私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

【体験談】海外で虫歯が見つかった。海外と日本の歯医者の違い

海外で暮らす

北米に住んでいた頃、歯の検診とクリーニングをしました。

私

結果、虫歯が1つ見つかってしまいました…

と言うことで、海外で歯科にかかって知った海外と日本の歯医者の違い4つと、気になる保険・費用についてまとめました。

スポンサーリンク

海外と日本の歯医者の違い

今回、私は初めて外国で虫歯治療を受けたわけですが、やはり微妙に日本とは違うなと思うことがありました。

違いは大きく分けて4つです。

違い①:治療は一気にする

日本ではちょこっと治療を進めて、「また3,4日後か来週に~」という感じで数回に分けて、治療を受けますよね。

でも私が今回受けた治療は、その日1回で終了。

今回の私のような「それほどひどくない虫歯1本を削って詰める」場合は1日でさっと終わるんですね。

これは色々な虫歯のケースによる違いがあるでしょう。

違い②:詰め物は基本白いやつ

海外(少なくとも欧米)では銀歯がある人を見ません。

日本では保険適応の虫歯治療だと銀歯を詰めますから、いまだにけっこうみんなしますよね。

そして銀歯が嫌な人は、保険適用外で白い詰め物をするんですよね。

でも海外で私が詰めてもらったのは、どうするか聞かれるまでもなく白い詰め物でした。

私

外人って歯が白くてキレイな印象があるけど、銀歯の治療をしないからかもね

歯並びも良い人が多いのですが、矯正も当たり前のようにしているのだと思います。

海外では、歯医者は基本虫歯にならないために行くものという考え方。
予防のために歯医者に行く。

私は歯医者は虫歯になったら行くもので、そうならないように自分で歯磨きをしっかりするという考え方でした。結果は虫歯になっちゃいましたけど…。

子供は1歳から歯医者に定期的に通ってメンテナンスしましょうと言われますよ。

違い③:うがいはしない

治療中、日本では口の中が血みどろになってしまったら、一度起きて椅子の横に備え付けてある小さい洗面所みたいなところで自分でうがいしますよね。

海外にはそれがないです。うがいするところがないのです。

ひたすら治療が終わるまで横になりっぱなしで、口は水が出るホースと水を吸い取るホースを使って助手の人がひたすらキレイにしてくれます。

私

いちいち起き上がってうがいして、またリクライニング倒して…としないのでスムーズだったけど、口をずっと開けてたので顎が疲れました

時間は短縮されるでしょうけど…一長一短ですね。

違い④:値段が高い

よく言われていることですが、海外の歯医者は日本より治療費が高いです。

常に健康保険を使って払っていた日本に比べて高く感じるのかなと思っていたんです。

でも今回私は拡張保険を使って2割負担で治療を受けたのですが、それでもなんか高いな…と思ってしまいました。

拡張保険とは、歯医者や整体など基本の健康保険のサポート外のものを何割か負担してくれる保険。

英語ではExtended Insurance、またはExtended Coverage。

務めている会社が入っている保険会社によってカバーされる範囲が様々で、海外でこのような保険に入っているかどうかで生活の不便さがだいぶ変わる。

ちなみに具体的なお値段をご参考までにご紹介します。

虫歯チェック・クリーニング:80ドル(保険適用後)

これはチェックに行った虫歯が見つかる前の最初の料金です。

2割負担で80ドルということは、全額で400ドルですよ。高!

レントゲン撮ったりしたからこんなに高いのでしょうか。

日本でしたチェックは、口をあーんって開けて目視でされるくらいのものだったと記憶してるのですが…。

奥歯の虫歯治療:46ドル(保険適用後)

そしてこれが虫歯1本の治療代。

全額で230ドルですね。

これ、インプラントとかそういうのになったら気が遠くなるほど高いんでしょうね…怖いです。

外国の歯医者で治療するより日本で済ませるに越したことはない

滞在期間が1年や2年と決まっている人や海外旅行に行く予定がある人は、日本で事前に歯の治療を済ませおく。

これは日本では歯の治療に健康保険が使えるけど、海外では普通の健康保険では歯の治療は適応外というのが大きいです。

私

結局、やむを得ない場合以外は日本で!ってことですね

日本にいる内であれば保険を使って治療が出来ますし、海外だと言語の問題もあります。

とりあえず歯に違和感がなくても出国前に虫歯チェックをして、海外でいきなり痛くなったりするリスクを回避しましょう。

出発がもう目の前に迫っていて時間がない…なんて人は、虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者 に行くのも手ですね。

まとめ:歯は定期的にチェックしよう

とりあえず無事治療は終わりまして、スッキリしました。

私は夫の会社から加入出来る拡張保険を使えたので良かったですが、そういうのがない場合海外での歯の治療にはかなりのお金がかかると思った方が良いですね。

次に歯医者のお世話になるのはいつになるのかわかりませんが、歯の健康のためにも最低でも一年に一回は歯医者でチェック出来たら良いなと思います。

トラブルにならないために。海外旅行で避けるべき日本人特有の服装6選
海外一人旅で迷子になったときの6つのステップ。危ない目にあわないようにするコツ
海外で暮らす
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まちえふ

海外在住歴8年。30代。移動生活2年目(現在はNZ在住)。
国際結婚して2歳の娘がいます。
詳しいプロフィールもぜひ見て行って下さいね。

まちえふをフォローする
スポンサーリンク
まちえふをフォローする
まちえふの好きなこと

コメント