大人気の授乳クッションブランドなんです。

 

セレブも愛用しているとのことで、あのマドンナやドリュー・バリモアも使っていたのだとか。

もう20年もの歴史もあるそうで、たくさんのママに長く支持されています。

 

日本でも2015年から販売を開始。

普通の授乳枕とはこんなところが違うんです。

・ママと赤ちゃんのベストポジションを維持
・首、肩、腰の負担軽減
・帝王切開後のママの体もいたわるデザイン
・サイズ調整が簡単
・カバー交換が簡単で楽に洗濯出来る

 

私

とにかく、全て完全に計算されつくしたデザインと言った感じで、本当に使いやすいんです

 

実際に使ってみた口コミ・感想

以前の私は授乳クッションを使わずに、自分の枕を使って授乳していました。

私

買うとけっこう高いし、枕で良いか…

 

ケチって買い渋っていたんです。

でも通っていた助産院にたまたまあったこの「マイブレストフレンド」を使ってみて、

私

もう買う!絶対これ買う!!

 

と言うことで、すぐに夫を買いに走らせ、ゲット!

本当に買って良かったお気に入りアイテムになりました。

 

慣れない授乳を始めてからというもの、腰も肩もすぐ痛くなってしまって授乳クッションの必要性を感じ始めていた時に出会った運命のアイテム。

 

もしもこれからママになる友人が私の周りにいたら、リアルで「絶対これは買いだよ!」と言いたいくらいのおすすめアイテムです。

 

実際に使ってみて思った良かったところと悪かったところをご紹介します。

マイブレストフレンドの良いところ

クッションの硬さ

まず私が1番好きなのは、クッションが少し硬めなところ。

いくら使ってもヘタることはありません。

 

普通の授乳クッションや枕だと、柔らかすぎて子供が沈んでしまうんですよね。

私

この硬さが子供を支えるのにはちょうど良いです

 

授乳のベストポジションが簡単に出来る

マイブレストフレンドの高さは、約10cm。

腰に巻くと子供の顔がちょうど胸の所に来るので、タオルなどを足しての高さ調節は必要ありません

腰への着脱もバックルで出来て、簡単にサイズ調整も出来ます。

 

上に2つのなだらかなふくらみがあるのが見えますか?

授乳クッションMy Brest Friend(マイブレストフレンド)の画像

これが子供がキレイに収まるのを助け、外へ転がるのを防いでくれます。

 

腰のサポートで腰痛を防ぐ

私は元々腰痛持ちで、姿勢もあまり良くないんです。

授乳の体勢も子供を思うがあまり、自分に苦しいポーズになってしまったりして、すぐに腰と背中が痛くなりました。

 

そんな私を助けてくれたのが後ろの背もたれです。

普通の授乳クッションは三日月型が多いので、ぐるっと体を一周するマイブレストフレンドは特徴的ですよね。

後ろの部分は少し高くなっていて幅もあります。

これが腰のサポートになってすごく良いのです。

 

これを使い始めてから正しい姿勢で授乳できるようになり、腰痛が解消されました。

私

正しい姿勢で授乳するってすごく大事だなと思いました

 

カバーの柄がたくさんあって人とかぶらない

カバーの取り外しが簡単なのが、マイブレストフレンドの良いところ。

そのため、別売りでカバーがたくさん売られています。

 

私

可愛い柄もたくさんあるので、好みに合わせて選べるのが嬉しいですね

 

他では見ない!双子用授乳クッションもある

私の子供は双子ではなかったので双子ママさんの大変さは想像することしか出来ませんが、単純に考えても授乳は2倍ですよね。

 

マイブレストフレンドは双子用のものがあって、それを使うと2人同時に授乳出来るようです。

 

私

2人同時に抱っこするときの助けにもなりますね

 

双子用の授乳クッションは他では見ないので、授乳クッションが欲しい双子ママさんは要チェックです!

 

マイブレストフレンドの悪いところ

お気に入りアイテムなのでそんなに悪いところはないのですが、「あえて言うなら」という感じでご紹介しますね。

 

ポケットは全然使わない

ポケットが付いているのは便利ポイントの1つのはずなのですが、私は使ったことがありません…。

写真見本だとおもちゃとか入ってるんですが、重くなると思います。

 

私

いつも使うアゴに挟むガーゼとか小さいタオルを入れておくといいのかもしれないですね

 

ズボラな人にはカバーの洗濯すら面倒である

カバーが簡単に取り外せて洗えるのは利点の1つです。

でも何回か洗っていくうちに生地は少なからず弱ってくるし、何度もカバーを取り外すのすら面倒くさいわけです。

私

ズボラ過ぎてすみません…

 

なので、私はいつもクッションの上にスワドルを敷いて、その上に子供を置いて授乳しています。

そうするとスワドルだけ洗えばOKなので、ラクチンです。

スワドルって何?って方は「新ママへの育児おすすめアイテム!スワドルは絶対買ったほうが良い4つの理由」をどうぞ。

新ママへの育児おすすめアイテム!スワドルは絶対買ったほうが良い4つの理由

 

授乳クッションにしては値段が高い

あとはやっぱりお値段が他のクッションと比べてちょっとお高いですね…。

私も最初

私

クッションにこの値段か~…

と思いましたもん。

 

でも他の安いクッションを買ってあまり良くなくて、もう1つ違うのを買って…とかするぐらいだったら、これ1つ思い切って買ってしまえば他は絶対必要ないです。

 

その値段を払うだけの価値のある良品だと思います。

授乳体勢の悩みを全て解決してくれますからね。

 

子供が生まれてから1年くらいは毎日何度も使うものなので、それを考えると決して高くはないと思います。

私

母子共に授乳に慣れない時期から使うとすごく助けになりますよ

 

まとめ:快適な授乳枕で快適な育児をしよう

授乳クッション「マイブレストフレンド(My Brest Friend)のタグの画像

授乳クッションに悩んでいる方、購入しようか迷っている方には、かなりおすすめです。

毎日何度となくする授乳。

出来るだけ体に負担を少なくして、ストレスをなくしたいものですよね。

 

育児真っ最中のママさん、共に頑張りましょう~。

本当に役に立った育児用品と買って後悔した育児用品

コメント