私のもう1つのブログ「英会話Life」はこちら!

海外では手に入らない!日本で買っていくべきコスメ化粧品10選

海外で暮らす

私が日本に帰ったら、必ずすること。

それはドラッグストアでの爆買いです。

 

私

やはり使い慣れた日本のものが一番。質も段違いです

 

海外では売っていない化粧品や、日本のものが1番だなと思うものがたくさんあるんですよね。

肌質や環境の違いだったり、文化だったり理由は、いろいろです。

 

と言うことで、これから海外に行く人や海外に住む人に何か送ろうと思っている方のために、海外では手に入らない日本のコスメ化粧品を10個ご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【日焼け止め】日本のはサラサラして使い心地抜群

日本の日焼け止めほど優秀なものはないと思います。

 

使用感が海外のものと雲泥の差。

海外のものはベタベタして白浮きしてしまうものも多く、正直あまり使いたいと思えません。

 

日本のものは使い心地もサラサラで、ちゃんと日焼けを防止してくれるけど肌への負担も少ない!

さらには肌を綺麗に見せてくれるものまであるわけです。

素晴らしい!

 

日焼け止めだけはいつも日本のものを切らさないようにしています。

 

【保湿化粧水】海外ではふき取り化粧水が主流

英語ではローショントナーと言いますね。

 

ローションはほんとにしっとりとろりとしていてクリーム状のものも多く私にはどちらかと言うと化粧水の後の乳液のようなイメージ。

 

トナー収れん化粧水のことです。

こちらのほうが水のようにバシャバシャとしていて、質感としては私が化粧水として使いたいのはこちらのタイプ。

でも海外ではふき取り化粧水が主流なんですよね。

用途が少し違います。

 

洗顔後の工程が日本と少々違うためか、私達に馴染みのあるいわゆる保湿化粧水はあんまり売ってないんです…。

 

そうなると海外では資生堂とかが売っているお店を見つけないと買えないことが多いので、日本のドラッグストアで売っているようなプチプラ化粧水が欲しいなら、日本からあらかじめ持っていくのが良いです。

 

【化粧下地クリーム】日本製は痒いところに手が届く

やはり基礎ほど優秀な日本製が使いたくなります。

「こうなら良いのにな」という希望をすべて満たす、それが日本製。

 

特に私は混合肌で化粧した数時間後には油が出てきてテカリが気になってしまうので、皮脂くずれ防止のものが好きですね。

 

【クレンジングオイル】日本は選択肢が多い


海外でもクレンジングオイルは手に入りますが、日本ほどの選択肢はないかなぁと思います。

メイクはシートで拭いて落とすのが主流のようです。

 

そして洗い落とした後もベタベタしたり。

日本製は濡れた手に使えるものも多いですし、角栓まで落としてくれたり、もちろん洗い上がりはすっきりさっぱり。

出来ることなら日本製を使いたいですね。

 

【洗顔フォーム】肌が弱い人は使い慣れたものを


洗顔フォームも安いのに優秀なものが多い日本製。

 

スーツケースにスペースがあるならやはり使い慣れたものを持って行きたいですよね。

洗顔料が合わないとお肌の調子全てが狂いかねないですし、日本製は泡立ちも良いですし。

なんていうか、泡に弾力があって立つ感じ。

 

石鹸タイプなら場所も取らないし長持ちしますよ。


これ、前回の帰国で友人からもらったもので今使ってるのですが、ビックリするくらいステキな泡がすぐ出来ます。

濡れた手で3回くらい石鹸を揉んで、あとは手を少し擦って泡立てると見る見るうちに弾力のある泡が。

やはり良いものって違うんだなぁと思わされた品でした。

ほとんど石鹸を擦らずとも泡立つので全然減らず、もちも良いです。

 

【あぶら取り紙】気候と肌質の違いで需要薄?


あぶら取り紙もあまり海外で見ないものの一つです。

やはり気候と肌質の違いですかね。

乾燥用のクリームとかはたくさんあるのに…。

 

お土産などにも良いですし、何個か買っていくことが多いです。

 

【マスカラ】繊維入りのウォータープルーフ


海外でもマスカラは色々売っていますが、私が好きなのはこの繊維が入ってるタイプなんです。

こういうのは見ません。

私が見落としてるだけかもしれませんが…。

 

あと海外でもだいたいウォータープルーフってなってるんですが、日本のものより落ちやすいです。

ということで、私はこのデジャヴュのマスカラのストックは欠かしません。

 

【アイプチ・つけまつげ】アジア圏なら問題ないけど…

私はしないのですが、友達がこれだけは欠かせない!とかなりたくさん持ってきていたので。

 

これはやはりアジア人特有なんですかね、特にアイプチは。

韓国や中国などアジア圏に住んでいれば困ることはないでしょうけど、欧米人が多い国だと入手は難しくなるのでしょう。

 

 【歯ブラシ】海外のものはヘッドが大きい

コスメから脱線するのですが、歯ブラシは絶対持って行くべき一品なのでご紹介させて下さい。

ドラッグストアに行ってコスメを揃えるついでにぜひ。

 

海外のってどうしてあんなにヘッドが大きいのか。

外国人は口の中が日本人より大きいのか…。

日本のように磨き口が小さいものって売ってないんですよ。

そして海外のは地味に高いです。

 

そこまで場所を取らないし軽いのでぜひぜひ持って行って下さいね。

 

【生理用品】日本製の通気性には勝てない

脱線ついでにこちらも。

場所を取るので迷うところですが、持って行きたいものの1つです。

 

日本のは良いですよ。

海外のものは分厚くてゴアゴアするというか…。

やっぱり快適なものを使いたいですよね。

日本の赤ちゃんオムツも評判良いですしね。

日本ってすごいなぁ。

 

まとめ:あなたにとって1番欠かせないものはどれ?

手に入らないなら仕方がないけど、もし手に入るならやっぱり日本製が良い!!と最近しみじみ思います。

特に基礎化粧品は。

日本製ならもちろんどれも日本人の肌質に合ったものですし、使い心地も最高です。

 

逆に持って行かなくても何とかなるかなぁというものは、カラー系ですかね。

口紅とかアイシャドウ、マニキュアなんかは海外でも豊富ですよ。

 

海外旅行に行く方や海外生活をスタートさせる方の参考になればと思います。

 

海外での髪のお手入れに関してはこちらをどうぞ。

海外在住者は自宅で簡単白髪染め!海外でも出来る髪のお手入れまとめ

コメント